17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

那覇市議会 2020-09-10 令和 02年(2020年) 9月定例会−09月10日-05号

質問安里二丁目地域下水道整備につきましては、下水道布設する道路私道であることから、地権者から布設承諾を得るため、以前から交渉を続けてきたところでございます。本年8月末までに全ての地権者より承諾をいただけたことから、令和3年度に実施設計を行い、令和4年度に下水道布設工事を行う予定で取り組んでまいります。 ○久高友弘 議長   金城康也都市らい部長

那覇市議会 2020-06-11 令和 02年(2020年) 6月定例会−06月11日-06号

首里石嶺町二丁目城東団地下水道汚水整備につきましては、これまで私道布設承諾が得られないことや、自治会で管理する集中浄化槽の問題などから未整備地域となっておりました。  平成30年度には、私道布設承諾が得られたことや全世帯下水道接続希望の確認など、下水道整備の諸条件が整ったことから、令和元年度に実施設計を行い、完了したところでございます。  

那覇市議会 2019-02-21 平成 31年(2019年) 2月定例会−02月21日-05号

本市下水道処理人口普及率は、全国及び沖縄県を上回っているものの、私道への布設承諾が得られないことや地形的な要因による未普及地区があり、現在、課題解決に向け鋭意取り組んでいるところでございます。  汚水普及地区解消のため、引き続き私道地権者下水道必要性を説明し、布設承諾を得ることやマンホールポンプによる工法なども検討しているところでございます。 ○翁長俊英 議長   大浜安史議員

那覇市議会 2019-02-20 平成 31年(2019年) 2月定例会−02月20日-04号

質問安里二丁目地域下水道整備につきましては、下水道布設する道路私道であることから、地権者から布設承諾を得るため、以前から交渉を続けてきたところであります。  現在一部の地権者から布設承諾が得られず、整備に取り組むことができない状況となっております。  このような状況の中、昨年、当該地域の方々から下水道整備のための要望がありました。

那覇市議会 2018-10-30 平成 30年(2018年)10月30日建設常任委員会−10月30日-01号

今後も汚水普及地区解消に向け、私道地権者との布設承諾交渉を継続するとともに、さまざまな方法を検討してまいります。  次に、下水道への接続状況を示す下水道接続率目標値は、近年の接続率の推移を考慮し、現状2017年度95.7%、中間2018年度95.9%、最終2023年度97.0%としております。  下水道利用可能地域における未接続世帯解消に向けた取り組みを引き続き強化してまいります。  

那覇市議会 2018-09-13 平成 30年(2018年) 9月定例会-09月13日-06号

市道鳥堀12号周辺地域下水道整備するには、地域内の道路が主に私道であることから、所有者からの布設承諾が必要となります。現在、布設承諾が得られた箇所から、順次整備を進めているところであります。  城東団地周辺下水道整備につきましては、私道所有者布設承諾お願いしておりますが、現在、一部布設承諾が得られていない箇所があり、下水道整備を進められない状況でございます。  

那覇市議会 2017-09-27 平成 29年(2017年) 9月27日建設常任委員会-09月27日-01号

普及地区解消に向け、私道地権者との布設承諾交渉を継続するとともに、さまざまな方法を検討してまいります。  2点目は、浸水被害軽減に向けた取り組みであります。  首里石嶺町4丁目地区、西2丁目地区など、浸水被害が懸念される地区の対策を進めます。  また、浸水被害軽減を図るため、引き続き河川管理者である沖縄県へ、河川改修などについて要望を続けてまいります。  

那覇市議会 2017-06-12 平成 29年(2017年) 6月定例会-06月12日-05号

整備地区の主な要因は、私道地権者との合意形成であることから、今後も布設承諾交渉を継続していきたいと考えております。  また、地形的に自然流下が困難な地区などについては、排水路内への配管、そして私有地を経由する配管などさまざまな方法を検討していきたいと考えております。以上です。 ○翁長俊英 議長   金城眞徳議員

那覇市議会 2017-06-08 平成 29年(2017年) 6月定例会−06月08日-03号

整備が進まない要因としましては、私道への布設承諾が得られないこと、地形的に自然流下が困難なこと、それから道路事業と関連して整備しなければならないことなどが挙げられます。  このような未整備地区は、首里山川町1丁目・3丁目地区、首里金城町2丁目・3丁目地区、松島2丁目地区、それから首里石嶺町2丁目地区、及び松川3丁目地区など、市域に点在している状況でございます。

宜野湾市議会 2016-06-27 06月27日-07号

平成29年度に実施設計を行う予定ですが、私道ですので、里道以外は下水道管布設承諾書を地権者から得る必要があります。承諾を得た後に、平成30年度以降に工事を行う予定で進めております。 ○議長大城政利君) 米須清正議員。 ◆9番(米須清正君) 平成30年度以降ということになるということで、承知しました。 それから、側溝の設置も考えているのか。設置が難しいならば、その理由を述べてください。

那覇市議会 2015-12-11 平成 27年(2015年)12月定例会-12月11日-06号

県道側につきましては、現在、私道所有者公共下水道必要性を説明するとともに、管路布設承諾お願いしているところでございます。  また、城東団地地域につきましても、県道側と同様に、私道所有者管路布設承諾お願いをしているところでございます。  今後も引き続き承諾が得られるよう取り組んでいくとともに、承諾が得られ次第、工事に着手したいと考えております。

那覇市議会 2015-06-29 平成 27年(2015年) 6月定例会-06月29日-07号

首里大中町地内の公共下水道につきましては、出身地であります山城誠司議員のお力添えをいただき、私道部分土地所有者布設承諾が得られました。平成26年度に下水道工事設計を実施しております。本件下水道工事の費用といたしましては、磁気探査などの調査費を含めますと、約7,700万円の予定でございます。

那覇市議会 2015-02-20 平成 27年(2015年) 2月定例会-02月20日-02号

整備の主な要因といたしましては、私道への布設承諾が得られないことや、地形的に自然流下が困難な低地帯であることなどが挙げられます。  これまで私道への整備につきましては、権利関係者調査及び布設承諾交渉を行ってきております。平成27年度は、承諾を得ることができました首里大中町2丁目地区松川3丁目地区及び寒川町1丁目地区などの整備予定しております。  

那覇市議会 2014-12-12 平成 26年(2014年)12月定例会-12月12日-07号

その主な要因といたしましては、私道への布設承諾が得られないことや、地形的に自然流下が困難な低地帯であることが挙げられます。  今後は、私道への布設承諾が得られ次第、整備を進めるとともに、低地帯につきましては、マンホールポンプ設置などを進めてまいりたいと考えております。 ○安慶田光男 議長   山城誠司議員。 ◆山城誠司 議員   それでは、下水道事業から再質問を行います。  

那覇市議会 2005-06-08 平成 17年(2005年) 6月定例会−06月08日-04号

そのため、西側に布設されている公共下水道管へ接続する計画になっておりますが、布設計画箇所私道となっており、以前に私道地権者から布設承諾が得られなかった経緯があります。  今後も引き続き私道地権者への布設承諾について働き掛け、承諾が得られ次第、具体的な計画を策定し、整備方法を検討していきます。  

  • 1