408件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-12-20 令和 01年(2019年)11月定例会-12月20日-付録

しについて│ │ │       │       │(5) 首里城の再建にあたり、那覇市の取り組み│ │ │       │       │  について、以下伺う           │ │ │       │       │  ① 「琉球国王尚家関係資料」の刊行活用事 │ │ │       │       │   業について              │ │ │       │       │  ② 沖縄

那覇市議会 2019-12-11 令和 01年(2019年)11月定例会−12月11日-07号

そして、首里城には、万国津梁の大交易、薩摩藩琉球支配、明治政府琉球処分による琉球王国の終焉、日本陸軍の駐留、正殿の老朽化と首里市議会での取り壊し決議、伊東忠太東京帝国大学教授と鎌倉芳太郎沖縄研究者のご尽力による取り壊し中止、沖縄での壊滅的破壊、米軍による占領・異民族支配、跡地に米軍布令での琉球大学の設置、跡地での琉球政府創立式典で瀬長亀次郎立法院議員の米軍への宣誓拒否、日本への復帰、国立琉球大学

那覇市議会 2019-12-09 令和 01年(2019年)11月定例会-12月09日-05号

沖縄県国保財政が悪化した大きな要因は、沖縄で多数の犠牲が出た影響で、前期高齢者の割合が低く、そのため前期高齢者交付金が少ないという制度の欠陥にあります。沖縄県に何の落ち度はなく、国は制度の欠陥によって市町村が実施した赤字解消のための繰入金905億円を、沖縄県市町村に補てんするべきであります。  12月に行われる県国保連合会など、6団体での政府要請行動に向けた決意を伺います。

那覇市議会 2019-12-06 令和 01年(2019年)11月定例会−12月06日-04号

(2)の識名園の防火・防犯対策について、識名園は先ほど部長がご説明しましたとおり、琉球王家の保養や外国使者冊封使をもてなすために1799年建てられたものでありますけれども、1945年の沖縄ではほぼ全焼、1975年から1995年の20年間でほぼ当時の姿を再建したということで、20年かかった建物であります。  そこで質問です。  

那覇市議会 2019-12-04 令和 01年(2019年)11月定例会-12月04日-02号

沖縄で収奪され散逸した琉球王国の王冠を初めとする重要な文化財について、首里城火災で世界中が注目する機会を捉え、返還及び寄贈を呼びかける取り組みについて。  ③世界遺産首里城跡と一体不可分の首里地区の王都のまちづくり整備計画について伺います。  次に2番目、公共交通政策についてです。  (1)沖縄都市モノレールの3両化に向けた経緯と今後の取り組みについて伺います。  

那覇市議会 2019-10-04 令和 01年(2019年) 9月定例会−10月04日-付録

沖縄で悲惨極まる犠牲を受けた沖│ │ │       │       │  縄の 県都・那覇市議会核兵器廃絶、核兵│ │ │       │       │  器禁止条約への熱い想いを発信したことへの│ │ │       │       │  見解を問う               │ │ │       │       │                      │ │ │       │

那覇市議会 2019-10-02 令和 01年(2019年)10月 2日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)-10月02日-01号

19世紀に入っての記述、真ん中あたりの段落で、沖縄により、市街地が壊滅状態になり、そして、復興は壺屋から始まったという記述をしております。  そして、牧志街道、奇跡の1マイル、他方、久茂地川北西側一帯は戦災復興区画整理が行われてきたとの記述。近年では、市街地再開発事業が行われたというような記述をしております。  次の131ページ。

那覇市議会 2019-09-24 令和 01年(2019年) 9月24日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月24日-01号

そして、沖縄沖縄でそういう地籍不明用地が大分あって、その後の努力で地籍が明確化してきているという経過もあります。  それで、今後の皆さんの課の課題はどういうものがありますか。 ○委員長(前泊美紀)  渡慶次課長。 ◎地籍調査課長(渡慶次力)  地籍調査をやるに当たって主な課題がございます。それはやはり、隣地地主同士のトラブルがあって境界が確定できないと。  

那覇市議会 2019-09-06 令和 01年(2019年) 9月定例会−09月06日-02号

沖縄で悲惨きわまる犠牲を受けた沖縄の県都・那覇市議会核兵器廃絶、核兵器禁止条約への熱い想いを発信したことへの見解を伺います。  次に、4.日韓関係の深刻な悪化と観光などへの影響について、質問いたします。  (1)日本と韓国の焦点なっています徴用工問題と日本軍慰安婦問題は、被害者の名誉と尊厳が回復できるよう、日本と韓国の政府間で話し合って解決すべきです。  

那覇市議会 2019-06-21 令和 01年(2019年) 6月定例会−06月21日-08号

6月23日・日曜日は、先の大戦で20万人余りの尊い犠牲者を出した沖縄終結から74年目となる慰霊の日を迎えます。  明後日の慰霊の日に先立ちまして、平和の尊さを、後世に継承していくことをあらためて確認するとともに、全戦没者の御霊に謹んで哀悼の誠を捧げます。 ○翁長俊英 議長   諸般の報告を行います。  

那覇市議会 2019-06-17 令和 01年(2019年) 6月定例会-06月17日-04号

建物は、沖縄によって焼失しましたが、戦災を免れた下馬碑が1955年に県の有形文化財として、入口にあたる第一門と周囲の石垣の一部が1972年に旧崇元寺第一門及び石牆という名称で国の重要文化財に指定されております。  以上でございます。 ○金城眞徳 副議長   宮里昇議員。 ◆宮里昇 議員   崇元寺は歴代国王の位牌を安置した琉球王国の国廟であります。

那覇市議会 2019-03-15 平成 31年(2019年) 2月定例会-03月15日-付録

県民の怒り│ │ │       │       │はますます拡大する             │ │ │       │       │ 悲惨な沖縄戦後の米軍支配、米軍基地の負│ │ │       │       │担の重圧、日米地位協定の名の下で県民を欺き新│ │ │       │       │たな基地建設の強行に断固反対し、辺野古新基地│ │ │       │       │建設阻止

那覇市議会 2019-02-20 平成 31年(2019年) 2月定例会−02月20日-04号

◆西中間久枝 議員   赤マルソウ通りからの入り口や首里金城町石畳道から地域住宅を抜けると、悲惨な地上戦、沖縄をくぐり抜けた樹齢200年以上と言われる大アカギ群が見えてきます。  モニターに写真をお願いします。        (モニター使用)  地域の皆さんは、日ごろから清掃するなど、とても大切にしています。  次の写真お願いいたします。