7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

名護市議会 2020-03-04 03月27日-13号

稲嶺市長は、島袋元市長から引き継いだ平成22年から平成30年までの間に、上積みした財政は705億円に達します。そういう状況下にあって、市役所の職員と知恵を出し、汗を流し、いわゆる基地のない鹿児島以北の本土で行っている財政在り方、今回は102兆円の国の財政、それに対して交付金を取る。いわゆる市民のメニューに基づいた形での財政の構築。これが本来の地方自治財政在り方なのです。

名護市議会 2019-09-05 09月26日-11号

実は、島袋元市長からかわった稲嶺市長に対して、島袋元市長が提案した6つの大きな事業があったのですが、当初、島袋元市長に対しては、これに対して事業をやっていくと防衛局は約束したのです。そして、稲嶺市長が就任した時期にも、これは削らないと言ったのです。ところが舌の根の乾かぬうちの平成22年12月24日に、防衛局長から名護市長宛てに、平成22年度再編交付金交付金額について通知。

名護市議会 2018-06-14 06月18日-02号

島袋元市長のときに再編交付金が始まって、稲嶺進市長のときに再編交付金がカットになったという経過がございますが、そういった経過について、この再編交付金について、まず当局と一緒に認識されているのか、そのことも確認したいと思います。いかがでしょうか。 ○宮城弘子議長 当局の答弁を求めます。祖慶実季政策調整官。 ◎祖慶実季政策調整官 平成22年度から打ち切られております。

名護市議会 2015-12-03 12月14日-07号

島袋元市長V字型を容認したというんですが、岸本元市長は、名護市の容認議会決議です。島袋元市長V字型は議会決議をしていません。勝手に額賀さんとやったんです。だから慌てふためいて、終わってからゆがふいんで意思統一したのではないですか。こういうことを一つも書かずに、しかも稲嶺元知事は15年期限です。埋め立て容認と言っていないんです。

  • 1