53件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

沖縄市議会 2020-09-30 09月30日-08号

現在行われている埋め立て事業におきましては、埋め立て事業者である国及び県により、鳥類や海藻など、9項目について環境監視調査を行い、中城湾港泡瀬地区環境監視委員会において調査結果を評価するなど、環境に配慮した事業が行われているところでございます。 ○小浜守勝議長 町田裕介議員。 ◆町田裕介議員 御答弁ありがとうございます。 

宮古島市議会 2019-09-20 09月20日-06号

さらに、浅瀬に群生し生息する海藻やそれを捕食するウニ貝類、さらには甲殻類に至るまで、近海の生育環境をもたらす生態系について影響がどれだけあるのか伺います。  さらには、サンゴ礁への影響についてもどれほどの被害が生じるのか伺います。  以上のことを踏まえ、今後の取り組み対策についてもお聞かせください。  

南城市議会 2019-09-05 09月05日-02号

①佐敷、知念、久高、玉城の漂着物ごみ状況はペットボトルや発泡スチロール等ビニール製ごみや漁具、モズク網海藻漂着物が見受けられます。 ②漂着ごみ処理について。 特に、台風通過後は班編成し重点箇所を巡回しており、回収に努めております。また、地域からの要請があれば、生活環境課と調整しながら処理を行っております。 以上です。

石垣市議会 2018-12-18 12月18日-03号

台風被害にはさまざまありますが、浜崎マリーナでは台風後の海藻ごみが船だまりに大量に漂着し、船の運航に支障を来しています。そこで、当局にその際の対応についてご説明を願います。 続きまして、3項目め児童生徒学力向上への取り組みについて。 1、現在の取り組みについて、2、学力向上への各施策の検討方法について、当局答弁を求めます。 4項目め、石垣市伝統工芸館について取り上げます。

名護市議会 2017-06-07 06月14日-05号

漁業者以外は、サザエ・シャコ貝ヤコウ貝タカセ貝ヒロセ貝ウニタコ・イセエビ・ナマコ等魚介類、ヒトエグサ(アーサ)・モズク・オゴノリ(モーイ)等の海藻を採取してはいけません。また、漁業者以外は、潜水器具水中銃刺網かご網等を使用して魚介類を採取してはいけません。この規則に違反すると沖縄県漁業調整規則または漁業法の違反となり、罰金200万円又は3年以下の懲役が科せられます。

名護市議会 2017-06-07 06月13日-04号

(1)地域に無断で、「漁業者以外は、魚介類の(ウニ・タコ)、海藻の(アーサモズクモーイ)等の採取を禁止する」とする警告板設置されています。警告板設置によって地域で親しんできた浜下(はまう)り等の伝統行事が消えてしまい、地域の活力に影響を与えるのではないかと危惧しています。そこで伺います。ア 警告板設置は名護市が行ったのですか。

沖縄市議会 2016-12-16 12月16日-08号

豆とか、豆腐とか、海藻も残ってくるというのを聞いたことがありますので、嫌いなものは食べないではなくて、体に合わないものはしょうがないです。

那覇市議会 2016-09-28 平成 28年(2016年) 9月定例会-09月28日-07号

されたということで、新聞に載っておりましたけれども、私は、この琉球料理の中でも特に泡盛に合う料理はどういったものがあるのかなと、あるいはまたクース(古酒)に合う琉球料理のベストテンはどういったものがあるのだろうかと、常日ごろから考えておりますが、私個人的に推薦したいものを、皆さんにきょうはご披露していきたいなと思っておりますが、まず、やっぱりクースとか泡盛に合うのは、ヤンバルなどでよくつくられております海藻

宮古島市議会 2016-03-03 03月03日-02号

海藻をちょっと与那覇湾に移植する作業が必要だということで、再生するためにですね、その移植作業をまた委託します。それから、あと現場技術業務委託としまして新年度遊歩道自然観察施設をつくっていきますので、それの現場技術の監督の委託業務を合わせて2,400万円ほど計上してあります。工事費につきましては、92ページの、同じ与那覇湾環境総合整備事業工事請負費で計上されております。

名護市議会 2016-03-02 03月14日-07号

その魚やモーイ類などの海藻が主な漁獲となっております。屋我地漁港につきましては、登録漁船は33隻で、すべて3トン未満となっております。陸揚げ量は38トンで、うちタイ類、これは養殖になりますが、27.1トンと主要な魚種となっております。 ○屋比久稔議長) 山城実千代 こども家庭部長。 ◎山城実千代こども家庭部長) 私のほうからは、質問の事項5の質問の要旨(1)、(4)についてお答えいたします。

那覇市議会 2016-02-22 平成 28年(2016年) 2月定例会−02月22日-04号

また、年2回実施している残量調査において、児童生徒野菜類豆類、小魚類海藻などを苦手としている傾向もわかっており、その結果も活用し、なぜ給食にさまざまな食材を使用しているのか、食材が体の中でどのように働くのか、好き嫌いをするとどうなるのかなど、正しい知識に基づいた望ましい食習慣のあり方を身に付けることができるよう、指導を行っているところでございます。 ○金城徹 議長   多和田栄子議員

うるま市議会 2015-07-03 07月03日-05号

まず1点目に、悪臭の発生する海域の部分が三角状で吹きだまりになっており、そこに吹き寄せた海藻が堆積して腐食をしていること。2点目、海域に流れ込む陸上側からの家庭雑排水と藻が混ざって堆積し、ヘドロ化して悪臭が発生すると考えているとの答弁をなさっております。その対策として、1点目に悪臭の発生する海域を埋め立てることが一番有効な手だてだと判断されると答弁しています。

宮古島市議会 2015-03-19 03月19日-06号

そのため沿岸域には漁業を営む権利を担保する目的で漁業権が設定されており、漁業者はその中で特定の動物や海藻等の採捕を行う権利を有しております。漁業権は物件とみなされており、土地に関する規定が準用される強い権限が付与されています。漁業権は、水産資源を保護し、将来にわたって漁業を継続していくための権利であり、漁業者にとっては生計を維持していく根拠となっているものです。

宮古島市議会 2014-09-18 09月18日-04号

今までは魚類養殖もやっていましたけれども、新しい計画では魚は余り金にならんということで、海藻貝類に特化しようという形の計画を今つくっております。お話のように、貝類は別にそんなに金もかからないし、餌もやらないです。海草だってそうだということで、しかも確実に金がもうかるという形になりますので、そういう形の施設整備で今計画をつくっております。

豊見城市議会 2014-06-13 06月13日-04号

残量の多いメニューは、子どもたち好き嫌いによってその日の残量に変化が生じてきますが、郷土料理野菜海藻、豆類などを多く使用した和食が残量の多いメニューとなっております。これは子どもたちが嫌いなメニュー食材家庭においても食べ残してしまうとか、あるいは食卓に上がらない、食べなれないものが多いことが主な原因であると認識しております。