313件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東村議会 2021-03-05 03月05日-01号

さて、令和年度は第5次東村総合計画後期計画第2次東村むらひと・しごと創生総合戦略のスタートの年度となっております。後期計画及び総合戦略策定につきましては、作業の遅れから諮問機関である策定審議会への提出が3月11日となっておることから、審議会の答申を受けた後、議会へ上程、審議をお願いしたいと考えておりますので、御理解をいただきたいと思います。 

宜野湾市議会 2020-12-22 12月22日-08号

そこで、いろんな行政評価市民評価重要度とか満足度達成度評価がありますが、現在の施策取組状況評価改善して、今後の後期計画施策の充実を図っていただきたいというふうに思います。この質問は以上です。 次の質問です。令和2年3月定例会で私が一般質問にて、全戸配布に向けての方針をお伺いいたしております。

沖縄市議会 2020-12-15 12月15日-04号

後期計画にならないように前期で決着がつけられるようにお願いいたします。 以上で一般質問を終わりますが、今年もお世話になりました。12月、今年は年男だったのですが、あっという間に子年も終わりまして、来年は皆さんの大好きなうし年でございます。うし年やぎ座とかが理想だと本員は思っているのです。実は子年さそり座で何か最悪だという感じ。来年も皆さんといい年になりますように祈念いたします。

恩納村議会 2020-12-09 12月09日-03号

2番目、第5次総合計画後期計画令和年度で終了します。毎年度予算編成中長期財政計画との連動、総合計画実現に向けた編成となっていると思いますが、これまでの達成状況進捗状況の検証・評価について最終年度として取り組む施策等について、また第6次総合計画策定について伺います。 ○副議長又吉貢)  企画課長喜久山隆君。 ◎企画課長喜久山隆)  お答えいたします。

与那原町議会 2020-12-09 12月09日-02号

今後としましては、当該道路状況を見まして必要があれば後期計画見直し時に検討することも可能であると考えております。 ◆山口修 議員 本員は、この雨乞森開発、当添までございますね、地域としては。これは今すぐに開発をせよということではございません。今、企画政策課長が申されたとおり、町長の今後の政策の中に将来的において反映されていかれるように取り組んでいただく。

宜野座村議会 2020-09-08 09月08日-01号

本村としましても、次期第5次宜野座総合計画後期計画になりますけれども、その計画は、宜野座まちひと・しごと創生総合戦略にSDGsを関連付けて、村民の総意を反映させ、一体的な推進を図りたいと考えております。 (2)については教育長からの答弁となります。 ○議長石川幹也) 新里教育長。 ◎教育長新里隆博) 引き続き新里文彦議員へ2点目の(2)についてお答えいたします。 

宮古島市議会 2020-06-19 06月19日-04号

これは旧城辺町が城辺過疎地域自立促進計画事業後期計画平成17年から平成21年まで作成した資料ですよ。皆さんこればかり読んでいるじゃないですか。じゃ、なぜ何で城辺に形として残らないの、発展が。福嶺中学校はなくなる、保育園もなくなる、幼稚園もなくなる、旧庁舎も潰す、中央公民館も潰す、全てなくなっていっているじゃないですか、城辺は。振興策というのは何ですか、もう一回答えてください。

宜野座村議会 2020-06-11 06月11日-03号

先ほどお話があって分かりましたが、後期計画ももう一度アンケートから叩き直していくわけですね。当然評価、それから課題、これも受け持っていくわけですが、前回お話をしました。11.3%、これはアンケートの質によって、アンケートの求める制度や目的によって通るだろう。ただ11.3%というのは、地域アンケートとしてはあまりにも少ない。それを高めるような工夫をされているのか。

宜野座村議会 2020-03-11 03月11日-02号

宜野座村と米軍基地制作支援業務として385万円、第5次総合計画後期計画及び第2次宜野座まちひと・しごと創生総合戦略策定支援業務1,636万8,000円を計上しております。下段、負担金として、北部広域市町村圏事務組合広域振興負担金1,893万5,000円。 119ページをお願いします。補助金景観むらづくり活動団体助成金として30万円を計上しております。

宮古島市議会 2019-12-13 12月13日-05号

城辺町は、後期計画として平成17年から平成21年までの5カ年間の118の事業計画をしておりますけれども、今回はですね、砂川保育所についての事務的流れについて説明をして、答弁をもらいたいと思っております。 合併当時の福祉部長は、旧城辺町の職員きってのすばらしい保健課長が就任をしました。その方が事業採択に向けて予算を組んだんだけども、2代目の福祉部長がですね、議会答弁をしております。

南城市議会 2019-12-06 12月06日-02号

2018年度から2027年度の10年間を対象にした計画であり、前半の2018年から2022年の5年間は前期基本計画、そして2023年から2027年までの残り5年を後期計画として、南城市の長期的、そして総合的な基本構想であり、市のあらゆる計画の最上位に位置づけられています。 この計画についても、基本構想基本計画実施計画と、3層から構成されております。