209件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石垣市議会 2021-12-09 12月09日-02号

またしても戻りますけども、さきに自衛隊基地が出来た奄美大島ではもう既に、自衛隊と米軍の合同演習が行われております。だから、基地が出来ると市長がいくら言っても、やめろと言っても、やるなと言っても、もう米軍が要望すれば、自衛隊は訓練をしますよ。米軍と一緒に。これまで来なかった米軍の艦船、航空機、だから訓練であれば、平時でも来るわけなんですよ。十分予想されます。

宮古島市議会 2021-09-19 09月19日-05号

(再開=午後2時17分) ◆仲里タカ子君   奄美大島ではですね、米軍と自衛隊基地ができているんですけども、住民には何の説明もなく合同演習が行われたという報道がなされています。宮古島島内では演習等を行う計画があるか、また実戦に備えてミサイル部隊を秘匿する地下ごうの建設計画等があるのかどうかお伺いします。

恩納村議会 2020-12-10 12月10日-02号

◆12番(仲田豊)  隣の奄美大島ですか、徳之島町のまちもSDGs未来都市というのをもらっております。そこに電話をしました私は、このSDGsの認知度はどうですかと。町民もわかりますかということで電話しましたところ、まだ町民も理解していないということで、これから町民に知らせるために懇談会を持ちたいということをおっしゃっておりました。

名護市議会 2020-06-13 06月24日-07号

ただいま商工観光局長の答弁で、平成13年度から市単独事業で植栽や増殖事業が実施されましたが、年度は不詳で事業終了したとの答弁ですが、私の記憶では、島袋吉和元市長のときには、奄美大島からユリの球根を購入しまして、植栽や増殖事業を実施していたのを記憶しております。その後、その事業は完了しております。

宮古島市議会 2020-03-18 03月18日-08号

要するに奄美大島では観光公園で訓練する、それを住民が目にしています。宮古島ではミサイル車両はどこでどのように訓練を実施するのか、説明をお願いします。 ◎企画政策部長(友利克君)   ミサイル車両はどこで訓練するのかとの質問でございます。防衛省としましてはですね、現段階で具体的な計画は決まっていないと。一般的に、車両の展開訓練は主に自衛隊の訓練場を使用しますと。

名護市議会 2020-03-04 03月27日-13号

平成30年1月24日に照屋寛徳衆議院議員が、米軍再編交付金の交付要件に関する質問主意書の答弁に対する答弁の中にも、安倍晋三内閣が当時の大島議長に出した回答を見ると、再編交付金は辺野古新基地の整備の円滑な実施のために必要な協力を行っていると認められること、これが名護市の場合もそれに該当しますと書いているのです。

石垣市議会 2020-03-02 03月02日-02号

今の状況、南西地域の守りが弱いということで、奄美大島……             〔何事かいう者あり〕 宮古、与那国、石垣、4つ新しく防衛省要請しました。残りの3つはもうできております。ぜひ石垣もちゃんとした駐屯地が今度の売買によってできるという方向で進めていただきたいと思いますので、賛成討論といたします。 ○議長(平良秀之君) 反対討論ございますか。             

与那原町議会 2019-03-26 03月26日-04号

先ほど言いました去年のカーゴドア落下ですよね、これは奄美大島だったか沖永良部だったかと思いますけれども、この自衛隊機はかなり老朽化が進んでいるらしいんですね。だから古いんですよ、かなり古いので、またこういう事件が起きるかもしれない。与那原上空で、ひょっとしたら起こるかもしれないというのは、やはり危機感として持ってやらないといけないと思います。では次の質問に行きます。 ⑤と⑥一緒に行きますね。

石垣市議会 2019-03-15 03月15日-07号

奄美大島の南海日日新聞という新聞の記事を入手したんですけれども、こちらにはこのようにあります。隊員の児童200人転入、地元受け入れ準備へ。自衛隊の隊員の子どもたちが200人転入をしてくるということで、奄美市は今、この受け入れに追われているという状況です。

石垣市議会 2018-12-19 12月19日-04号

この作戦は与那国の監視部隊、奄美大島宮古島ミサイル部隊が配備されようとしていることでわかるように、防衛大綱に引き継がれています。大きなリスクを負ってまでも配備を進めることなど、認められません。 そこでお伺いいたします。 1点目は、住民合意もなく手続を進めて、年度内工事着工しようとしていることについて。 2点目は、住民投票について。 

石垣市議会 2018-12-18 12月18日-03号

〔何事かいう者あり〕 奄美大島も標的の島、日本中のありとあらゆる自衛隊施設は、全て標的になるということだというふうに認識します。なぜ、石垣島だけ標的の島になって、ほかのところは攻められないというようなことを考えるのか、私、全く理解ができません。 防衛省においては、シミュレーションはさまざまなことをすると思います。

石垣市議会 2018-12-17 12月17日-02号

なぜなら、日本全体で我が国全体で考えている安全保障の中において、南西諸島への配備が必要だということで、奄美大島から沖縄本島、宮古、石垣、与那国と配備計画が出されたわけであります。実際に、与那国のほうにはもう既に配備がされておりますし、宮古島は配備を決定して、今、駐屯地建設が始まっております。奄美大島も同じ状況でございます。 

西原町議会 2018-10-10 10月10日-03号

ところが現状を見ますと、あの高江のヘリパットの建設から、辺野古の新基地建設、それから自衛隊ミサイル部隊が奄美大島から沖縄島、宮古、八重山の配備計画、そして那覇の航空自衛隊巡航ミサイルが配備される計画がある。 そしてまた日本版の海兵隊、これがキャンプ・シュワーブ付近に配備されるという。こういう状況を見ますと、まさに今沖縄に置かれている状況は日本アメリカ軍事植民地化が急ピッチに進んでいる。

石垣市議会 2018-10-10 10月10日-02号

沖縄本島にはもともとありますし、奄美大島のほうも工事が進んでいるところであります。 現在、防衛省防衛大綱の中でも、計画の中で唯一配備が進んでいないところというのは、今、現実的な工事着工とかいう意味での進んでいないのは石垣島というだけでありますので、その点に関しては、私の考え方としては防衛省南西諸島への配備に対しては理解できると。

石垣市議会 2018-06-22 06月22日-06号

奄美大島も同様であるという意味においては、石垣島だけ受け入れない、拒否をする、協力しない、石垣島には必要ないということについては、なかなかそういう思いには至らないというところでございます。 ○議長(知念辰憲君) 仲間 均君。 ◆20番(仲間均君) 市長、おもしろい答弁をしていますけど、僕は意味不明です。意味不明。私は推進派なんですけど、戦争のない平和な島を築くために推進をしているんです。

与那原町議会 2018-06-20 06月20日-03号

例えば奄美大島、それから沖永良部、それから訓練エリアがございますので、この訓練エリアに行くヘリがかなりあります。私、前に航空局というところにいましたので、知ったかぶりして少し説明させていただきますと、飛行機には計器飛行と有視界飛行と2種類ありまして、那覇空港からちょうど与那原交差点あたりまでは計器飛行でなければいけないわけです。那覇空港の管制官が指示する。