640件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-12-20 令和 01年(2019年)11月定例会-12月20日-付録

首里城復元│(1) 首里城復元に向けて本市の位置づけを問う│ │ │       │ について  │(2) 本市と姉妹都市である宮崎県日南市の飫肥│ │ │       │       │  杉を再建に活用できないか見解を問う   │ │ │       │       │                      │ │ │       │3 外国人医療│(1) 本市の病院別、国別の外国人観光救急

那覇市議会 2019-12-18 令和 01年(2019年)12月18日予算決算常任委員会−12月18日-01号

さらに、別の委員から消防局における設備更新のガイドラインは、消防車救急車の老朽化と同様、当局が考える問題であるとの意見がありました。  業者が大丈夫だと言っていたから大丈夫だという人任せではいけないし、機器の故障が想定外という言い方もよくない。必ず稼働するという前提で管理をすべきとの意見がありました。  以上、総務分科会の審査報告といたします。

那覇市議会 2019-12-12 令和 01年(2019年)12月12日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-12月12日-01号

◆委員(喜舎場盛三)  今のところで、救急医療の確保に要する経費の補正増、1,900万ありますけども、これは主にあれですか。政策説明資料にあるように、小児科専門医とか、こういったのを24時間365日配置するためが主になっているんですか。 ○委員長(前田千尋)  国吉真永副部長

那覇市議会 2019-12-12 令和 01年(2019年)12月12日総務常任委員会(総務分科会)−12月12日-01号

○委員長(上里直司)  次に、救急課関係分について、知念鉄雄救急課長、説明をお願いいたします。 ◎救急課長(知念鉄雄)  ハイサイ、救急課長の知念です。  それでは、令和元年度11月補正予算による救急課所管分をご説明いたします。救急課の歳入補正はございませんので、歳出補正についてご説明いたします。  補正予算書は20ページ、政策説明資料は39ページから40ページでございます。

那覇市議会 2019-12-12 令和 01年(2019年)11月定例会−12月12日-08号

2点目のAEDメンテナンスにつきましては、機器本体が毎日自動的にセルフテストを実施しており、その結果や電極パッド使用期限バッテリーの残量等を消防救急課のパソコン上で確認し、集中的に管理しております。  点検結果に異常がある場合は、電子メール通知があり、該当コンビニに赴き確認しております。  なお同管理点検を実施することでAEDの耐用年数は、8年となっております。  

那覇市議会 2019-12-11 令和 01年(2019年)11月定例会−12月11日-07号

女性消防吏員は、119番通報を受理する指令情報課の指令員2人、主に消火活動等を行う警防隊員に2人、救急隊員に2人を配置しており、全員が24時間勤務の交替制勤務となっております。  なお、ほか1人は育児休暇中であります。 ○桑江豊 副議長   古堅茂治議員。 ◆古堅茂治 議員   この消防分野の女性職員の拡充に向けた取り組みを伺います。 ○桑江豊 副議長   島袋弘樹消防局長総務部参事監。

那覇市議会 2019-12-10 令和 01年(2019年)11月定例会-12月10日-06号

(1)本市の病院別、国別の外国人観光救急搬送の推移を、過去3年分伺います。  (2)各病院における対応状況と課題を伺います。  4.食の安全性について。  TPP協定参加した日本への外国輸入食品安全性についてでありますが、多くの市民から不安の声が上がっております。  本市の見解を伺います。  5.人権問題について。  この件についてでありますが、質問に至る経緯を少しお話させてください。  

那覇市議会 2019-12-09 令和 01年(2019年)11月定例会-12月09日-05号

◆新垣淑豊 議員   これ、普段の業務の消防とか救急以外にもこういった調査に関して非常に多くの人員が投入されているという認識でよろしいですよね。 ○桑江豊 副議長   島袋弘樹消防局長総務部参事監。 ◎島袋弘樹 消防局長総務部参事監   今回の人数に関しては、首里城の火災ということを受けて、やはり特別な体制として今回臨んでおります。

那覇市議会 2019-10-04 令和 01年(2019年) 9月定例会−10月04日-付録

 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │7│奥 間 綾 乃 │1 外国人観光│ 世界中から観光客が訪れるようになった我が県│ │ │(なは立志会)│ 客の医療対応│であるが、同時にけがや事故病気救急医療

那覇市議会 2019-10-02 令和 01年(2019年)10月 2日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)-10月02日-01号

救急車も消防車もなかなか入りづらいという道も狭くて、住宅密集地そして老朽化という大きな課題がこの地域にはあるんですけど。 ○委員長(前泊美紀)  島袋課長。 ◎都市計画課長(島袋正吾)  まず、解説をさせてください。まず、この125ページに基盤改善地区(機能向上型)とその下の基盤改善地区(面的改良型)というふうに区別をしております。  

那覇市議会 2019-09-25 令和 01年(2019年) 9月25日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-09月25日-01号

№7、救急診療事業費県補助金は、調定額、収入済額とも669万7,000円で、休日または夜間における小児の救急医療那覇市病院が実施していることに対する県からの補助金となっております。  3ページをご覧ください。  №14、病院事業債は予算額2億9,000万円に対し、調定額,収入済額とも2億8,210万円で、那覇市病院へ貸し付けるため、地方公共団体金融機構からの市債収入となっております。

那覇市議会 2019-09-24 令和 01年(2019年) 9月24日総務常任委員会(総務分科会)−09月24日-01号

その際、本市救急車での搬送に要する費用につきましては、救急応援協定に基づき救急患者が発生した市町村が負担する旨、定められていることによる負担金収入でございます。  次に、6細節琉球大学医学救急車同乗謝礼金は、琉球大学医学部の学生が医学教育の一環として、初期の救急医療を体験させるため、救急車同乗実習を行っており、救急医療自動車同乗実習に関する協定書に基づく謝礼金収入でございます。  

那覇市議会 2019-09-17 令和 01年(2019年) 9月17日総務常任委員会(総務分科会)−09月17日-01号

─────────────────────────── ●説明のため出席した者の職、氏名  新 垣 淑 博 企画財務部副部長  佐久本  整  企画財務参事財政課長  下 地  斉  財政課副参事  大 城 美奈子 財政課副参事  白 玉 律 子 財政課副参事  比 嘉 義 樹 消防次長総務部参事  上 原 立 也 消防総務課長  新 城 敏 行 消防局警防課長  知 念 鉄 雄 消防救急課長

那覇市議会 2019-09-12 令和 01年(2019年) 9月定例会-09月12日-06号

本市といたしましても、市立病院は2次救急医療機関であり、またDMAT隊を結成し被災地へ派遣するなど、災害医療に積極的にかかわってきたことから、災害拠点病院の指定を受けることは、新市立病院に期待する役割としてより望ましいものと考えております。 ○久高友弘 議長   玉寄隆雄環境部長。 ◎玉寄隆雄 環境部長   5番目の環境行政についてお答えいたします。  

那覇市議会 2019-09-10 令和 01年(2019年) 9月定例会−09月10日-04号

#7119(救急安心センター事業)とは、総務省消防庁救急車の適正利用を推進する目的として全国ヘ普及促進を進めている事業であり、住民が急な病気やけがの際に、救急車を呼ぶか、今すぐ病院を受診したほうがよいか判断に迷ったとき、「#7119」をプッシュすることにより、専門家が相談に応じる電話相談窓口であります。  

那覇市議会 2019-09-09 令和 01年(2019年) 9月定例会−09月09日-03号

近年、多くの外国人観光客が訪れる沖縄県でありますが、それと同時に、県内各地で観光客のけがや事故病気救急医療を必要とするケースが相次いでおります。  そこで、以下伺います。  (1)本市において過去3年間、救急搬送が必要となった外国人観光客の数と主な理由を伺います。  (2)市内における救急指定病院は何カ所あるのでしょうか。  

那覇市議会 2019-07-01 令和 01年(2019年) 6月定例会−07月01日-付録

       │       │  災害時要支援者を救うための備えはどこまで│ │ │       │       │  進んでいるか伺う            │ │ │       │       │(2) なはマップの多言語化について伺う   │ │ │       │       │                      │ │ │       │5 那覇市立病│ この10年の間に那覇市病院での救急患者

那覇市議会 2019-06-24 令和 01年(2019年) 6月24日総務常任委員会(総務分科会)−06月24日-01号

次に、委員会の対応として、所管事務調査を行う意見は、小禄2班のNo.2防災行政無線に関連するご意見、そしてNo.4ドローンについてのご意見、それと聴覚障がい者の方の防災対策についてのご意見、真和志3班の消防車についてのご意見、首里4班のNo.17AEDについてのご意見、5班のNo.19安謝消防署に救急車の設置をのご意見を所管事務調査とします。