73件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2018-03-09 平成 30年(2018年) 3月 9日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-03月09日-01号

健康参事健康増進課長(砂川早百合)  現在、自己負担していただいているのは、日本脳炎インフルエンザが1,000円でございます。  それ以外に高齢者肺炎球菌という予防接種が4,000円ということで自己負担をしていただいておりますが、市民に関する負担の増額はございません。同様の額になっております。 ○委員長(平良識子)  大城幼子委員。 ○副委員長(大城幼子)  ありがとうございます。  

那覇市議会 2018-02-28 平成 30年(2018年) 2月28日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-02月28日-01号

ジフテリアと破傷風は12歳になるときということで、日本脳炎は1期は3歳、2期は9歳になるときということで、そういうふうにその月齢になったときに必ず通知をすると、接種率が低い場合はもう1回、未接種のはがきを少し、MRとか水痘も差し上げているんですけれども、なかなか接種率が上がらないような状況にあるということでございます。 ○委員長(平良識子)  宮平委員。

名護市議会 2017-03-10 平成29年第186回名護市定例会-03月10日−06号

◎野原健伸(市民福祉部長) まず予防接種の種類ということですけれども、今先ほど言いました麻疹風疹、それから4種混合、ヒブワクチン、肺炎球菌、あとBCG、それから日本脳炎、あとB型肝炎等とういことで、合計12種類となっております。それから平成27年度の決算ということでありますが、1億7,388万3,660円ということであります。

那覇市議会 2017-03-09 平成 29年(2017年) 3月 9日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-03月09日-01号

減額しました理由としまして、日本脳炎高齢者肺炎球菌、インフルエンザの実費徴収金がそれぞれございますが、事務改善のために実費徴収金を委託医療機関への直接払いとしました。それとDPTワクチンやポリオワクチンが4種混合へ移行したことに伴い、費用が減少したことと、あと診療報酬改定等に伴って、各ワクチン単価をそれぞれ一部引き上げてございますが、相殺した結果、委託料が減額となったことによります。  

那覇市議会 2016-10-14 平成 28年(2016年)10月14日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-10月14日-01号

次に、同ページの20款諸収入5項雑入4目雑入1細節予防接種実費徴収金は、高齢者インフルエンザ等における接種時の自己負担、高齢者インフルと日本脳炎は1,000円で、高齢者肺炎球菌は4,000円となっておりますが、として、予算現額6,610万円に対し、調定額5,437万4,000円、収入済額5,437万4,000円で、収納率100%となっております。  

豊見城市議会 2016-09-26 平成28年第5回豊見城市議会定例会会議録-09月26日−02号

また、市立幼稚園の土曜日預かり実施、子ども医療費助成の対象年齢拡大、日本脳炎予防接種の無料化、これまで保育所で行っていた気になる子などの巡回相談を市立幼稚園においても実施するほか、養育支援訪問事業や子育て支援センターぐっぴー移転改築事業などを実施しております。

豊見城市議会 2015-03-02 平成27年第2回豊見城市議会定例会会議録-03月02日−01号

また、高齢者肺炎球菌の予防接種は、法定接種の対象外である75歳以上について引き続き助成を実施するとともに、日本脳炎予防接種の無料化を実施してまいります。  母子保健事業につきましては、乳幼児健康診査事業、こんにちは赤ちゃん事業、妊婦一般健康診査事業等を引き続き実施し、母子の健康増進に努めてまいります。  

名護市議会 2014-12-09 平成26年第177回名護市定例会-12月09日−03号

また、豚丹毒症、豚サーコウイルス症、日本脳炎、鶏ニューカッスル病に対するワクチン補助としまして、名護市農畜産物生産奨励事業、これは家畜防疫事業でございますが、それと家畜伝染病全体に係る消毒薬等の購入に対する経費の補助としまして、名護市農畜産物生産奨励事業、これは消毒・衛生奨励事業でございますが、これを行っており、伝染病防止に対する支援を行っているところでございます。

恩納村議会 2013-06-19 平成25年  6月 定例会(第5回)-06月19日−03号

定期接種は健康を守るため国が受けるよう勧めているものでありまして、BCG、ポリオ、DPT、はしか、風疹日本脳炎等の種類と接種期間が定められていて、期間内は無料でありますが、任意接種は保護者の判断で接種を受け、費用は全額自己負担となり、保護者の負担が、大変、大きいことであります。特に幼児に罹りやすい病気の中で、最も多いのが感染症と言われている。

宜野湾市議会 2013-06-19 平成25年  6月 定例会(第377回)-06月19日−05号

平成23年度の実施接種率は、結核予防のBCGが98.7%、ジフテリア、百日せき、破傷風を予防するDPTが79.0%、DPTの追加接種であるDTが81.7%、日本脳炎は61.1%、麻疹風疹いわゆるはしか及び三日はしかを予防するMRのうち、1歳児対象のMR1期が95.0%、小学校就学前対象のMR2期が93.6%、中学1年生対象のMR3期が85.5%、高校3年生対象のMR4期が78.9%、急性灰白髄炎予防

那覇市議会 2013-03-26 平成 25年(2013年) 2月定例会−03月26日-付録

会) │       │   クチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワ│ │ │       │       │   クチンの予防接種に対する公費助成の実績│ │ │       │       │   と効果について伺う          │ │ │【質問方式】 │       │  A その他の予防接種(DPT、風疹、M │ │ │総括質問方式 │       │   R、麻しん、DT、BCG、日本脳炎

那覇市議会 2013-02-27 平成 25年(2013年) 2月定例会−02月27日-04号

2.その他の予防接種(DPT、風疹、MR、麻しん、DT、BCG、日本脳炎)の現状と今後の取り組みについて当局の見解を伺います。  2番目、子どもの視点に立った環境づくりについてお伺いをいたします。  @泊、城西の2小学校と真和志、鏡原の2中学校の屋内運動場、体育館の改築の計画と進捗状況についてお伺いをいたします。  A泊小学校旧校舎玄関の活用策について説明を求めます。  

うるま市議会 2012-12-18 平成24年12月第74回定例会-12月18日−09号

1点目の予防接種の種類と通知数については、公費で実施している予防接種の種類については、BCG(結核)、DPT(ジフテリア・百日ぜき・破傷風)、不活化ポリオ、四種混合ワクチン、DT(ジフテリア・破傷風)、MR(麻しん・風しん混合ワクチン)、日本脳炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、子宮頸がん予防ワクチンの10種類がございます。

那覇市議会 2012-12-07 平成 24年(2012年)12月定例会-12月07日-02号

今回、誤ってお送りしました予防接種の案内は、日本脳炎、MRワクチン(はしか・風疹の混合ワクチン)、BCG(結核ワクチン)、ポリオなどの4種混合ワクチンの4種類の予防接種であります。  この4種類の発送作業を同時に行ったことにより、対象者の住所と名前を表記した宛先ラベル予防接種の封書及びハガキを十分に確認することなく、11月28日に1,086人に対し誤って送付いたしました。

うるま市議会 2012-10-04 平成24年9月第72回定例会-10月04日−11号

市民部関連の歳入について、委員から「衛生国庫補助金で、予防接種費(集団・個別予防接種、特定防衛・定額)とがん検診推進事業費の実績、現状及び課題等について」との質疑に対し、当局から「予防接種費については定期の予防接種で、平成23年度は日本脳炎予防接種が大幅に伸びたため実績額が多くなっている。

うるま市議会 2012-09-18 平成24年9月第72回定例会-09月18日−02号

次に、歳出の4款1項2目感染予防費の増額につきましては、主な理由は前年度にあった新型インフルエンザ対策事業6,586万9,413円が新型インフルエンザの終息により減額になりましたが、しかし、平成23年度は子宮頸がん・ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチン接種事業の開始により、事業費2億2,835万5,518円が増額、また日本脳炎予防接種の積極的勧奨等により定期予防接種委託料が1,576万6,071円増額したことによるものでございます

名護市議会 2012-09-12 平成24年第168回名護市定例会-09月12日−04号

これまでの集団予防接種の状況を説明しますと、平成23年度には4つの予防接種結核、ポリオ、麻疹風疹の混合ワクチン接種、そして日本脳炎で、合計17回を実施しています。平成24年度は、日本脳炎が個別接種に変更になったことで、3つの予防接種で合計10回を予定しております。平成25年度からは、結核予防接種のみの6回になる予定でございます。

西原町議会 2012-03-22 平成24年  3月 定例会(第1回)-03月22日−07号

それから各種検診、がん、住民検診等への支援、それから予防接種、これは日本脳炎2件、それから子宮頸がんワクチン1件、それから妊婦健診母子保健事業、それから保育所保育料の減免は1件ありました。それから児童館サービス、そして国民年金保険料の減免、これは4名の方。そして各種介護サービス等、そして要保護、準要保護児童生徒就学援助、小中あわせて6件、それから幼稚園の入園料減免が1件です。

西原町議会 2011-12-16 平成23年 12月 定例会(第8回)-12月16日−05号

次に26ページ、4款衛生費の1項2目予防費で1,628万3,000円追加しておりますが、これは説明2の予防接種事業で日本脳炎予防接種者の増による追加、説明11 子宮がんワクチン接種事業で予防接種者の増による委託料の追加が主なものであります。  27ページ、同じく4款1項4目環境衛生費で237万8,000円減額しております。