6171件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-10-18 令和 01年(2019年)10月18日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-10月18日-01号

                       令和元年(2019年)10月18日(金) ─────────────────────────────────────── ●開催日時  令和元年(2019年)10月18日 金曜日 開会 午前9時                    閉会 午後5時30分 ─────────────────────────────────────── ●場所  教育福祉委員会室、なかよし給食センター、沖縄中央児童相談所

那覇市議会 2019-10-04 令和 01年(2019年) 9月定例会−10月04日-付録

このような実情を憂慮した翁長前知事は、│ │ │       │       │「沖縄子どもの貧困対策計画」の策定や30億円│ │ │       │       │の「沖縄子どもの貧困対策推進基金」の設置、│ │ │       │       │県民一体となった県民運動として子どもの貧困対│ │ │       │       │策に取り組むため、県内各界の団体・関係機関等│ │ │       

那覇市議会 2019-10-04 令和 01年(2019年) 9月定例会−10月04日-11号

次に、那覇大綱挽まつり、飫肥城下まつり、那覇市戦没者追悼式、那覇市議会報告会及び沖縄議会議長会主催の市議会議員事務局職員研修会へ参加するための議員派遣案がそれぞれ提出されておりました。  次に、本定例会開会後に受理いたしました陳情に関する陳情文書表がありますので、いずれも、タブレット端末へ配信し、後刻、議題といたします。  これで、諸般の報告を終わります。

那覇市議会 2019-10-02 令和 01年(2019年)10月 2日予算決算常任委員会−10月02日-01号

また、本事業については、こどもみらい部こども政策課関係分の審査の中でも、当局から、沖縄子どもの貧困対策推進交付金について、通常、補助金や交付金については、それぞれの所管課において、国や県などに申請を行うが、本交付金については、教育委員会を初め、関連課が6課にまたがっている。  

那覇市議会 2019-10-02 令和 01年(2019年)10月 2日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)-10月02日-01号

都市計画課長(島袋正吾)  この那覇インターアクセス道路は広域的な道路網で、沖縄が所管をしている中で、道路網の計画が現在、まだ残っている状況です。そういう中で、那覇市都市計画マスタープラン、こういう道路網の交通体系の中では、構想の道路ということでここに記述はしております。要はまだ消滅していないところです。 ○委員長(前泊美紀)  清水委員。

那覇市議会 2019-10-01 令和 01年(2019年)10月 1日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−10月01日-01号

参考人(■■■)  今、仲松寛委員からお話のあった今後のアーケード整備に関しましては、実は今アーケード整備につきましては、第一アーケード会の協議会にいろいろデザイナーとか、沖縄建築協会の方々とかが入って、いろいろ勉強会をしながらやっている流れで、提案がありましたやはり1つの、ただアーケードをつくるんじゃなくて那覇のマチグヮーのシンボル的なアーケードも必要じゃないのかなという流れです。  

那覇市議会 2019-09-30 令和 01年(2019年) 9月30日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月30日-01号

B沖縄の主要漁港である泊漁港がありますという記載であります。  次は64ページ、これまでタウンミーティング、あるいは地域別のワークショップをしたときに、市民の方々から結構多く出てきた意見、市民の意見はこんなものがありましたということで、こういうスタイルで記載しています。これはどの地域にも同じようなスタイルで記述しております。  

那覇市議会 2019-09-27 令和 01年(2019年) 9月27日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-09月27日-01号

この制度は、沖縄から2分の1の補助金事業となっており、現行の沖縄重度心身障がい者医療費助成補助金交付要綱では、精神障害者保健福祉手帳所持者を制度の対象としておりません。県の補助金もこの事業の事業実施の大きな財源となっておりますので、精神障害者保健福祉手帳所持者への対象拡大については、県や県内他市町村の動向も注視してまいりたいと思っております。  以上でございます。

那覇市議会 2019-09-27 令和 01年(2019年) 9月27日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月27日-01号

位置づけとしましては、都市計画法第18条の2に基づく計画で、市町村都市計画基本的な方針を定めるものであり、沖縄が策定する那覇広域の都市計画の方針や、本市の第5次総合計画などを上位計画としております。  2ページをお開きください。  

那覇市議会 2019-09-26 令和 01年(2019年) 9月26日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-09月26日-01号

適正体重を維持している者の増加としまして、20歳から60歳の男性の肥満のデータなんですが、沖縄としては、男性のほうが39.9%、 ◆委員(平良識子)  現状値? ◎健康増進課主査(宮城京子)  28年度です。40歳から60歳の女性につきましては、県のデータになりますが29.8%。

那覇市議会 2019-09-26 令和 01年(2019年) 9月26日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月26日-01号

03節の職員手当等に14万844円の不用額がございますが、これは昨年度、環境フェア、沖縄環境フェアですけれども、奥武山で開催予定でしたけれども、これが台風のために中止になりました。そのことによる職員の時間外勤務の実績による不用額でございます。  次に、事業ナンバー02の那覇市住宅用省エネ設備導入促進助成事業でございます。  

那覇市議会 2019-09-25 令和 01年(2019年) 9月25日厚生経済常任委員会・教育福祉常任委員会連合審査会-09月25日-01号

学校現場に説明に行く中で、沖縄でも久米島学校フッ化物洗口をやっております。久米島小学校から転勤で那覇の小学校に来た校長先生、養護の教諭の先生がおりまして、その方の話を聞くと、向こうでは普通にやっていると。何の問題もなく何年も前からやっているので、地域全体がフッ化物洗口はやるということで何の抵抗もなくやっていますよと。

那覇市議会 2019-09-25 令和 01年(2019年) 9月25日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-09月25日-01号

これは、本市負担分として費用の約12分の1を一般会計から沖縄後期高齢者医療広域連合へ納める負担金でございます。  次に7行目、第3款民生費、第3目老人福祉費、28節の繰出金は、支出済額6億6,454万6,894円となっております。これは、後期高齢者医療特別会計への繰出金となっております。  

那覇市議会 2019-09-25 令和 01年(2019年) 9月25日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-09月25日-01号

この欄の1段目、沖縄放課後児童クラブ支援事業費補助金2,190万2,000円になります。  この事業につきましては、放課後児童クラブの拠点整備工事に係る県の補助となっておりますが、高良小、若狭小区での建築工事の遅延により次年度に繰り越した、今年度に繰り越したことによるものであります。  

那覇市議会 2019-09-25 令和 01年(2019年) 9月25日総務常任委員会(総務分科会)−09月25日-01号

人事課副参事(宮良努)  主なところとしましては、私どもが派遣している沖縄消防学校、それから内閣府沖縄総合事務局厚生労働省、こういったところに派遣しております。それとは別に、災害関係で現在熊本益城町東北の多賀城、こういったところには私どもが派遣した職員について相手方が給料を負担しますので、一旦私どもが給料を支給していて、その実績分が最後に歳入として精算で入ってくると。

那覇市議会 2019-09-24 令和 01年(2019年) 9月24日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-09月24日-01号

沖縄から研究指定を受けて実践研究をする事業ですが、当初は3校の実施を見込んでいましたが、2校の実施となり1校分が不用となったことによる減額となっています。  次に、No.9小中一貫教育推進事業について、ご説明いたします。  この事業は、小中一貫教育の取り組みを柱とした義務教育9年間の継続的・計画的な学習指導、生徒指導を行う事業であります。