1501件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-12-20 令和 01年(2019年)11月定例会-12月20日-付録

学校│ │ │       │       │  の教員における体罰について、本市での現状│ │ │       │       │  と課題、取り組みを問う         │ │ │       │       │(5) 沖縄では、全ての県民が障がいの有無に│ │ │       │       │  よって分け隔てられることなく社会の対等な│ │ │       │       │  構成員

那覇市議会 2019-12-20 令和 01年(2019年)11月定例会-12月20日-09号

沖縄県内29市町村組織される沖縄介護保険広域連合の議長より、「『居宅介護支援事業所の管理者の資格要件に係る経過措置期間延長に関する意見書採択』に関する陳情」が、本市に提出されました。  介護保険制度の改正により平成30年4月から、居宅介護支援事業所の管理者要件が主任介護支援専門員へと変更になった。  

那覇市議会 2019-12-18 令和 01年(2019年)12月18日予算決算常任委員会−12月18日-01号

次に、総務部平和交流・男女参画課分について、委員から、那覇軍港跡地利用計画における国とのかかわりについて質疑があり、当局から、跡地利用計画をつくるための手順書の中では、有識者委員会の設置を予定しており、構成は国、内閣府沖縄総合事務局沖縄企画調整課跡地利用推進班となっている。  

那覇市議会 2019-12-13 令和 01年(2019年)12月13日厚生経済常任委員会・教育福祉常任委員会連合審査会−12月13日-01号

議員ご指摘のように、沖縄歯科医師会並びに日本歯科医師会はもとより、厚労省等もその安全性、有効性については、ガイドラインをつくって皆さんに配布しているところですけれども、世界保健機関(WHO)も、フッ化物洗口に関して、あるいはフッ化物洗口事業に関しては推進しておりますので、安全性等に関しても研究機関等で実証されております。  それをもとに、私達歯科医師会は活動を続けているところです。

那覇市議会 2019-12-13 令和 01年(2019年)12月13日厚生経済常任委員会-12月13日-01号

陳情者は、那覇市以外にも、沖縄宮古島市、うるま市など、いくつかの市へ要請しているようであります。  兵庫県鹿児島県同様、実施の際は、那覇市単独で実施するのではなく、費用の面等も考えると、沖縄主導で実施して、那覇市、近隣市町村、同時に実施したほうが望ましいと考えます。  以上で説明を終わります。よろしくお願いします。 ○委員長(前田千尋)  これより質疑に入ります。  新垣淑豊副委員長。

那覇市議会 2019-12-13 令和 01年(2019年)12月13日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)−12月13日-01号

◎ちゃーがんじゅう課長山口芳弘)  まず、令和3年が決められている経過措置期間なんですけれども、それで主任研修受講が難しい原因としましては、先ほどの、そもそもこれ沖縄が付与する資格になっていまして、県が研修を主催するんですけど、大体12日程度必要というところで、やっぱりまず日程的に厳しいということと、それと主任になると一般のケアマネジャーさんを指導する、管理していくスーパーバイズみたいな立場が求

那覇市議会 2019-12-12 令和 01年(2019年)12月12日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-12月12日-01号

沖縄は全国18番目の通過県となり、来年5月2日と3日の2日間の日程で県内14市町村をめぐる予定でございます。このうち、本市は県内自治体のトップバッターを務め、実施場所として首里城公園国際通り、そしてゆいレールの活用が公表されております。  このたびの債務負担につきましては、聖火リレーにおけるミニセレブレーション及び警備に係る費用を計上したものでございます。  

那覇市議会 2019-12-12 令和 01年(2019年)12月12日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-12月12日-01号

沖縄子どもの貧困対策推進交付金であります。  こちらにつきましては、先の議会でも報告をしおわび、また説明を申し上げた項目になります。昨年度の教育委員会学務課の事業報告漏れに関連しまして、新たに本年度この交付金で対象とする事業を追加したことに伴う増額となっております。  

那覇市議会 2019-12-12 令和 01年(2019年)12月12日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−12月12日-01号

下のほうに四角で、債務超過の額として27億1,700万円ございまして、沖縄那覇市、同様に13億5,855万円となっております。浦添市の那覇市からの株式購入として1億9,020万円。これは7%になります。  右の下のほう、3両編成化についての費用負担の内容でございます。  沖縄都市モノレール3両編成化事業、これは車両新造/改造、運営基地等関連施設整備等でございます。  

那覇市議会 2019-12-12 令和 01年(2019年)12月12日総務常任委員会(総務分科会)−12月12日-01号

◎警防課長(新城敏行)  沖縄消防相互応援協定、これによりますと、応援経費につきましては応援に要した経費の負担、これは次の区分によるということで、消防隊1隊につき2時間以内は5,000円、1時間を増すごとに2,500円を加算した額ということでありまして、これは1隊分の経費になりますけれども、時間外勤務手当の分は相互応援なので、これについての時間外勤務手当はないということになります。

那覇市議会 2019-12-10 令和 01年(2019年)11月定例会-12月10日-06号

沖縄刑法犯総数の過去10年の資料がありますので、資料提示をお願いいたします。        (モニター使用)  県においても認知件数、検挙件数、検挙人員とも減少していることがわかります。また次の資料をお願いします。        (モニター使用)  法務省の資料ですが、平成28年度の刑法犯にかかる再犯者率です。沖縄が全国平均より再犯者の割合が高く、2位となっております。  

那覇市議会 2019-12-06 令和 01年(2019年)11月定例会−12月06日-04号

本市といたしましては、今後、首里城の復旧・復興に取り組む沖縄等と連携し、全庁的な対応が可能となる組織体制のあり方の検討も含め、本市としてできることをしっかり果たしてまいりたいと考えております。  続いて2点目のご質問ですが、沖縄には、11月18日に、部局横断的に対応する知事直轄の首里城復興戦略チームが設置されております。  

那覇市議会 2019-11-28 令和 01年(2019年)11月定例会−11月28日-01号

首里城の復元に関しましては、国や沖縄からも全力で取り組むという考えが示されており、那覇市といたしましても、今後も引き続き一日も早い復元に向けて最大限の協力をしていきたいと考えております。  さて、今定例におきまして、ご審議をお願いいたしますのは、令和元年度一般会計補正予算案件や、那覇市職員の分限に関する条例等の一部を改正する条例制定についてなど諸議案でございます。  

那覇市議会 2019-10-24 令和 01年(2019年)10月24日厚生経済常任委員会−10月24日-01号

○副委員長(新垣淑豊)  ただ、言ってしまったら、我々の那覇市保健所というところで、那覇市の方々がメインとして使う場所でありますし、ただそこに沖縄の県都としての役割もあるということですので、例えば県からも、その周辺市町村、例えば浦添や豊見城、そういったところから来てももちろんお断りすることはできないと思うんですよ。  

那覇市議会 2019-10-18 令和 01年(2019年)10月18日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-10月18日-01号

                       令和元年(2019年)10月18日(金) ─────────────────────────────────────── ●開催日時  令和元年(2019年)10月18日 金曜日 開会 午前9時                    閉会 午後5時30分 ─────────────────────────────────────── ●場所  教育福祉委員会室、なかよし給食センター、沖縄中央児童相談所

那覇市議会 2019-10-04 令和 01年(2019年) 9月定例会−10月04日-付録

このような実情を憂慮した翁長前知事は、│ │ │       │       │「沖縄子どもの貧困対策計画」の策定や30億円│ │ │       │       │の「沖縄子どもの貧困対策推進基金」の設置、│ │ │       │       │県民一体となった県民運動として子どもの貧困対│ │ │       │       │策に取り組むため、県内各界の団体・関係機関等│ │ │