187件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

うるま市議会 2020-10-01 10月01日-10号

これまで低地帯に居住する市民安心・安全を確保するために、海抜表示板等海岸線に面した海抜10メートル以下の低地帯の集落に、避難路等整備されました。屋慶名地域は4か所の、津波自然災害備え避難路設置されております。屋慶名地域の方々も防災意識が高まってきております。また全国的に異常気象が続く中、自然災害が各地で起こっております。

与那原町議会 2020-03-26 03月26日-05号

そのほかにも海抜表示避難情報サイン整備津波避難ビルの協定、備蓄食料整備等や有事に備え、さまざまな対策を行っております。また、今年度防災マップ作成しておりますので、全戸配布をしながら町民の防災意識のさらなる向上を図っていきたいというふうに考えております。以上です。 ◆我謝孟範 議員 日々、対策を怠っていない。

与那原町議会 2019-06-11 06月11日-02号

与那原町の観光客に対する支援体制としましては、避難所への誘導看板設置海抜表示、津波避難ビル等看板表示多言語で行っております。そのほかにも帰宅困難者への備蓄食糧等もあわせて整備を行っているところであります。また観光客に対する災害時の支援体制につきましては、観光商工課と連携しながらソフト、ハード面も含め支援体制の構築を図っていきたいと考えております。以上です。

宜野座村議会 2019-03-08 03月08日-04号

9款、1項、2目 災害対策費、今年度予算額が568万7,000円、比較419万円でございますが、こちらは317ページの中段、委託料海抜表示板設置業務委託料といたしまして、現地調査表示板設置業務等一式を419万1,000円計上してございます。 ○議長石川幹也) 北城教育課長。 ◎教育課長北城暁) それでは10款 教育費を説明いたします。主なものを御説明いたします。 

豊見城市議会 2019-03-05 03月05日-01号

災害に対する備えにつきましては、新たな防災拠点となる庁舎において総合防災訓練各種防災訓練防災関係機関と連携強化しながら実施するとともに、災害時に指定避難所へ円滑に避難できるよう避難誘導看板設置海抜表示設置箇所の充実に取り組んでまいります。 また、国が創設した「沖縄観光防災力強化支援事業」を活用し、大規模災害時の観光避難民を安全に受け入れできるよう防災力強化に取り組んでまいります。 

糸満市議会 2018-09-19 09月19日-06号

本市といたしましては、全国で起こっている災害をいわゆる対岸の火事とは捉えず、大きな災害をきっかけにこれまでも地域防災計画見直し、あるいは防災減災マップ作成海抜表示版の設置など防災対策への対応を進めてまいりました。これからも国、県やマスコミ報道等情報などを踏まえ、本市に適した防災対策を推進してまいりたいと考えております。

宮古島市議会 2018-06-22 06月22日-05号

また、地元住民観光客も含めた防災意識向上を図るため、海抜表示設置や非常食等備蓄等を行っております。また、その他の取り組みとしまして、地域や学校、事業所等において自助、共助の観点から、家屋耐震化、家具の固定、日ごろからの備え地域とのつながり、避難方法等防災講演会避難訓練実施を行い、防災減災に取り組んでおります。そういった防災講演会を通してですね、冊子がございます。

うるま市議会 2018-03-12 03月12日-09号

うるま市津波対策緊急事業計画に基づいて、標高図及び海抜表示等設置計画を策定し、平成25年度に海抜表示避難場所案内図整備したところであります。当該整備計画につきましては一旦完了いたしましたが、市内避難場所等案内表示板調査や他市町村の状況、また当該案内板等取り扱い業者から案内板の種類や効果的な設置事例等を拝聴し、調査・検討を行っているところでございます。 ○議長大屋政善) 経済部長

石垣市議会 2017-06-21 06月21日-04号

また、海抜表示、避難誘導標識等には英語表示が入っており、防災室では全ての災害対応できるよう、多言語対応情報システム導入及び外国人向け避難誘導標識設置を検討しております。 次に、3点目の防災対策を通しての国際貢献可能性についてお答えいたします。 石垣市には、明和の大津波にて甚大な被害を受けた史実の伝承があります。

うるま市議会 2017-06-15 06月15日-04号

平成24年7月に一括交付金を活用して、うるま市津波対策緊急事業計画作成し、標高図及び海抜表示等設置計画に基づき平成25年度に海抜表示避難場所案内図整備したところであります。避難場所避難所案内表示板整備計画は完了したところではございますが、今後も道路の新設等状況の変化に応じて、効果的な案内表示板設置について調査・検討してまいりたいと考えております。 

豊見城市議会 2017-03-24 03月24日-05号

市内不法投棄を防止するための不法投棄防止対策事業や、現行計画の終了に伴い、平成29年度から5年計画を新たに策定する自動車騒音常時監視実施計画策定事業予算化されたほか、災害に対する備えとして防災マップを更新し、全世帯へ配布する防災マップ見直し事業海抜表示設置箇所拡充指定避難所で必要となる非常用備蓄を年次的に整備する予算が計上されており、災害に強い安全で安心感を持てるまちづくりにつながるものと

豊見城市議会 2017-03-02 03月02日-01号

また、防災マップを更新して全世帯へ配布するほか、海抜表示設置箇所拡充指定避難所で必要となる非常用備蓄品を年次計画的に整備し、市民等が円滑に避難できる体制を構築してまいります。 自主防災組織につきましては、平成28年度をもって8団体が設立しており、より多くの自主防災組織が設立できるよう防災資機材防災訓練及び防災士の育成を支援してまいります。 

うるま市議会 2016-09-30 09月30日-07号

また平成24年度には防災避難通路整備事業平成25年度からは海抜表示板設置工事防災倉庫等整備事業に取り組んできました。また平成26年度に実施した防災行政無線統合整備更新に向けた基礎調査業務に基づき、今年度から防災行政無線更新事業に取り組んでいるところでございます。 2点目の避難経路通路看板設置についてお答えします。まず市の避難の考え方についてお答えさせていただきたいと思います。

名護市議会 2016-09-12 09月20日-05号

ただあるのは、海抜表示マークのみでございまして、津波に関するマーク、あるいは表示がございません。そこで津波が発生した場合のシミュレーションをしたことがあるのかお伺いします。 ○屋比久稔議長) 石川達義 総務部長。 ◎石川達義総務部長) 津波発生時の港区、城区のシミュレーションでありますけれども、これについては県と市も一緒になって実施をしているということでございます。

宜野湾市議会 2016-06-22 06月22日-05号

この総合防災マップ指定避難場所一覧というのを拝見した際に、津波避難というのがありまして、海抜18メートルの大山小学校では津波避難バツ印がついているのですが、海抜12メートルの嘉数ハイツ公民館では同じような津波避難は丸になっておりまして、海抜表示では低いところが丸ということになっております。沿岸からの距離があるのかなというふうなことも思うのですが、その件に関しまして御答弁をお願いします。

南城市議会 2016-06-13 06月13日-03号

そこで本市において、防災については海抜表示をしたり、ハザードマップ作成食料備蓄避難所の確保、今議会の議題にも上がっております庁舎建設に伴い次期防災システム導入など、大分取り組みが進んでいると思いますが、防災の現在の取り組み状況減災観点から古い家屋耐震調査実施するべきだと思いますが、いかがでしょうか。 あとの1点については、自席にて行います。よろしくお願いいたします。