292件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石垣市議会 2027-12-13 12月13日-06号

       │  エ 消防庁舎更新計画について              ││ 一般質問│ 砥板 芳行君│2.港湾行政                         ││     │       │ (1) 浜崎マリーナ及び石垣漁港フィッシャリーナ駐艇場おい  ││     │       │   て当局の警告を無視し公共用地を長期に渡り占有している  ││     │       │   艇廃車

名護市議会 2023-06-13 06月17日-02号

その1台が廃車となりますので、そこに配置する予定でございます。それと、どのように使っていくかということですけれども、主に消防団の訓練として使っていきたいと思っております。今年度、県の操法大会がありますので、そういったものにも今後使っていきたいと思っております。 ○大城秀樹議長 岸本洋平議員。 ◆岸本洋平議員 この車両購入費の財源について質疑いたします。 ○大城秀樹議長 知名清消防本部総務課長

宜野湾市議会 2022-06-17 06月17日-04号

まず、1、以前市で所有していたマイクロバス教育委員会に移管され、廃車になった経緯をお伺いいたします。よろしくお願いいたします。 ○上地安之議長 教育部長。 ◎比嘉透教育部長 上里広幸議員の御質問にお答えいたします教育委員会が使用していたマイクロバスは、市長部局にて平成10年に購入し使用されていたものを、平成20年6月に譲り受け、いわゆる所管がえして使用してございました。

石垣市議会 2020-03-11 03月11日-05号

具体的に申し上げますと、以前は公共用地廃車を置いて、それを倉庫がわりに使っていた。これについては撤去をされたということなんですが、新手の違法駐車は、ナンバーはついているんですよ。一見、マリーナ利用者が一時的に車をとめてあるかのように見せているんですけれども、車検を見るともう数年前に切れているんですね。車が場所を移動しながら、倉庫がわりに使われているという実態があります

宮古島市議会 2019-09-17 09月17日-03号

それで、その流れ込むところをますをつくって水をちょっと少なくしているんですけども、やはりこのたまる部分、一番底の部分向こう中古車屋があるんですけども、向こう中古車屋の話を聞くと6台ぐらいは水に埋まって、もう売れる状況じゃないということで廃車にしたという話も聞いておりますので、水路を掃除するだけではなくてですね、新たにまた浸透ますをですね、設置してもらえないものか。

嘉手納町議会 2019-09-11 09月11日-06号

平成30年度の実績ですが、22件の申請がありまして、廃車の件で22台、修繕で1台、家屋の半壊床上浸水のほうで1件の申請がありまして、支出済みで44万円という結果となっております見込みで台風の災害見舞金のほうがもう少し見込みがあるだろうと思っておりましたが、この結果となっております。今年度も申請のほうを受け付けているところです。

石垣市議会 2018-12-20 12月20日-05号

廃車にして、新車を購入したほうが安上がりの場合もあります。アスファルトの道路でもそうです。あちこち穴があいた、それを補修した、サロンパス道路、我慢するよりも、きれいにはがして、新装したほうがいい場合もあります。 さて、人にも親子や兄弟、祖父母など、その関係において分限があるように、組織や自治体にもそれに相当する分限があるのではないか、このように思います

恩納村議会 2018-12-14 12月14日-04号

なぜ新年度で予算を計上しないのかとの質疑に対し、車の状況等廃車にする車や修理を行なうよりは購入した方が良いとのことでした。 コミュニティセンター備品購入費についても同様の質問があり、年明けにコミュニティセンターで大きなイベントがあるためとの説明でした。 委員会では、こういった予算は当初に組むべきではないかとの意見がありました。 

南城市議会 2018-12-10 12月10日-03号

地域の皆様より集められた心温まる寄附金で購入された学校車が、いつかは廃車され姿を消していくのが残念で悔しいです。できるなら、周年行事が記憶に、形にいつまでも残る環境整備を行いたいと思っています。例えば佐敷小学校校門横にありますタイムカプセルや、玉城中学校、同じく校門横にあります日本庭園などです。 そういった思いから再質問ます。 

宜野湾市議会 2018-10-19 10月19日-07号

今現在、マイクロバスはございませんが、教育委員会が以前所有していたマイクロバスの所有から廃車に至ったまでの経緯を伺いたいと思います。また、マイクロバスを所有していたときの利用状況についてもお聞きをしたいと思います。 ○上地安之議長 教育部長。 ◎比嘉透教育部長 おはようございます伊波一男議員の御質問にお答えいたします

うるま市議会 2018-09-03 09月03日-03号

次に桃原支部、ここも漁港となっておりますが、東側の漁港もあるが、港内整備スロープ整備もされず、ウインチもなく、各自廃車を利用して、船を陸揚げしている状態であるとのことであります。 次に、平安座支部。ここは港湾ということであります平安座南港自体港湾施設であって、広大な敷地に与那城町漁業協同組合事務所競り市場が混在し、漁港一般港湾が併用して運用されています

与那原町議会 2018-06-22 06月22日-05号

それはそれでもう使うという方向性を出してもらって、そこにある程度、10年なり15年なりの期間を設けて抜本的な設備投資をするということをしないと、今町民から執行部のやり方を見ていると、廃車寸前の車に新しいタイヤをつけたり、新しいバッテリーをつけたり、そういうその場しのぎ対策をしているとしか見えませんので、新しく町長もかわったわけですから、新しい給食センター給食センターとして置いておいて、もう限定を