28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

嘉手納町議会 2020-12-11 12月11日-04号

平成28年度に調査した範囲以外も調査したところ、当該水路雑排水等を接続しているか確認できない家屋があることから、現在、上下水道課にて確認をしているところでございます。 4点目の野犬への対応につきましては、産業環境課確認しましたところ、現在、比謝川遊歩道付近には、野犬に関する通報等はないとのことでございました。 

西原町議会 2018-10-11 10月11日-04号

質問項目4の環境改善についてでありますが、当該水路上下水道課所管翁長都市下水道となっております。先日相談を受け、現場を確認しておりますが、相談者宅対岸側から雑木繁茂し、一部水路を覆っている状況でありました。雑木の伐採については、現予算での対応が厳しいため、予算のめどが立った段階で作業を行う予定であります。その間、課の対策として薬剤散布も検討していきたいと考えております。以上です。

糸満市議会 2018-06-15 06月15日-03号

当該水路の現状については、上流からの土砂堆積マングローブ等繁茂し、ビニール類ごみが散乱し、衛生面からも余りよい状況ではなく、水の流れも悪い状況認識をしております。また去る3月20日に、西崎東側水路維持管理について、県の下水道課、それから県海岸防災課、糸満市水道部建設課の4部署において協議を行っております。

沖縄市議会 2016-12-15 12月15日-07号

市の水路敷上に当該水路が位置しており、市による登川公民館線への水路移設は厳しい状況であります。現在、水路境界確定復元事業において、水路境界確定及び現況の確認を行っております。その事業の中で、同様な状況箇所数の把握に努めるとともに、今後どのような対応が可能か検討してまいります。 ○普久原朝健議長 小谷良博議員。 ◆小谷良博議員 ありがとうございます。 

うるま市議会 2016-06-15 06月15日-03号

また当該水路に近接する字塩屋水路においては、平成23年11月4日に、へい死事故が報告されております。当該事故においては、死魚から農薬が検出されていることから、死因は農薬による中毒死との考察がされており、事故後の対策として、沖縄中部保健所からうるま市農政課に対し、農家への指導依頼文書が送付されたとのことでございます。 ○議長大屋政善) 玉榮 登次議員

西原町議会 2014-03-19 03月19日-06号

アの出口部分の拡張はできないかということでありますが、当該水路については、大雨のたびに氾濫するということですので、氾濫箇所をもう少し調査した上で、水路またはボックスカルバートを拡張するかどうか判断したいと考えております。 イの水路にふたをして、散策道として整備できないかということでありますが、基本的に水路敷でありますので、維持管理面からふたがけは考えておりません。

名護市議会 2013-03-04 03月04日-01号

2 前項の規定は、河川及び準用河川以外の水路河川に合流する箇所において当該水路を横断して設ける水門及び樋門について準用する。 (河川を横断して設ける水門径間長等)第51条 第39条から第41条まで(第40条第5項を除く。)の規定は、河川を横断して設ける水門について準用する。この場合において、第39条中「可動堰可動部(流水を流下させるためのゲート及びこれを支持する堰柱に限る。

沖縄市議会 2012-10-02 10月02日-09号

質問事項1.質問要旨(1)①泡瀬第一雨水幹線の件でございますが、当該水路内へ植栽枡のような堰をつくることがどうかということでございますが、これにつきましては、技術的には可能でございます。しかし、この水路にこの堰をつくって植栽枡をつくりますと、ごみ堆積等により水路機能へ影響を及ぼすと。維持管理上の課題が挙げられるということでございます。また、水路内へ植栽を行うことは県との調整も必要でございます。

沖縄市議会 2012-07-05 07月05日-10号

また第2期開発について、水路敷が不法占有されていることが確認されたことや当該水路敷のつけかえ協議が未完了であることから、県と確認調査を行い、平成24年5月1日付、第2期開発に係る公共施設管理者協議同意が整っていない旨を県へ副申したところでございます。その後、平成24年6月27日には、沖縄県より都市計画法第32条第1項の規定に基づく公共施設に関する同意について照会があったところでございます。

沖縄市議会 2012-07-04 07月04日-09号

また、近年多発しておりますゲリラ豪雨による浸水被害対応するためにも安全に配慮し、当該水路内に植栽することは避けたいと考えております。 次に同じページの質問事項4.公園道路管理委託質問要旨(1)の八重島公園管理委託の詳細でございますが、管理委託作業の主なものといたしましては樹木の剪定、枯れ木の処理、それから公園内の清掃、ごみ回収及び草刈り作業でございます。

沖縄市議会 2012-06-22 06月22日-04号

所有者平成元年10月ごろ、当該水路敷も含めてみずからの所有であると誤認し建設業者に貸与した。貸与を受けた建設業者水路敷も含めて一体として埋め立てて使用してきた。その後、20年余り占有をしており、時効による所有権を取得しているという主張でございます。 沖縄市の主張でございますが、本件の土地は平成元年ごろ、公図上明確に水路になっており、隣地の一部と認識することはあり得ない。

うるま市議会 2011-12-14 12月14日-07号

当該水路桃原漁港より金武湾に抜ける港湾区域内にございます。干潮時には水路の堆砂等により漁船の航行に支障を来している状況であり、この水路については平成19年10月に与那城漁業協同組合からしゅんせつ要請を受けております。市は組合要請を踏まえまして、港湾管理者である沖縄県へ要請を重ねてきましたが、平成23年10月に当該水路しゅんせつは県のほうとしては実施の予定がないという回答がございました。

  • 1
  • 2