19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

那覇市議会 2018-09-26 平成 30年(2018年) 9月26日建設常任委員会(建設分科会)-09月26日-01号

1つは、南風原町新川にある浸出処理施設から、開邦高校北側の鳥堀12号線にある那覇市下水道までをつなぐ配管の布設工事。  2つ目は、浸出水を下水道高さまで引き上げるために必要なポンプの設置工事。  3つ目は、浸出水をためる調整池に、雨水の混入を防止するために行う調整池屋根設置工事でございます。  

那覇市議会 2018-09-18 平成 30年(2018年) 9月18日建設常任委員会(建設分科会)−09月18日-01号

そのため、この浸出水を一時調整池に貯留し、浸出処理施設にて浄化処理を行った後、南風原町内を流れる河川放流をいたしますけれども、この浄化処理には薬剤等による多くの工程と多額の経費を必要としております。  そこで、この浸出水下水道接続事業は、この浸出水を河川ではなく下水道放流できるようにして、現在、河川放流するための水質浄化に要している経費の軽減を図ろうとするものでございます。

那覇市議会 2017-09-15 平成 29年(2017年) 9月15日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−09月15日-01号

下水道に接続するための方法といたしましては、事業概要のほうに説明しておりますけれども、浸出処理施設の中に、一時貯めておく池がございますけれども、浄化する前に貯める池ですけれども、の調整池から鳥堀12号線、クリーンセンターの前の道路、そして開邦高校の前の道路から首里汀良町の首里高校のグラウンドまで抜ける道が12月に開通いたします。その鳥堀12号線道路下水道管まで配管を布設いたします。

那覇市議会 2017-09-15 平成 29年(2017年) 9月15日総務常任委員会(総務分科会)−09月15日-01号

こちらのほうは、現在多額の経費を要して維持管理を行っております旧最終処分場浸出処理施設につきまして、浸出水を下水道放流し、その経費を削減するための事業でございますが、当初予算編成時には、見積書により、配管の設置工事費ですとか、ポンプの設置工事費、調整池屋根の設置工事費の予算を見積もっていましたが、こちらのところ、実施設計で詳細に設計を行ったところ、道路施工の状況や送水圧力による管材の変更、送水

那覇市議会 2016-12-14 平成 28年(2016年)12月14日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−12月14日-01号

現在、浸出処理施設那覇市のクリーンセンター、そしてちゅらティーダスポーツ広場から出る浸出水を処理施設で処理いたしまして河川のほうへ放流いたしております。量的には例えば小中学校プールですと月23杯分の浸出水を処理して、今現在、河川放流しているところでございます。これは薬品代等を含めまして年間8,500万円ほど今現在、維持管理経費としてかかっております。

那覇市議会 2016-12-13 平成 28年(2016年)12月13日予算決算常任委員会−12月13日-01号

現在、旧最終処分場の浸出水は、浸出処理施設で処理を行った後に河川放流していますが、下水道放流することにより、薬品処理費用等の大幅な経緯削減が期待できることから、本市下水道施設放流するための、浸出水汚水管の敷設工事設計業務を行うものでございます。  以上が、平成28年度那覇市一般会計補正予算(第5号)における環境部関係分の概要となります。  

那覇市議会 2016-10-13 平成 28年(2016年)10月13日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−10月13日-01号

◎クリーン推進課主幹(當間和彦)  スポーツ広場事業自体は一括交付金を使って27年度で終了しまして、今は主に維持管理につきましては、現在最終処分場としてまだ廃止になっていない処分場なものですから、現在の浸出処理施設の管理と同じように一括で委託しています。向こうの分の広場自体の単独での管理費用の想定は、大体220〜230万を今上乗せして、最終処分場の受託管理業者のほうに一括して委託しています。

那覇市議会 2004-03-01 平成 16年(2004年) 2月定例会-03月01日-02号

浸出処理施設は、最終処分場からの浸出水を処理して放流し、地域住民の健康安全及び環境保全になくてはならない施設であります。  この浸出処理施設は、最終処分場が終了した後も、国の「一般廃棄物の最終処分場及び産業廃棄物に係る技術上に基準を定める省令」による排水基準をクリアできるまで浸出水を処理していく必要があり、環境センターでは施設の機能を維持するために基幹改良を進めているところです。  

那覇市議会 2003-09-24 平成 15年(2003年) 9月定例会−09月24日-付録

その根拠を示し、大、中、小そ│ │ │       │        │   れぞれ業者への手数料は、どのようにして│ │ │       │        │   設定したか伺う            │ │ │       │        │(2) 環境センター浸出処理施設改修工事につ│ │ │       │        │  いて伺う                │ │ │       

那覇市議会 2003-09-24 平成 15年(2003年) 9月定例会-09月24日-08号

                         (厚生経済常任委員長報告)    議案第77号 平成15年度那覇市病院事業会計補正予算                          (厚生経済常任委員長報告)    議案第78号 平成15年度那覇市水道事業会計補正予算                          (厚生経済常任委員長報告)    議案第80号 工事請負契約について(那覇市環境センター浸出処理施設改修工事

那覇市議会 2003-09-16 平成 15年(2003年) 9月定例会-09月16日-07号

                                (市長提出)    議案第76号 平成15年度那覇市介護保険事業特別会計補正予算                                 (市長提出)    議案第77号 平成15年度那覇市病院事業会計補正予算     (市長提出)    議案第78号 平成15年度那覇市水道事業会計補正予算     (市長提出)    議案第80号 工事請負契約について(那覇市環境センター浸出処理施設改修工事

那覇市議会 2003-09-08 平成 15年(2003年) 9月定例会−09月08日-02号

2点目は、今定例会の議案として提案されている那覇市環境センター、浸出処理施設改修工事工事請負についてであります。契約に至るまでに、怪文書など疑惑情報行政及び議会内に流れてまいりました。  その情報によると、処理施設工事設計コンサルタントの選定発注の段階から、既に本体工事はある業者に決定されていたというようなショッキングな談合情報が流れております。  

那覇市議会 2003-09-03 平成 15年(2003年) 9月定例会-09月03日-01号

年度那覇市介護保険事業特別会計補正予算                                (市長提出)    議案第77号 平成15年度那覇市病院事業会計補正予算    (市長提出)    議案第78号 平成15年度那覇市水道事業会計補正予算    (市長提出)    議案第79号 平成14年度那覇市水道事業会計決算      (市長提出)    議案第80号 工事請負契約について(那覇市環境センター浸出処理施設改修工事

那覇市議会 2003-09-03 平成 15年(2003年) 9月定例会-09月03日-目次

年度那覇市介護保険事業特別会計補正予算…………………………………… 118  議案第77号 平成15年度那覇市病院事業会計補正予算……………………………………………… 119  議案第78号 平成15年度那覇市水道事業会計補正予算……………………………………………… 119  議案第79号 平成14年度那覇市水道事業会計決算…………………………………………………… 119  議案第80号 工事請負契約について(那覇市環境センター浸出処理施設改修工事

那覇市議会 2003-02-27 平成 15年(2003年) 2月定例会-02月27日-02号

老朽化した汚水処理場の改築のため、浸出処理施設基幹的施設整備事業として10億3,540万5,000円の予算を配分しております。  雇用対策につきましては、国の補助事業である緊急地域雇用創出特別事業を積極的に活用するとともに、独自の事業として専門学校などに進学することが困難な高校生を引き続き支援するため、雇用対策支援事業に500万円。  

那覇市議会 2003-02-21 平成 15年(2003年) 2月定例会-02月21日-01号

これは、児童扶養手当生活保護費、繁多川公営住宅建設費、浸出処理施設基幹的施設整備費の増などが、主なものであります。  第13款県支出金は、38億3,475万5,000円を計上し、対前年度比2億3,781万7,000円の減となっております。これは、IT共同利用型インキュベート施設事業の減などが、主なものであります。  

  • 1