738件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西原町議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月14日−05号

1款2項1目固定資産税は、既存家屋等の評価額確定や、太陽光発電設備など課税客体の増加により、6,486万7,000円の増となっております。同科目の滞納繰越分は、当初課税見込みより1,448万円の減となっております。  14款1項2目1節の児童福祉国庫負担金の子どものための教育保育給付費国庫負担金の400万円の減額は、保育士不足による児童措置費の歳出減に伴うものであります。  

名護市議会 2018-12-14 平成30年第193回名護市定例会-12月14日−06号

イ 太陽光発電の借地面積及び借地料について伺います。事項の5 農畜産振興について。要旨(1)施設農業等の老朽化施設の再整備について。ア 当該施設の調査は行っておりますか。イ 今後の対応について。要旨(2)畜産農家で酪農・肉用牛経営・養豚養鶏は様々な経営強化支援対策事業があるが、ヤギ畜産農家に対する経営戦略対策や、6次産業化に向けた取り組みについて、今後何らかの計画があるのか伺います。

名護市議会 2018-12-13 平成30年第193回名護市定例会-12月13日−05号

質問の要旨(3)太陽光発電パネル設置の状況と蓄電設備について。質問の要旨(4)通学路や緊急避難道路等のブロック塀対策について。質問の要旨(5)避難所指定体育館へのクーラー設置についてお伺いします。以上、一次質問といたします。よろしくお願いします。 ○大城秀樹議長 市当局の答弁を求めます。松田健司地域政策部長。 ◎松田健司地域政策部長 それではまず質問事項の1、要旨(1)のアについて答弁いたします。

石垣市議会 2018-10-12 平成30年  9月 定例会(第5回)-10月12日−04号

今回の事業箇所のほうは、北西部地域、北部は平野から西部は川平までのパイプラインの新設や既存水路の改修工事、それから、新たに、底原ダム敷地南側への太陽光発電施設をことしから2カ年かけて設置するというふうに聞いております。  また、32年度からバンナのほうへ、桃里配水池からの設置工事を実施する予定ということで聞いております。  

宮古島市議会 2018-09-18 平成30年  9月 定例会(第6回)-09月18日−05号

太陽光発電エネルギーを貯蔵できる設備をあわせて市営住宅に導入するものでございます。導入に当たっては、市が民間事業者に設備の設置場所、この場合は市営住宅ということになります。設置場所を提供し、当該事業者が自社の負担でもって設備調達、設置工事を行うものでございます。

宜野座村議会 2018-09-11 平成30年第6回定例会-09月11日−01号

また、各クリーンセンターには太陽光発電設備や汚泥の堆肥化施設等、資源循環型設備の整備も進めてまいりました。さらに近年では、平成25年度に惣慶区において機能強化事業を導入し、処理場の更新と処理区域の拡充を行っております。現状での大きな課題としましては、宜野座並びに松田クリーンセンターが供用開始から15年以上経過していることから、施設の経年劣化が著しく処理機能の低下が懸念されます。

名護市議会 2018-06-25 平成30年第191回名護市定例会-06月25日−07号

イ 許田区の違法な太陽光発電に係る開発行為について市の対応について伺います。ウ 幸喜区・喜瀬区間の国道路側帯の開発について市の考えを伺います。それではいろいろと関連したことを述べてまいりましたけれども、少し説明を具体的にさせていただきたいと思います。最後のほうからやっていきます。

宜野湾市議会 2018-06-12 平成30年  6月 定例会(第414回)-06月12日−02号

◆18番(桃原功議員) これから施設をつくっていくという上では、エコロジーな大変大切な取り組みだと思うのですけれども、この部分、太陽光発電の部分ができなかった、それで返還するというのはとても残念だなと思うのですけれども、これ例えばその当該団体の申請等で太陽光発電等が要望があったと思うのですけれども、宜野湾市としてはもうどうすることもできないのですか。

名護市議会 2018-03-19 平成30年第190回名護市定例会-03月19日−09号

イ 許田古知屋又の太陽光発電に係る違法開発について。質問事項4 辺野古弾薬庫について。要旨の(1)米軍が進める辺野古弾薬庫の再開発は核兵器の貯蔵が心配されています。どのように考えておられるかお聞かせください。具体的にお答えできるように、少し要旨についての説明をさせていただきたいと思います。政府の介入という問題は、憲法保障された地方自治というのを踏みにじるものであると。

宜野座村議会 2018-03-08 平成30年第3回定例会-03月08日−03号

3点目の契約の内容といたしましては、工事名称が松田小学校風力発電太陽光発電システム工事工事場所は宜野座村松田地内。工期は平成25年11月19日から平成26年3月31日となっております。 ○議長(小渡久和) 當眞嗣則議員。 ◆10番(當眞嗣則) 一番最初の、宜野座高校敷地内にある村有地の運用についての件で少し確認したいことがありますので、よろしくお願いします。  

八重瀬町議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(第3回)-03月06日−01号

太陽光発電電力分港川で4万円の減と、雄樋川地区で14万5,000円の減ということになっております。  次、歳出をお願いいたします。歳出7ページ、金額の大きい方にまいります。農業集落排水事業の11節の需用費の中で、修繕費の259万円の減ということになっています。これについては機器等の修繕がございました。それに伴う入札残ということで減にしております。  

糸満市議会 2017-12-20 平成29年第6回糸満市議会定例会会議録-12月20日−06号

小項目1、さつきの城入り口に設置されている太陽光発電装置についてお伺いします。ア、さつきの城入り口、原野だった土地に民間の業者が太陽光発電装置のパネルを設置しているが、住宅地に近く、光の反射などの照り返しで熱くなり、住民から苦情があるとのことですが、市当局は現状を把握しているのか、その認識をお伺いします。

西原町議会 2017-12-15 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月15日−05号

当該基金は、太陽光発電による充電分の約5割を財源に積み立てているものですが、現在の制度は大規模な修繕と改修のみにしか活用できません。公共施設の維持管理については、小規模な修繕等も含め、毎年その費用を計上していますが、予算編成が厳しい折、一般財源での対応が困難な場合において、当該基金を活用したいためこれを改正するものであります。  以上が提案理由と主な内容であります。