7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

うるま市議会 2020-09-23 09月23日-04号

そこで令和2年度の個別施設計画策定のため、市所有施設について各種データを効率的に整理することを目的とした公共施設管理システムを昨年度導入し、各課が管理する施設に関する必要なデータ入力ができる体制となっております。 ○議長幸地政和) 仲本辰雄議員。 ◆1番(仲本辰雄議員) 答弁にありましたように、公共施設管理システムを導入していますので、策定する体制は整えられたと理解しました。 

名護市議会 2020-09-03 09月11日-06号

そこで公共施設管理システムを開発している企業の紹介新聞報道であり、それを知りました。その情報を、もしご存じであれば教えていただきたいと思います。 ○大城秀樹議長 倉富和幸情報政策課長。 ◎倉富和幸情報政策課長 議員お尋ね事例は、恐らく先日の新聞報道等でありましたOTSの関連会社が行っている公共施設予約クラウドのサービスの紹介事例だと思います。

うるま市議会 2019-06-27 06月27日-05号

次に、企画・総務部関連について、委員より「公共施設マネジメント計画推進事業」について質疑があり、当局より「今回の公共施設管理システムを導入することで、固定資産データコストデータ、保全・修繕データ、その他のデータを取り込み、施設管理システムとして構築し、施設カルテ等の作成、ライフサイクルコストの算出ができ、これらのデータをもとに個別計画を策定し、各施設個別管理、除去、集約に役立つものとなる」との

うるま市議会 2019-06-17 06月17日-01号

第2表債務負担行為補正は、公共施設管理システム使用料ほか5件の債務負担行為を追加するものでございます。 次に7ページをお願いいたします。第3表地方債補正は、道路整備事業債限度額を変更するものでございます。 9ページ以降に、予算に関する説明書として、事項別明細書等を添付してございますので、御参照の上、御審議のほどよろしくお願いいたします。以上でございます。 ○議長幸地政和) 暫時休憩します。  

那覇市議会 2018-03-01 平成 30年(2018年) 3月 1日建設常任委員会(建設分科会)−03月01日-01号

まず、下水道施設管理システムをもちまして、現在保有する管路施設情報を収集、整理をして現状を把握いたしました。その管路施設現状を踏まえて管渠の大きさ、そして埋設の深さ、そして管渠がどのような場所に設置されているのかというのを、それによって被害規模を検討しました。  それと管渠経過年数による不具合の起こりやすさも含めて検討して、リスクを評価しております。  

  • 1