10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

うるま市議会 2020-12-11 12月11日-05号

島しょ地域における危険箇所の把握、周知につきましては、うるま防災マップを活用し、土砂災害警戒区域のほか、海抜高度等を表示し、地域住民への周知に努めているところでございます。 ○議長幸地政和) 藏根武議員。 ◆3番(藏根武議員) うるま防災マップは必ずしも住民が把握しているかは不明であります。

うるま市議会 2020-06-22 06月22日-06号

うるま市地域防災計画では、指定緊急避難場所のほか、広域避難場所指定避難所及び福祉避難所指定し、うるま防災マップを掲載しているところでございます。 各種指定避難所の役割につきましては、指定緊急避難所は、地震津波などの災害から安全がある程度確保できる公園などで避難者が一時的に集合して様子を見る場所としております。 

うるま市議会 2017-12-19 12月19日-09号

また、災害時における赤道行政区の一時避難場所としましては、平成27年度に作成したうるま防災マップにおいて3カ所の公園指定しており、当該マップにつきましては、市内の全戸配布をしております。 ○議長大屋政善) 仲程 孝議員。 ◆5番(仲程孝議員) やはりというか、なかなか非常に厳しい答弁ではございます。 ただ、先ほど読み上げました願意にもあります、人口が集中していること。

うるま市議会 2017-09-26 09月26日-09号

津波による危険区域を海岸に接する低地帯地域や河川が遡上する津波被害低地帯地域を予想したハザードマップを作成し、うるま防災マップとして、全戸配布しております。地震では土砂災害や風水害、建物倒壊による被害も同時に発生することが予想されるため、特に危険箇所ということでは指定しておりませんので、何カ所や、その区域での生活根拠者等の人数は把握しておりません。

うるま市議会 2017-06-15 06月15日-04号

詳しくは平成27年に全戸配布をいたしました、うるま防災マップを御活用いただければと考えております。また平時において災害時の避難経路を確認していただき、最低3日分以上の食料品や備品を用意するなど日ごろからの備えも大切だと考えております。 もう一点ございました。防災情報伝達システムの整備の進捗状況についてお答えいたします。

うるま市議会 2016-12-09 12月09日-03号

みずから率先して避難行動をとることを周知するため、うるま防災マップ全戸配布するなどの啓発活動に努めております。 ○議長大屋政善) 松田 久男議員。 ◆21番(松田久男議員) 今、概要について述べていただきました。基本的には自助努力、自主的に高い場所避難すること、そして徒歩避難が原則ということで、これは一般的な、大体基本的なことだろうと思っています。 

  • 1