15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

名護市議会 2019-06-13 06月24日-07号

左側通行の原則や歩道上での歩行者優先などのルールの徹底の周知を期待し、車道部路肩改良やペイント、安全利用看板設置等を行っております。近年、全国的には歩道上での歩行者自転車の接触による死亡事故などが発生している現状もあり、自転車利用のマナーなどが問題視されておりますが、自転車保険の加入も大変重要だと考えております。

名護市議会 2019-06-13 06月18日-03号

それまで沖縄右側通行でしたが左側通行に、7月30日をもって1日でぱっと変わりました。そのときは学生でしたので、東京でテレビで見ておりました。続きまして、飛んで平成元年、この年は世界的にいろいろなことがあった年で、天安門事件がありましたし、またベルリンの壁が崩壊して新しい秩序がつくられた年でありました。

北谷町議会 2018-06-19 06月19日-04号

事故件数もそれと同様にどんどん増えていますが、国も2018年5月3日に日本政府が改善に向けた調査を開始しておりまして、県内ではレンタカー事業者外国人向け左側通行シミュレーション措置をまた車両自体衝突回避システムを導入する対策を進めているということですか。町内のレンタカー会社が行っているかどうか確認したことがあるか伺います。 ○田場健儀議長  岸本満総務課長

那覇市議会 2015-12-10 平成 27年(2015年)12月定例会-12月10日-05号

先ほどの答弁でもありましたけれども、香港台湾韓国のお客さんで90%近く占めているということでありましたけれども、例えば香港については、日本と同じ左側通行ですから、まだ慣れていると思うんですけれども、しかし、台湾韓国については右側通行だと聞いておりますので、我々沖縄県においても1978年にナナサンマルを経験しております。  

北谷町議会 2014-10-16 10月16日-06号

それと、あと那覇から北部に向かうということでございましたけれども、那覇から北部に向かう場合には、西側を通ります、要するに車線で言いますと、左側通行ですので、西側の方を通ります。いま西側の方に、そのスペースがあるかと言いますと、なかなか難しいところもある。 そして那覇から名護に向かいますと、たぶん北谷を通過するのは10時か11時、その辺じゃないかなあと思います。

西原町議会 2013-12-13 12月13日-05号

県知事としては、町はもとより、沖縄の社会、経済、産業、文化、福祉等の諸問題解決に全身全霊をささげ、沖縄産業まつりの創設、昭和53年7月30日の本土と同じように、車道左側通行という交通方法変更など、県民生活の向上、地方自治振興発展に著しい功績があり、郷土の誇りとして今なお、敬愛の対象になっております。 以上が提案理由と主な内容でございます。御審議のほど、よろしくお願い申し上げます。

那覇市議会 2009-09-08 平成 21年(2009年) 9月定例会-09月08日-03号

31年前、右側通行から左側通行に変わった1978年の7・30の年に生を受け、私にとって9月1日に行われた初めての定例会の日が誕生日でした。何かとても感慨深いものがございます。若者として自らの足で動き、そして地域の皆様の声に耳を傾け対話を重ねてまいります。これが既成体質にとらわれない、そんな政治の実現が可能になるのではないかと考えるわけでございます。  

うるま市議会 2006-09-06 09月06日-02号

事故状況でありますが、市道の与那城90号線から当方の車がですね、これはもちろん車は左側交通でありますから左側部分からこの県道37号線に入ろうとしているわけですけれども、相手方車両も当然左側通行ではありますけれども、この当方の車の右手の方から直進をしてきたということで、その直進してきているものに対して当方の車が右折をしようとして、双方ともですね、こちらの方も右側前方部分相手方左側の前輪のフェンダー

嘉手納町議会 2005-03-23 03月23日-05号

この時期を境に道路交通右側通行から左側通行へと変更になりました。そして立ちおくれた暮らしの環境を本土並みに是正していくことを命題に、国によって多額の資本が投下をされ、多面にわたるインフラ整備が展開されてまいりました。同時に大きなイベントがありました。国際海洋博の開催であります。このことはまだ記憶に鮮明に残っております。

名護市議会 2004-03-02 03月09日-05号

交通体系日本と同じ左側通行車優先のことだということでスピードはかなり出ていますが、交差点はほとんどがロータリー方式になっているので渋滞はあまりなく、車もスムーズに走り、交通事故も少ないようであります。それから以外にも雪は少ないようで建物の屋根の勾配は緩く、ほとんど緩いトタン葺き屋根が多いのでびっくりいたしました。

  • 1