7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

名護市議会 2020-12-03 12月07日-02号

◎早瀬川章子園芸畜産課長 組合員は7社となっておりまして、まず琉球協同飼料株式会社沖縄食肉センター株式会社ミーティッジ、また次に有限会社沖縄銘柄豚販売促進協会、そして次に有限会社沖縄工業、先ほど石嶺康政議員のおっしゃっておりました北部食肉処理組合トン豚フーズということで、合計7社となっております。 ○大城秀樹議長 ほかに質疑はありませんか。 

名護市議会 2019-12-05 12月10日-03号

名護食肉センター内に入っております入居企業及び従業員ですが、琉球協同飼料株式会社やんばるミートプラザが16名、株式会社ミーティッジが3名、有限会社沖縄工業が12名、有限会社北部食肉処理組合が25名、有限会社金城食肉加工が9名、有限会社豚トンフーズ49名、北部食肉協業組合14名で、7社、全体で128人の従業員が中で働いているということでございます。

宮古島市議会 2019-03-20 03月20日-06号

しかしながら、畜産農家から死亡牛処理助成等、多くの要望があることから、今後は沖縄県と事業化に向け調整を図りながら、沖縄本島にある沖縄工業へ搬入できないか調整してまいりたいと考えております。  続きまして、宮古島肉用牛センターの模様がえ工事についての進捗状況についてお答えいたします。宮古島肉用牛センター改修目的は、新規就農者担い手農家の研究、育成を図ることを目的としております。

名護市議会 2017-03-02 03月10日-06号

それから獣畜が死んだ場合は、県内では南城市の有限会社沖縄工業でしか対応できないのか。それと処理量がわかれば教えていただきたい。 ○屋比久稔議長) 金城進 企画部長。 ◎金城進企画部長) 獣畜死骸不法投棄に関する通報があった場合は、現地を確認して沖縄北部保健所及び事件性が見られる大量の死骸の場合は警察へ報告をいたします。

名護市議会 2014-12-04 12月12日-06号

去った6月定例会において、名護市の補正予算としても名護負担分については計上させていただきまして、畜ふんにつきましては農協により宜野座村堆肥センター、それと名護食肉センターの汚泥につきましては株式会社環境ソリューション、それからいなみねエッグファームにつきましては畜ふん以外に廃鶏ミンチがありますので、それにつきましては株式会社沖縄工業へ搬送し処理を行っているところでございます。

南城市議会 2013-06-17 06月17日-04号

原因が考えられるのは、食肉センター、それから食肉検査の通らない屠畜焼却処理施設沖縄工業そして養豚場が考えられます。合併して現在まで、稲福区のほうから苦情の通報が何回あったのか、年度ごとの回数をお願いいたします。これは通告してありませんでしたので、資料があればお願いをいたします。市としての指導と対応策をどう行ったのかお聞かせ願いたいと思います。 大きい3点目は、自席で行います。

名護市議会 2011-03-02 03月02日-01号

これには書いておりませんけれども、5社は株式会社琉球協同飼料、それから株式会社沖縄食肉センター株式会社沖縄畜産工業有限会社沖縄工業、有限会社銘柄豚販売促進協会となっております。3点目に、名護食肉センターの経営が順調に推移していること。それから4点目に、沖縄北部食肉協業組合は、引き続き同センターの運営について強い意欲を持っているということでございます。

  • 1