6537件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮古島市議会 2019-03-25 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月25日−07号

(再開=午後3時51分) ◎市長(下地敏彦君)   質問の要旨の地方自治第4条に基づき教育長を任命するということはできません。地方自治にはそういう規定はございません。 ◆友利光徳君    それではですね、観光行政の中から水難事故防止強化についてお尋ねをしたいんですけども、去年9月24日にですね、城辺博愛漁港、これイムギャーなんですけども、行方不明になった女性の方がいらっしゃいます。

宮古島市議会 2019-03-06 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月06日−03号

それで、見ますとですね、第3条に基金に属する現金は地方自治の規定により保管するほか、必要に応じ最も確実有利な有価証券に代えることができる。この有価証券というのはいろいろあるんですけども、どういった種類の有価証券を想定しているのか、まずその辺をお聞かせください。 ◎副市長(長濱政治君)   私が答えられる範囲で答えまして、あと残りは担当部長のほうから答えさせていただきたいと思います。   

宮古島市議会 2019-03-04 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月04日−01号

沖縄県消防通信指令施設運営協議会を設ける特別地方公共団体の名称変更に伴う同協議会規約を別紙のとおり変更することについて協議するには、地方自治第252条の6の規定により議会議決を必要とするため、本案を提出します。   議案第45号、財産の無償譲渡について。財産を無償譲渡することについて、地方自治第96条第1項第6号の規定により議会議決を必要とするため、本案を提出します。   

糸満市議会 2018-12-21 平成30年第7回糸満市議会定例会会議録-12月21日−08号

少なくともこの県条例を廃止しろという地方自治第74条に基づく直接請求はいまだに県議会に提出されていません。本当にそういう声が多くあるのであれば、条例廃止の運動があってしかるべきだと私は思っています。  政府の土砂投入の暴挙でこの辺野古の埋め立て問題はいまや世界中が関心を持つ問題になっています。

沖縄市議会 2018-12-21 第399回 沖縄市議会定例会-12月21日−08号

また、コザ運動公園の指定管理について、以前沖縄公共施設管理公社が管理委託制度のもとで管理をしていたが、平成15年9月の地方自治改正により、平成18年度から指定管理者制度を導入し、平成18年から平成20年の3年間は、沖縄公共施設管理公社に特定指定をしていた。その後、平成21年からは、一般公募を行い、任意団体沖縄体育協会が指定管理者になっている。

石垣市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月21日−06号

─────┼────┼────────────┤   │ 10 │ 箕 底 用 一  君 │ 21 │ 仲 間   均  君 │   ├────┼────────────┼────┼────────────┤   │ 11 │ 大 濱 明 彦  君 │ 22 │ 石 垣   亨  君 │   └────┴────────────┴────┴────────────┘欠 席 議 員  (な し)1.地方自治

名護市議会 2018-12-21 平成30年第193回名護市定例会-12月21日−09号

この予算は、県民投票の実施のための予算ですけれども、県民投票条例にも地方自治第252条の17の2に基づき、投票資格名簿の調製、投票及び開票の実施、その他の規則で定めるものは、市町村が処理するとなっております。そしてやはり県民投票は実施すべきと考えるところは、やはり県民の判断、それからそういう県民の投票の機会を奪うようなことがあってはならないと思っています。

沖縄市議会 2018-12-20 第399回 沖縄市議会定例会-12月20日−07号

平成30年度沖縄一般会計補正予算    (第4号)  みだしのことについて、地方自治第96条第1項第2号の規定に基づき議会議決を求める。  平成30年12月20日             沖縄市長 桑江朝千夫  予算書の1ページをお願いいたします。    平成30年度沖縄一般会計補正予算    (第4号)  平成30年度沖縄市の一般会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。  

うるま市議会 2018-12-20 平成30年12月第129回定例会-12月20日−10号

この予算は県民投票条例に基づいて市町村は、地方自治第252条の17の2の規定により、知事から委託された県民投票の実施をする義務が生じます。地方自治に基づき直接請求されたこの県民投票は民主主義の根幹をなす大事な制度です。民主的に選挙で選ばれた議員市民の投票する権利を奪うことがあってはなりません。また、県民投票に関する予算議会が否決することは、民主主義を否定するものであります。  

石垣市議会 2018-12-19 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月19日−04号

   │ 11 │ 大 濱 明 彦  君 │    │            │   └────┴────────────┴────┴────────────┘ 欠 席 議 員   ┌────┬────────────┐   │番  号│   氏    名   │   ├────┼────────────┤   │ 18 │ 砂 川 利 勝  君 │   └────┴────────────┘1.地方自治

豊見城市議会 2018-12-19 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月19日−05号

以上、地方自治第99条の規定により、意見書を提出する。            平成30年12月19日            沖縄県豊見城市議会 宛先  内閣総理大臣外務大臣防衛大臣議長(大城吉徳)  本案に対し質疑を許します。     (質疑者なし)  質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。  お諮りいたします。

糸満市議会 2018-12-18 平成30年第7回糸満市議会定例会会議録-12月18日−07号

11番 玉 城 安 男 君 12番 玉 村   清 君    13番 金 城   寛 君 14番 當 銘 真 栄 君    15番 大 城 明 弘 君 16番 西 平 賀 雄 君    17番 金 城   敦 君 18番 徳 元 敏 之 君    19番 金 城 幸 盛 君 20番 新 垣 安 彦 君    21番 大 田   守 君 欠席議員 1人 2番 金 城   悟 君  地方自治

石垣市議会 2018-12-18 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月18日−03号

   │ 11 │ 大 濱 明 彦  君 │    │            │   └────┴────────────┴────┴────────────┘ 欠 席 議 員   ┌────┬────────────┐   │番  号│   氏    名   │   ├────┼────────────┤   │ 18 │ 砂 川 利 勝  君 │   └────┴────────────┘1.地方自治