6022件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

名護市議会 2051-06-13 06月13日-01号

(5)県内外宣伝PR活動  (ア)テレビ・ラジオ・新聞マスコミ関係者への取材協力     県内外からのマスメディアを活用して、名護市の観光情報イベント情報を発信し観光客の誘致を図る。  (イ)名護親善大使     名護さくらの女王を県内外へ派遣し、名護市の観光資源の魅力を広く紹介し、さらに、名護市のイメージ向上を図り一層の観光誘客を図ることを目指します。  

石垣市議会 2029-06-17 06月17日-01号

また、住民投票に賛成だ、またそうでないという市民の声を聴取するに当たり、また多くの傍聴の方にも来ていただいて、また広くこのことが新聞等にも取り上げられたことによって、市民間での議論、また議員間での認識というのは深まったのではないかと思っております。 以上です。             〔何事かいう者あり〕 ○議長平良秀之君) 続けて、宮良 操君。

石垣市議会 2027-12-13 12月13日-06号

また先日、新聞紙上でも取り上げられていましたが、当局の対応についてお聞きいたします。 次に、浜崎マリーナ利用者市民から浜崎マリーナ内の舟艇から備品等がよく盗まれるなどの指摘があることから、浜崎マリーナ防犯対策についてお聞きいたします。 次に、クルーズ船等から排出されるごみ廃棄物受け入れ等についてお聞きいたします。

宜野湾市議会 2025-12-16 12月16日-04号

それは、やはりネットとか新聞等などで報道はされているのですが、なかなかこの地域に周知されていない、まだまだわかっておられない。琉大が来るということはわかるのですが、琉大に来て宜野湾市に住んでいて、もっともっとやっぱり安心して住める、今こういったまちづくりを計画していると思われますので、ぜひ講演を進めていってほしいと思います。和田副市長、お疲れ様でした。 

嘉手納町議会 2025-06-11 06月11日-01号

いただいたのですが、そのことで今日の新聞、琉球新報なのですが、特定保育所利用を希望しているなどとして、待機児童に計上されない潜在的待機児童は、4月1日時点の速報値で22市町村の1,568人に上ったという調査結果が出ているわけであります。その件について、例えば自分が希望するA保育園に入れない。そしてB保育園には入れるというときにB保育園は断ったときは待機児童数には入らないわけですよね。

東村議会 2024-09-12 09月12日-01号

5、廃棄物の有無などについて、返還後に国が調査して、土地所有者等土地利用する上で、支障となるものについて土地所有者へ引き渡す前に除去するものですというふうに支障除去措置というのがありますが、実際、最近の新聞報道でもこの返還跡地にさまざまな米軍投棄物が発見をされています。新聞報道にもありますし、テレビにも時々出ていますけれども。 

名護市議会 2024-06-13 06月26日-09号

2018年7月5日の新聞報道ですが、2日に高さ制限に関する意見書を議決しているのです。にもかかわらず、この前の答えを聞いてみると、その説明は聞いていないと。ならば聞かないといけないでしょう。そういうことがあったので聞いてきましたではないのか。1年たっても何も行動を起こしていない。これで市民生命財産を預かっていると言えますか。

名護市議会 2023-12-05 12月11日-04号

それでは、まずツルヒヨドリのほうから行きたいと思いますけれども、皆さんのお手元に配付されています、これは新聞のコピーですけれども、これは11月30日の琉球新報の朝刊に掲載された記事であります。これを紹介したいのですが、「外来種猛烈拡大のおそれ 名護ツルヒヨドリ開花」というタイトルで、「特定外来生物である、つる性の植物「ツルヒヨドリ」が名護中央公園谷合いで密集して開花した。

石垣市議会 2023-09-09 09月09日-02号

そのときに、新聞報道を見ると、宮古は、単年度3,000万円以上の赤字を担ってでも市民の第一次医療を担うためには義務的行政行為である。だから、宮古は、そのときは平良市は、基本的には第一次医療夜間診療所をやっているわけです。そのことによって県立病院医療負担、軽減を図って、第二次医療に専念できるような支援をしているわけです、市町村が。

名護市議会 2023-06-13 06月17日-02号

岸本洋平議員 その更新ですけれども、以前に、新聞にも掲載されていたのですが、消費期限ぎりぎりまで保有しているために、全部廃棄してしまったという市町村が結構多くて、また逆に、いろいろなところで食糧を使ってもらうために、消費期限の手前で更新をするという市町村もあって、私としては後者のほうで、消費期限のその前に更新して、いろいろなところで使ってもらったほうがいいと思っているのですが、今回はどのような更新

うるま市議会 2022-12-11 12月11日-04号

そしてこれは新聞にも取り上げられて観光の名所になったということです。さまざまなファンドを立ち上げたことで、さまざまなことができているということを紹介をしております。 本市はですね、市民協働まちづくり政策の大きな柱として掲げていますが、山形市コミュニティファンドはまさに市民協働まちづくり形成をなすものだと考えます。まちづくりの根幹をなすものは、活発な市民活動の存在だと私は考えます。

石垣市議会 2022-12-11 12月11日-04号

2009年7月18日の新聞紙上において、ワーキングチームメンバーの中から投稿があり、その中で住民投票につきましては、住民投票制度は賛否両論ありますが、間接民主主義を基本としながら、直接民主主義でこれを補完するものとして位置づけているものであり、本来的には住民投票に至ることなく、重要課題を解決することが望ましいが、住民意思の確認のため、最終手段としての位置づけとして素案に盛り込まれました。

石垣市議会 2022-06-25 06月25日-03号

先般、防衛省自衛隊員に対する教育資料に関する新聞報道を受け、防衛省に確認したところ、火薬庫での保管を念頭に置いたものではなく、あくまでも遮蔽物のない場面において、誘導弾が直接火炎に包まれる場合に注意すべき事項教育資料において示したもので、石垣島及び宮古島に計画している火薬庫についても、火薬類による災害を防止し、公共の安全を確保することを目的としている火薬類取締法等関係法令に基づき、適切に対応していくとの

宜野湾市議会 2022-06-17 06月17日-04号

また、夜間騒音について新聞報道によると、市長訪米要請後に普天間基地司令官と面談し、市長要請に対し普天間基地司令官が、市民にとって厳しい面は理解しているが、夜間訓練は大切、せざるを得ないという回答だったとありました。司令官がこのような回答をしたことは事実でしょうか。そして、この回答に対する市長の見解を伺います。 ○上地安之議長 基地政策部長

うるま市議会 2021-12-18 12月18日-09号

続きまして4番目、「新聞を読む、毎日読書をする」の推進について伺います。この件におきましては、9月議会の中でも、沖縄県の子供たちは、この2項目について達成率がとても低く、学力が高い県ほど新聞読書が習慣化していると御案内しました。実際、石川県では毎月23日を石川学校読書の日と決め、各学校においてさまざまな取り組みが行われております。