9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

うるま市議会 2019-10-07 10月07日-11号

次に、福祉部関連について、委員から「歳入16款、県支出金のうち、小児慢性特定疾患日常生活用具給付事業10万2,000円の決算額に係る事業内容について」質疑があり、当局から「在宅で療養している小児慢性特定疾患児に対して、特殊寝台吸引器などの日常生活用具給付することにより、小児慢性特定疾患児及び介助者負担軽減を図るための事業である」との答弁がありました。 

北谷町議会 2015-12-21 12月21日-06号

他の自治体でも自治体独自の事務として扱っているのが①北谷こども医療費助成に関する条例による医療費助成に関する事務②北谷町母子及び父子家庭医療費助成に関する条例による医療費助成に関する事務③北谷小児慢性特定疾患日常生活用具給付事業実施要綱による日常生活用具給付に関する事務④北谷介護用品給付事業実施要綱による介護用品給付に関する事務⑤北谷日常生活用具給付事業実施要綱による日常生活用具

北谷町議会 2014-03-25 03月25日-06号

まず1つ目生活保護基準を参照している制度には、保育所保育料免除に係る階層区分児童保護費等負担金等小児慢性特定疾患日常生活用具給付事業自立支援医療等負担上限額段階区分など、計31の制度があります。 これらの制度につきましては、国は今回の保護基準見直しによる影響ができる限り及ばないよう対応策を図るとしています。 

北谷町議会 2013-09-24 09月24日-04号

具体的には、「小児慢性特定疾患日常生活用具給付事業」や「養育医療給付事業」、「結核児童療育給付事業」、「就学援助制度における学用品費等の支給」、「保育所保育料免除に係る階層区分」、「戦傷病者特別援護法に基づく療養手当」、などがあります。これらについて、国は今回の保護基準見直しによる影響ができる限り及ばないよう対応策を図るとしています。 

  • 1