運営者 Bitlet 姉妹サービス
5032件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 豊見城市議会 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月12日−03号 字上田の大城家敷地については、現在、年に2、3回の草刈清掃や台風前後の見回り等を実施し、管理しているところです。活用計画等については、役所内部において活用案を募ったところ、提案がなかったこともあり、まだ具体的な計画はできていない状況にあります。今後とも寄附をされた皆さんの希望や、本市の抱える課題等を勘案し、全庁的に検討していく必要があると考えております。 もっと読む
2018-12-12 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月12日−04号 (11)毎年2回、各自治会で行われている清掃で出る草木類を現在、シルバー人材センターのヤードに搬入しているが、産業廃棄物業者に搬入したときの金額を伺いたい。  次に、大きい2番の産業まつりについて。 もっと読む
2018-12-11 豊見城市議会 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月11日−02号 市が取り組んだ内容といたしましては、路面清掃車やバキューム車により園路、駐車場、東屋、芝生広場における砂の除去作業を市の単独予算38万4,480円をかけ行っております。また、都市緑地におきましても、強風時に外灯のポールが折れ曲がるということがあり、市の単独予算43万2,000円をかけ修繕を行った実績もございます。 もっと読む
2018-12-07 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月07日−01号 10月20日、シルバー人材センター「ボランティアの日」公共施設清掃出発式に出席をしております。  10月20日、第15回西原町文化祭オープニングセレモニーが行われております。その後、展示発表、そして舞台発表等が行われております。  次、2ページでございます。10月26日、平成30年度西原町戦没者追悼式、並びに納骨堂慰霊祭が挙行されております。  10月29日、ふるさと企業大賞受賞報告がありました。 もっと読む
2018-10-17 八重瀬町議会 平成30年  9月 定例会(第8回)-10月17日−04号 そして職員数に関しましては、今現在、中央公民館の業務を行っている職員が2人、そして図書館の方で司書が1人、そして時間外の代替司書が4名程度、そして清掃人が1名、そして時間外管理人が2名ということで、6名プラス代替の4名で10名ということになっております。   もっと読む
2018-10-16 西原町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-10月16日−06号 ウ.小波津川河川の冠水後の清掃、後片付け等、町からの支援取り組みについて、伺います。以上について、御答弁をいただきたいと思います。  なお、再質問につきましては、一般質問席から行いたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 ○議長(大城好弘)   町長。 ◎町長(上間明)   それでは崎原盛秀議員の一般質問にお答えをしたいと思います。   もっと読む
2018-10-11 西原町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-10月11日−04号 南部広域行政組合は糸豊環境美化センターと東部清掃施設組合2カ所の焼却施設を一元化し、2027年度に新炉を供用開始する計画を進めている。18年度から用地選定を含めた建設計画に着手するとある。進捗状況等についてお聞きします。  大きな項目3点目、安全な通学路の整備についてであります。 もっと読む
2018-10-10 八重瀬町議会 平成30年  9月 定例会(第8回)-10月10日−03号 平成30年8月21日、町道清掃作業にて発生した事故について、次のとおり和解し、損害賠償の額を定めることについて、地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項第12号及び第13号の規定により、議会の議決を求める。  平成30年10月5日提出、八重瀬町長 新垣安弘。  記、1 和解及び損害賠償の相手方、住所、浦添市城間4丁目35番地1号。氏名、西日本電信電話株式会社 沖縄支店長 畔上修一。 もっと読む
2018-09-21 豊見城市議会 平成30年第3回豊見城市議会定例会会議録-09月21日−04号 道路上に散乱しているごみにつきましては、職員及び現場作業員による普段のパトロールの中で確認し、その都度、清掃を行っている状況でございます。さらに、台風通過後は路面に散乱しているごみが多いことから、業者へ依頼し、路面清掃等を行っている状況でございます。 もっと読む
2018-09-20 豊見城市議会 平成30年第3回豊見城市議会定例会会議録-09月20日−03号 生活面では、在籍校と同じように朝の会や給食、給食後の清掃活動、保護者との教育相談などに取り組んでおります。また、総合公園内に花壇をつくり草花を育てるなど、情操教育にも取り組んでおります。本年1学期前半はヒマワリ、ヒャクニチソウ、ゴーヤを植えております。さらに、島尻地区適応教室合同体育でバドミントン交流や漫湖水鳥・湿地センターなどの見学等、多くの体験学習を通して豊かな学びに努めております。 もっと読む
2018-09-13 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月13日−06号 これまで浦添市の事業系一般廃棄物収集運搬業は、許可処分を受けた5業者より収集運搬業を行ってきましたが、今回新たな西海岸開発地域においては、廃棄物の処理及び清掃に関する法律に照らした上で、一般廃棄物収集運搬業務の適切な運営が継続的かつ安定的に確保されるよう、既存業者への事業への影響を適切に考慮しながら、既存業者の市長への陳情や、平成28年12月に議会で採択された新規参入希望者からの陳情、また浦添市廃棄物減量等推進審議会 もっと読む
2018-09-12 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月12日−05号 ポイ捨てのない美しいまちづくりにはきれいな環境づくりが重要で、本市におきましては各自治会及び企業などの御協力によるボランティア清掃活動や年2回の市内全域の清掃活動、クリーン・グリーン・グレイシャス運動及びクリーンデーINうらそえを実施しております。 もっと読む
2018-09-11 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月11日−04号 なお、カーミージー周辺に里浜条例の周知及びごみのポイ捨て禁止の看板を設置し、不法投棄等の監視及び海岸清掃を定期的に実施しております。予算につきましては、里浜の現況を確認するモニタリング調査や里浜保全にかかる看板、パネル作成及び環境教育、環境学習講座を要望し、補助金等を活用しながら、事業化の実施に努めてまいります。最後に質問番号1(6)でございます。 もっと読む
2018-09-10 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月10日−03号 環境美化のため、本市の取り組みとして各自治会及び企業などの御協力によるボランティア清掃活動や市内全域清掃活動として、クリーン・グリーン・グレイシャス運動と、クリーンデーinうらそえを実施しており、市民の環境美化意識の向上につながっているものと考えております。 もっと読む
2018-07-31 西原町議会 平成30年  7月 臨時会(第4回)-07月31日−01号 ◎建設部長(玉那覇満彦)   今の敷地の道路冠水というのは、もう少し小波津集落側に行ったところで冠水があるというのは把握しておりますが、排水の清掃等で改善できる範囲内ではないかと思います。 もっと読む
2018-07-13 名護市議会 平成30年第191回名護市定例会-07月13日−12号   2,981,264│   61,309│  3,042,573││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │1 保健衛生費    │  2,248,338│    2,725│  2,251,063││           ├───────────┼──────┼──────┼──────┤│           │2 清掃もっと読む
2018-06-27 うるま市議会 平成30年6月第124回定例会-06月27日−09号 主な要因としましては、親メーターから子メーター間での漏水、タンク清掃の使用水、子メーターを設置していない共用水栓の使用、親メーター及び子メーターの機能低下などが考えられます。 もっと読む
2018-06-26 うるま市議会 平成30年6月第124回定例会-06月26日−08号 仕事の内容につきましては、食品加工、古紙や段ボール回収作業、野菜仕分け作業、葉摘み作業、箱詰め、袋詰め作業、清掃作業、園芸作業、カタログ封書作業、部品組み立て作業、革細工などとなっております。 ○議長(大屋政善) 喜屋武 力議員。 ◆10番(喜屋武力議員) ここで佐賀県伊万里市の就労継続支援B型事業所の例を紹介いたします。 もっと読む
2018-06-26 名護市議会 平成30年第191回名護市定例会-06月26日−08号 今後の予定としましては、店舗や住宅が建ち並ぶ場所であることから、早急に排水がスムーズに流れるよう、堆積した土砂の除去など、排水路の清掃を行っていきたいと考えております。 ○宮城弘子議長 金城秀郎総務部長。 ◎金城秀郎総務部長 私のほうからは質問事項の5、要旨(5)についてお答えします。 もっと読む
2018-06-25 名護市議会 平成30年第191回名護市定例会-06月25日−07号 また、住民参加による河川管理として、河川愛護会で清掃活動を行う住民団体等の募集を推進していますとの回答がございました。エ、オは関連しますので一括で答弁いたします。河川護岸と管理用通路の間の広く空いている箇所がある真喜屋橋から中之橋の区間において、河川境界を明確にするため植栽を行っております。植栽の内訳につきましては、サガリバナが25本、ハイビスカスの1,076本となっております。 もっと読む