38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

那覇市議会 2019-12-05 令和 01年(2019年)11月定例会-12月05日-03号

各地、各分野で奮闘されている草の根の運動と連携し、平和国家日本を後世に引き継いでいくために、所属や立場、信条の違いを超え、『憲法9条擁護』の一点で手を携えた運動世論づくりを進める所存です」と、訴えています。  全国首長九条の会結成への見解を伺います。  2.安倍政権について。  (1)今、内閣総理大臣が主催する公的行事である桜を見る会の私物化が国政を揺るがす大問題となっています。  

那覇市議会 2019-12-04 令和 01年(2019年)11月定例会-12月04日-02号

恒久平和を希求する本市といたしましては、国が日本国憲法のもと、専守防衛立場を貫き、防衛装備移転三原則が平和国家としての基本理念を逸脱することがないよう、注視していく必要があると考えております。 ○久高友弘 議長   奥間朝順教育委員会学校教育部長。 ◎奥間朝順 教育委員会学校教育部長   宮平のり子議員代表質問の2番目、教育行政についての(1)についてお答えいたします。  

西原町議会 2018-10-15 10月15日-05号

言うまでもなく今日の我が国世界に冠たる経済大国として発展、繁栄を見ておりますが、それはやはり何と言っても戦後荒廃した中から平和国家として世界に宣言し、スタートしていくわけでございますが、それともう一つは、やはり何と言っても日本人の勤勉性、それから技術の高さ、そういったものが相まって、高度経済成長を経て、今日の繁栄を見たものだと思います。

与那原町議会 2015-09-29 09月29日-06号

なぜならば、もう1つ、きょうの公明新聞に出ていましたけれども、自衛隊の問題、これも含めて…、時間がなくなりますので、紹介はやめますけれども、今の国際情勢の中で日本国民平和国家としてどう維持していくかということを、何も考えずに手ぶらで本当に維持していくことができるんだろうかという心配があるのは私ひとりではないと思います。

豊見城市議会 2015-09-28 09月28日-05号

さらに女性の立場から、子どもたちが将来、戦場で殺し殺される事態は、憲法9条を持つ平和国家では認められないとの切実な要請を受け止めたいと思います。戦争法に盛り込まれた戦闘地域での兵站、戦乱が続く地域での治安活動米軍艦船などを含む米軍防護武器使用、そして集団的自衛権行使、そのどれもが憲法9条を蹂躙して自衛隊海外での武力行使に道を開くものであり、戦争法と呼ぶに疑問の余地はありません。

宜野湾市議会 2015-09-24 09月24日-07号

しかし、昨今、眠れない日が続き、国会では安保法制成立し、戦後70年続いた平和国家の歩みが逆方向へとかじを切ろうとしております。越えてはならない一線を越えてしまったかのように、一体日本はどこへ進もうとしているのでしょうか。 国会前では、若者を中心に12万人の抗議行動が巻き起こっております。大衆の反対する声は必ず実を結ぶと私は強く信じております。 

豊見城市議会 2015-09-15 09月15日-02号

安倍首相談話については、戦争を二度と繰り返さない、我が国が未来へ向けて平和国家として歩むことを強く誓った談話であったものと受けとめております。そして、我が国が戦後70年、安倍首相談話を生かし、アジア諸国との友好をさらに深める努力を続けることが重要であると考えております。 次に、④についてお答えいたします。戦争体験を語り広げ、記録する取り組みの強化についてでございますが。

宮古島市議会 2015-09-14 09月14日-04号

この平和国家路線は今回の平和安全法制で何ら変わるわけではありません。また、国際社会の平和あってこその日本の平和であるとの立場から、23年前より国連平和維持活動自衛隊を派遣するとともに、海外での大規模災害発生時の国際緊急援助活動ソマリア沖アデン湾における海賊対処行動等にも自衛隊を派遣し、日本にふさわしい形での国際貢献を行ってまいりました。

那覇市議会 2015-09-07 平成 27年(2015年) 9月定例会-09月07日-02号

市議会においても、去る6月定例会において大多数が反対する中にあっても、安倍政権は全く聞く耳を持たず、今国会法案成立を強行的に推し進めようとする政府のおごり高ぶった姿勢は、国の根幹である憲法をないがしろにし、立憲主義を破壊する許し難いものであり、断じて容認することはできないと糾弾し、平和を求め、市民県民生命財産を守る立場から、世界に誇る憲法第9条を守り、平和国家としての我が国あり方根底から

那覇市議会 2015-07-08 平成 27年(2015年) 6月定例会-07月08日-付録

)7月8日提出  提出者   那覇市議会議員    翁 長 俊 英  奥 間   亮  賛成者   那覇市議会議員    喜舎場 盛 三  大 城 幼 子  野 原 嘉 孝  糸 数 昌 洋    桑 江   豊  大 浜 安 史  金 城 敏 雄  粟 國   彰    久 高 友 弘 (提案理由)  平和を求め、市民県民生命財産を守るためにも、世界に誇る平和憲法理念を堅持し、平和国家

那覇市議会 2015-07-08 平成 27年(2015年) 6月定例会-07月08日-08号

よって、本市議会は、平和を求め、市民県民生命財産を守るためにも、世界に誇る平和憲法理念を堅持し、平和国家としての役割を果たすためにも、「平和安全法制関連法案」の更なる慎重審議を強く求めるものである。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書提出する。  平成27年7月8日。那覇市議会。  

沖縄市議会 2015-07-07 07月07日-07号

今回の2法案平和憲法の下の我が国基本政策を180度転換し、戦争を放棄した平和国家日本あり方を根本から変えるものであり、到底認めることはできません。さらに安倍総理閣議決定に先立って訪米し、アメリカ議会演説等法案をこの夏までに成就させると表明しました。国会審議どころか閣議決定さえ経ない段階で米国に法案成立を約束するなど、議会制民主主義を否定し、愚弄するものと言わざるを得えません。

豊見城市議会 2015-06-30 06月30日-05号

この平和国家構築の基礎となってきた法律が憲法です。憲法第9条には戦争の放棄が明記され、平和を目指す我が国姿勢を示しています。近年、日本を取り巻く安全環境が厳しさを増す中で、国民を守るためには自衛の措置がどこまで認められるのか。その限界はどこにあるのかを突き詰めて議論した結果が、昨年7月の閣議決定でした。

西原町議会 2015-06-12 06月12日-01号

そこで最近の指摘されている風化していく沖縄戦の実相をどう今後に伝えていくか、子供たちや孫に伝えていくことが極めて大事ですが、それをどうするかということなんですが、確かに平和教育学校教育の中においては、去る大戦平和教育をしっかり教えているとは思っていますが、その過去の沖縄戦のみならず、これからは現に、今生きている、現在の状況、特に基地の問題であるとか、あるいは将来に向かって日本が進んでいく方向平和国家

与那原町議会 2015-06-12 06月12日-04号

しかし、これから将来を考えてみた場合、平和国家として、本当に自信を持って全世界に胸を張って、日本戦争をしませんと、憲法9条を大事に守っていって、二度と戦争はしないという。この発信する意味でも、国民であるという誇りは私は紛らわしてはいけないと。特に沖縄は、いろいろな歴史がありますので、私は中国に行ったとき感じたんですが、紫禁城の龍に爪が5つあります。首里城の龍の爪は4つしかありません。

与那原町議会 2015-06-10 06月10日-02号

ただ、国際的に非常に厳しい状況があちらこちらで起こっている今日、どうすれば平和国家を維持していけるか、これは大きな課題でありますし、また国としても防衛、あるいは外交というものは国の責任のなせるわざであるわけですが、戦争がないことを、あるいは起こさないことをお互いしっかり意識を持つべきだというふうに思っております。 ◆上江洲安昌 議員 学童疎開の碑を私は建てるべきだと思います。

嘉手納町議会 2014-09-09 09月09日-01号

地獄の苦しみから解放され、一筋の平和の明かりが人々の心に灯り、戦を二度と繰り返してはならない不戦の誓いを強く刻み込んで、恒久平和を願いながら戦後復興に一心不乱に生き抜いてきた沖縄県民を嘲笑うかのように日米政府日米安保の名のもとに平和国家では類を見ない住居居住密集地域のど真ん中に危険極まりない飛行場を建設し、そこに住んでいた住民を追いやり、日々飛行訓練を繰り返し日常茶飯事殺人的爆音をまき散らし事故

  • 1
  • 2