2063件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

うるま市議会 2023-07-01 07月01日-07号

日本は少子が進む中、本市出生率上昇気味で、市民の人口も年々増加傾向にあり、若い子育て中の家庭アパート住まいが多く、個別の子供の部屋、勉強室などが少ない中、誰にも気を使わずして、学習、勉強をしていくには、ゆらてくは最良の施設だと思いますが、長時間利用するに当たり軽食をとりたいと思っても近くに軽食ができるところがない。

うるま市議会 2021-12-18 12月18日-09号

◆20番(喜屋武力議員) 2019年に生まれた赤ちゃんの数が1899年の統計開始から、初めて90万人割れという、推計より2年早いことなど、想定を超えて加速する少子で、社会保障制度への影響を受けると思うが、現在本市認定こども園など、認可保育園の設立で、保育士幼稚園教諭の確保で頑張っていることには敬意を表しますが、うるま市の子供出生率はどのような傾向が見えるのか。

宮古島市議会 2021-12-13 12月13日-05号

教育部長下地信男君)  学校の統廃合について、なぜ市が学校規模適正化を進めているかということをまず先にお話をしたいと思いますけども、平成18年度に策定された第1次宮古島市総合計画においてですね、近年の少子に伴い小規模校増加しているということで、学校規模適正化検討するということが位置づけられております。

与那原町議会 2021-06-11 06月11日-02号

急速な少子進行並びに幼児期教育及び保育重要性に鑑み、総合的な少子対策を推進する一環として子育てを行う家庭経済的負担軽減を図るため、幼稚園保育所認定こども園地域型保育企業主導型保育を利用する3歳以上の児童住民税非課税世帯の0歳から2歳の児童利用料無償化、さらに保育の必要があると認定を受けた3歳以上の児童住民税非課税世帯の0歳から2歳児童認可外保育施設、一時預かり事業病児保育事業及

宮古島市議会 2020-12-16 12月16日-06号

こういう状況がある中で、2019年6月に発表された令和元年度少子社会対策白書というものがありまして、この記述がですね、それまでなかった不妊治療等への支援を盛り込んだんです。それがですね、2つあります。不妊専門相談センターの整備というものと、不妊治療にかかる経済的負担軽減等というところをですね、盛り込んでおります。

うるま市議会 2020-12-12 12月12日-05号

国にとっては重要な少子対策の一つであるとのことですが、高い出生率貧困率の問題を抱える本市においては、ことさらすばらしい無償化だと思っております。一方、幼児教育保育無償化により懸念していることがあります。無償化により入園希望者が殺到。待機児童数が一気にふえるのではないかと気になっておりました。10月の無償化からはや2カ月が経過いたしましたが、最新の待機児童数を教えてください。

嘉手納町議会 2020-12-10 12月10日-01号

平成28年12月22日付、ニッポン一億総活躍プランに基づく子ども医療費助成に係る国保減額調整措置に関する検討結果についてという厚生労働省保険局国民健康保険課長による文書にて、地方公共団体が独自に行う子ども医療費助成に関する国民健康保険減額調整措置について、全ての市町村が未就学児まで何らかの助成措置実施している実態等を踏まえ、自治体少子対策取り組み支援する観点から、平成30年度より未就学児

宜野座村議会 2020-12-10 12月10日-01号

次に、2点目の次世代育成支援行動計画についてでございますが、次世代育成支援行動計画法的根拠となる次世代育成支援対策推進法は、我が国における急速な少子の振興並びに家庭及び地域を取り巻く環境の変化に鑑み、次世代社会を担う子供が健やかに生まれ育成される環境を整備するために、国、地方公共団体企業国民が担う責務を明らかにすることを目的として、平成17年4月1日から施行されております。

沖縄市議会 2020-10-01 10月01日-07号

少子でさらに部活動をする子供たちも減っている中、ちょうど今日の消費税10%増税、市民の生活が厳しさを増しているところを、県内派遣費をカットすることで、部活動を行う保護者負担がさらにふえております。部活動をする子供たちも親の年収にばらつきもあり、各部活動で支払う父母会費等の支払いも厳しい家庭も多くあると聞いています。そんな中、島内の交通費を削られれば、保護者負担がふえる一方であります。

沖縄市議会 2020-09-25 09月25日-03号

そのような中、将来的な少子進行並びに幼児期教育及び保育重要性を鑑み、認可外保育施設を含め、保育を必要とする3歳児から5歳児の子育てを行う家庭のさらなる経済的負担軽減が図られる幼児教育保育無償化については、大変意義のある取り組み制度の改革だと思っております。一方で幼児教育保育無償化に当たっては、幼児教育の質の向上にも努めていく必要があろうかと思います。

宜野湾市議会 2020-09-19 09月19日-04号

今回の幼児教育保育無償化につきましては、幼児教育負担軽減を図る少子対策、生涯にわたる人格形成の基礎を培う幼児教育重要性を鑑み、3歳から5歳までの幼稚園保育園認定こども園などを利用する子供たち利用料無償化するとともに、ゼロ歳から2歳までの住民税非課税世帯子供対象として保育所等利用料無償化するものでございます。 

石垣市議会 2020-09-17 09月17日-07号

少しでもいい環境でという、望むところは一緒なのでありますけれども、この少子の時代と言われている中、我が石垣市の現状においては、この規模別クラス数、これがどうなっているのか、そしてまたその中において、この35人、30人以下ということを求めているわけでありますが、既に達成されているクラスもあるのではないかと思われます。

石垣市議会 2020-09-13 09月13日-06号

5年後にはまたいろんな状況も変わっていると思いますけれども、やはり子育て環境が充実するということは、この少子対策、いろんなことにもつながってきますので、ぜひぜひよろしくお願いいたします。一日も早く児童館を建設していただきたいことをお願いいたしまして、次の質問に移ります。 次は、伝統工芸後継者不足についてをお伺いいたします。 

嘉手納町議会 2020-09-06 09月06日-03号

平成28年12月22日付、ニッポン一億総活躍プランに基づく子ども医療費助成に係る国保減額調整措置に関する検討結果についてにより、地方自治体が独自に行う子ども医療費助成に係る国民健康保険減額調整措置については、全ての市町村が未就学児までには、何らかの助成措置実施している実態などを踏まえ、自治体少子対策取り組み支援する観点から、平成30年度より未就学児までを対象とする医療費助成については、

名護市議会 2020-09-05 09月18日-08号

近年は、少子、高齢化の進展、核家族化単身世帯増加などにより、民生委員児童委員重要性が増す一方、民生委員負担増加なり手不足の問題が生じております。そこで民生委員現状取り組みについて伺います。質問の事項2 市民健康づくりについて。要旨の(1)市民の健康を守るためには、がんを早期発見し、適切な治療を行うことにより、患者の死亡リスクを下げる取り組みが求められます。