4218件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

名護市議会 2030-12-05 12月09日-02号

宮城浩二企画情報課長 今回ワークショップの進め方というところでありますけれども、今回ワークショップを進めるに当たって、附箋紙を用いてブレインストーミングという方法を活用して、地域現状だとか、先ほど話したように10年後のあり方だとかということで、あえて自由な発想、意見をいただくための手法を用いたところです。

宜野湾市議会 2025-12-16 12月16日-04号

本市の特定健診受診率向上に向け、今年度新たな手法として、AI分析を活用した受診勧奨取り組みを開始いたしました。AI分析対象者4つに区分し、それぞれに通知方法を変えたところ、個別の通知書を持参して集団健診を受診する方がふえている状況でございます。 また、毎年連続した受診を定着化させるリピーター率向上に向け、前年度受診者及び前年度保健指導介入者電話勧奨を行っております。

沖縄市議会 2025-09-30 09月30日-06号

年度は、宿泊商業ビーチ等機能連携を見据えたゾーニング案についての検討を進めるとともに、よりよい土地利用計画事業手法、土地処分方法等について検討しているところでございます。次年度以降はその方針等に基づき企業誘致を図っていきたいと考えております。 ○小浜守勝議長 伊禮 悟議員。 ◆伊禮悟議員 御答弁ありがとうございました。 

沖縄市議会 2025-07-08 07月08日-08号

次に、今回の指定候補者指定管理者にすることで、一企業沖縄市の公共施設を有利に使用し、利益を得るような状況になるのではないか、沖縄市にメリットはあるのかとの質疑に対し、選定する上で地域活性化に寄与できるかという観点から、今回、指定候補者誘致手法施設の価値や効用を高める提案であったことを選定委員会の中で評価し、選定されたと認識しているとの答弁がございました。 

うるま市議会 2024-09-27 09月27日-06号

なお、本年度調査では、対象地区現況調査において必要施設道路等基盤整備必要性についても確認し、民間開発手法導入による概算事業費事業スケジュール等について有識者の意見を仰ぎつつ関係部署連携をしながら検討を進める予定であります。 ○議長幸地政和) 国吉 亮議員。 ◆16番(国吉亮議員) ありがとうございます。それでは再質問いたします。 

東村議会 2024-09-12 09月12日-01号

実際に、企業誘致する際の手法としまして、企業誘致推進体制あと企業誘致手法、企業誘致のためのインフラ整備、そういったものをこれから詳細にどういうふうにしていくのか、また企業誘致にかかわる優遇策とかそういったものを細かく詰めていく必要があると考えております。 以上です。 ○議長港川實登君) 神谷牧夫君。 ◆6番(神谷牧夫君) 今の答弁では、これからということですよね。

名護市議会 2023-06-13 06月17日-02号

◎早瀬川章子園芸畜産課長 HACCP認証というのは、食品を製造する際に安全を確保するための管理手法の一つとなっております。食品の製造、出荷の工程で、どの段階で微生物や異物混入が起きやすいかという危害をあらかじめ予測、分析して被害を未然に防ぐことになっております。その予測と分析したものを記録として残していくと。そういった形で認証を受けるという形になります。

うるま市議会 2022-12-11 12月11日-04号

整備手法といたしましては、市が区画整理事業において電線共同溝設置工事を行い、電力や通信会社など各占用者において電線等入線工事を実施する計画となっております。進捗状況につきましては、電線共同溝設置工事は平成30年度までに全てを完了しておりますが、入線工事安慶名十字路から南向けの左側、うるみん前約160メートルが完了し、電線地中化がなされております。 

石垣市議会 2022-12-11 12月11日-04号

それとあわせ、建設建物建設及びその後の運営等につきまして、自前で運営できるのか、民間活力導入が可能なのか、さまざまな手法についての検討を行ってまいりたいと考えております。 以上です。 ○副議長石垣亨君) 石川勇作君。 ◆3番(石川勇作君) まず、整備地検討ということでございました。土地の購入それから建物建設などへ、大きな予算が必要だと思います。

うるま市議会 2021-12-18 12月18日-09号

先ほども部長からありました排せつ物の処理の仕方、エネルギー化をする、あるいは固形燃料にする方法、堆肥化する方法、さまざまな手法がありますけれども、やはりうるま市に一番適した利活用あり方、実現可能で持続可能な循環型農業の確立に向けましては、現状の各農家の飼育状況飼育規模に応じた処理の考え方を基本にすべきではないかと、私自身は考えているところであります。

沖縄市議会 2021-12-17 12月17日-04号

県内外取り組み状況なども参考にしながら、確実に市民のもとへ配布ができる手法検討する必要があると考えております。 ○小浜守勝議長 喜友名秀樹議員。 ◆喜友名秀樹議員 御答弁ありがとうございました。 結構前からそれは課題であったものですから、事務委託者も当局も話がしづらかったかと思うので、ぜひこれを機に、早期に話し合っていただけたらと思います。

石垣市議会 2021-12-10 12月10日-03号

また、CIQ施設整備につきましては、令和年度着手、完了できる手法について現在作業をしており、本年度末に方針を示せるものと考えてございます。 ○副議長石垣亨君) 砂川利勝君。 ◆18番(砂川利勝君) 2号道路CIQ施設整備ということですので、当然、必要なものでありますのでしっかりと整備をしていただきたいなというふうに思っております。 次に、質問いたします。

名護市議会 2021-12-05 12月13日-06号

3つ目に、成果指標設定データ収集分析手法検討を実施しております。同計画評価検証検討に当たり、名桜大学、沖縄観光コンベンションビューロー名護観光協会及び商工会、観光関連事業者など観光に見識を有する方々で懇話会を2回開催しております。また、沖縄県の観光アドバイザー制度を活用し、4回助言をいただいております。