52件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西原町議会 2019-03-18 03月18日-05号

まず(1)についてでありますが、当該地区道路冠水等水害原因については、最大原因沖縄本島近海にあった梅雨前線の影響による記録的な大雨が降り、沖縄気象台報告によりますと、当日の降水量沖縄本島地方3カ所の観測地、久米島、南城市、宮城島において6月の記録を更新する大雨が降ったことが大きな原因であります。当日は小那覇地域にだけではなく、町内各地水害等被害発生しております。

那覇市議会 2018-09-13 平成 30年(2018年) 9月定例会-09月13日-06号

そのうち、本市において甚大な被害が出ると想定されている地震は、沖縄本島内陸発生する沖縄本島南部スラブ内地震沖縄本島近海発生する沖縄本島南東沖地震連動がございます。  沖縄本島南部スラブ内地震においては、建物の全壊1万230棟、半壊1万5,295棟、人的被害4,594人、災害廃棄物量80万トンとなっており、直下型の地震のため建物倒壊による被害が大きくなっております。  

那覇市議会 2018-06-14 平成 30年(2018年) 6月定例会-06月14日-07号

沖縄県が平成26年に公表している沖縄地震被害調査報告書によりますと、本市においては、沖縄本島内陸発生する沖縄本島南部スラブ内地震において、建物倒壊による被害が大きくなっておりますが、最も甚大な被害が想定される災害は、沖縄本島近海発生する沖縄本島南東沖地震連動による津波被害となっております。  

恩納村議会 2016-12-15 12月15日-03号

また、比較的地震が少ないと思われている沖縄県でも、今年9月26日、沖縄本島近海震源とするマグニチュード5.6、震度5弱の地震発生し、私たち恩納村においても震度3が観測しております。 「まさか」のことが、「もしも」にかわる瞬間でもあり、それを想像すると、やはり地域の自主防災組織早期立ち上げの必要性を、強く痛感した一瞬でもありました。 

西原町議会 2016-09-27 09月27日-05号

昨日の午後2時20分ごろなんですが、議会中に沖縄本島近海地震が起こったというニュースがありましたが、けさの新聞を見ますと、震源の深さは約44キロで、地震規模マグニチュード5.6と推定されるということで、気象庁の担当者の話では、今後1週間で同程度地震が起こる可能性があるということで注意を呼びかけているということでした。

糸満市議会 2015-12-14 12月14日-04号

たち糸満市において、平成22年2月27日に震度5弱の地震観測した沖縄本島近海地震があり、その翌日には南米チリ沖発生した地震に伴う津波警報の発表もあり、市民への避難勧告も発令されております。また翌年、平成23年3月11日には未曽有被害をもたらした東日本大震災も起き、大きな災害となりました。近年、世界各地で余りにも多くの自然災害人的災害が起きているのが現状であります。

沖縄市議会 2014-10-21 10月21日-11号

島田茂議員 2010年、平成22年2月27日土曜日、午前5時31分に沖縄本島近海地震がございました。そのとき震度5弱とお聞きしておりましたが、高原十字路から胡屋向けの道、その道は車で渋滞になり、避難どころではなかったという話もお聞きしております。たまたま地震の日が土曜日であったために、学校は休みだったと思いますが、子供たちには大きな被害はなかったということです。

西原町議会 2014-10-10 10月10日-04号

次に、免震構造の効果につきましては、今年の3月3日、午前5時11分に沖縄本島北西沖発生した地震及び、同日午前11時27分に沖縄本島近海発生した地震において、本町震度3及び震度2の観測をしておりますが、地下ピットに設置した水平変位計では、4ミリメートル程度揺れ確認しており、建物への損傷を抑えることができました。 

北谷町議会 2014-03-25 03月25日-06号

地震に伴う津波につきましては、日本本土や海外で発生する遠地津波沖縄本島近海発生する津波があります。遠地津波につきましては、沖縄本島まで到達するのに時間的余裕がありますので、西海岸地域の方々は国道58号を横断し、ニライセンターや東部地域の高台へ避難することが十分可能であると考えます。 これが沖縄近海発生した場合、短時間で津波が襲ってくることになります。

那覇市議会 2012-02-28 平成 24年(2012年) 2月定例会−02月28日-03号

今朝未明、本日の午前4時30分ごろ、沖縄本島近海地震があり、中南部では震度3を観測されています。日本中地震が増え、これまで地震が少ないといわれていた沖縄でも油断はできない状況にあります。  子どもが使用し防災拠点学校は、安全が第一である。若狭小学校のように、主要構造部のはりや柱に大きな欠損がある建物では、強い地震倒壊危険性があります。

うるま市議会 2011-09-20 09月20日-02号

この繰越額は、平成22年2月27日に発生いたしました沖縄本島近海地震により被災いたしました勝連城跡三の曲輪、石積み崩落災害復旧工事に伴う設計業務委託費平成22年度に繰り越しをし、執行するための繰越額でございます。なお、繰越後は平成22年5月14日までに設計業務を完了し、平成22年6月18日から平成22年9月17日までの間に災害復旧工事を完了しております。 

那覇市議会 2011-09-13 平成 23年(2011年) 9月定例会−09月13日-04号

訓練は、沖縄本島近海震源とする震度6弱の地震と、津波発生し市内で建物倒壊、大規模火災等により多数の死傷者発生したことを想定して行っております。  続きまして、2点目についてお答えいたします。  本年度の実施時期につきましては、11月末を予定しております。参加団体は、警察、海上保安本部、自衛隊、医療機関地域住民など20団体程度を予定しております。  次に、3点目についてお答えいたします。  

嘉手納町議会 2011-09-13 09月13日-01号

そのあかしに昨年の2月27日、沖縄本島近海震源地とする地震発生糸満市で震度5弱、那覇市や名護市などでも震度4の揺れ観測されました。那覇市と浦添市で2人が軽傷を負ったほか、広範囲で水道管が破裂、世界遺産に登録されている勝連城跡の城壁が一部崩落するなど、多くの被害が出ました。しかしながら、大きな津波発生しなかったことは、まだ幸いでした。

宜野座村議会 2011-06-21 06月21日-01号

さて、沖縄本島近海琉球海溝がありますが、そこで地震発生した場合、予想としてマグニチュード8.5が発生したならば、東海岸で20メートル級の津波発生すると言われております。そこで仮に発生した場合の対応についてと、下記項目について、村長のお考えをお伺いします。 (1)津波警報が発令されたときの村の対応について。 (2)津波被害を最小限にとめるため、堤防の設置は可能であるのか。 

名護市議会 2011-06-09 06月16日-05号

その後に先ほど部長の説明もありました土砂災害防災対策計画策定中に、昨年2月に沖縄本島近海発生した震度5弱の地震、それからチリ発生したマグニチュード8.8の巨大地震によって津波を受け、ここで防災計画を見直そうとして策定中であったわけでありますけれども、これが今回の東日本大震災によって見直さなければいけないということであります。