運営者 Bitlet 姉妹サービス
534件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月12日−04号 あと福祉の面では、やはり子育て支援のほうを充実していこうということがありまして、これは地方交付金を使った事業ですけれども、子育て情報メディアということで子育て専門のホームページを西原町はつくっておりまして、ここで情報発信を常に更新してやっているところです。 もっと読む
2018-09-20 豊見城市議会 平成30年第3回豊見城市議会定例会会議録-09月20日−03号 現在、豊見城市ウージ染め協同組合に対し、平成29年と平成30年の2カ年事業といたしまして、地方推進交付金を活用した企業競争力強化支援事業を実施しております。 もっと読む
2018-06-19 豊見城市議会 平成30年第2回豊見城市議会定例会会議録-06月19日−02号 このような場所であることから、地方総合戦略計画に基づき、平成29年3月に「とみぐすく(まちの顔)拠点づくり計画書」を作成したところです。 もっと読む
2018-06-15 那覇市議会 平成 30年(2018年) 6月15日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−06月15日-01号 あれは確か、地方の交付金で2分の1割合で申請していたと思うんですよ。今思えば、この先進的かつ新たな産業発展事業補助事業も、この地方の交付金でもおりたんじゃないかなと思いますけど、どうですかね。 ○委員長(平良識子)  下地広樹課長。 もっと読む
2018-06-14 名護市議会 平成30年第191回名護市定例会-06月14日−01号 本部町観光協会・今帰仁村観光協会は、沖縄銀行/おきぎんJCBと地域活性化に関する協定を締結した施策実施にあたっては、沖縄総合事務局やOCVB、沖縄美ら島財団の協力を得て、観光施設・宿泊施設・飲食店等各観光協会の会員情報の提供と観光スポットや地域行事をつないだ観光ルートを構築し、本部半島に年間約500万人以上の観光客の需要を取込むために県内初の産官金一体となったコンソーシアムを組成し、キャッシュレスよる地方施策 もっと読む
2018-06-12 那覇市議会 平成 30年(2018年) 6月定例会−06月12日-05号 例えば介護保険法における地域支援事業、それから地方も最たるものでありますけれども、地域共生社会の実現、これは厚労省が推進しているものです。いわゆる「地域でできることは地域で」という政策に日本全体がそういう政策転換を図っているのが現状でございます。  地域包括ケアシステム、これは代表的な例だろうと我々も思っています。 もっと読む
2018-03-28 名護市議会 平成30年第190回名護市定例会-03月28日−11号 日 名護市議会議長 宮 城 弘 子 殿提出者 名護市議会議員        大 城 秀 樹    神 山 敏 雄 比 嘉 勝 彦    宮 里  尚  岸 本 洋 平    比 嘉 拓 也 吉 元 義 彦    小 濱 守 男 神 山 正 樹    比 嘉 祐 一 岸 本 直 也    長 山  隆  宛先:沖縄県選出衆議院議員及び参議院議員 厚生年金への地方議会議員の加入についての要望書  地方 もっと読む
2018-03-22 宮古島市議会 平成30年  3月 定例会(第3回)-03月22日−07号 そういった意味ではですね、地域の、国も地方と言いながらなかなか一極集中、東京のほうに集まるんですよね。そういった意味では、宮古島はやっぱりしっかりと市長が言う隅々までという形でいろんな事業を展開していただければなというふうに思っております。これはこれでいいです。   次に、道路行政についてお伺いします。まずですね、添道1号線整備計画についてであります。 もっと読む
2018-03-19 西原町議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月19日−06号 それを1億人まで改善しようとするのが「地方」の考えの一つです。西原町のリーダーとして、人口増に向けた具体的な戦略構想を伺います。  大項目3.農水産物流通・加工・観光拠点施設について。(1)当該施設は、課題を残しながら実施計画を完了し、指定管理者の公募も終えました。現在の町財政の体力を考えると、かなり負担になってくると感じています。以下の件について伺います。ア.当該施設の総予算を伺います。 もっと読む
2018-03-16 名護市議会 平成30年第190回名護市定例会-03月16日−08号 また、羽地地域におきましては地方の取り組みの一環として、様々な地域コミュニティービジネスに取り組まれておりまして、古民家を活用した民泊事業で、今後多くの来訪者が期待されており、その面から特定多数の方が利用する公衆トイレなどの便益施設が必要と考えられます。トイレを設置するためには、規模にもよりますが、概算で1,500万円から2,000万円程度の費用を要する見込みでございます。 もっと読む
2018-03-15 豊見城市議会 平成30年第1回豊見城市議会定例会会議録-03月15日−03号 これからは地方という観点からしましても、地域の活動というのはこれから重要になってくるかと思っております。平成30年度に入っても新たな取り組みに対して、もし今、そぐわない部分があるのであれば、そこはまた要項の見直しも含めて、平成30年度内でまた取り組んでいただけたらと思っております。  続きまして、(イ)のほうです。 もっと読む
2018-03-08 うるま市議会 平成30年2月第121回定例会-03月08日−07号 ソフト面では島嶼地域における人口減少への主な対策として、平成27年度より地方関連の交付金を活用した事業に取り組んでいるところでございます。まず平成27年度から平成28年度にかけて、経済部において島しょ地域活性化事業を実施しており、予算額は平成27年度が2,946万4,000円、平成28年度が3,350万円となっております。 もっと読む
2018-03-05 与那原町議会 平成30年3月第1回定例会-03月05日−01号 また、財政健全化の推進につきましては、経済情勢の変化や一括交付金、地方など国の制度改正、MICE施設建設が決定するなど新たな行政需要の増加が予測されるなか、財政収支の安定したバランスを確保するために短期的な視点からの持続可能な財政運営策や財源不足の解消策などを検討、実施し歳入規模に応じた健全な財政運営に努めてまいります。 □ まず、新庁舎建設について申し上げます。   もっと読む
2018-03-02 豊見城市議会 平成30年第1回豊見城市議会定例会会議録-03月02日−01号 さらに、低・未利用地の有効活用や西海岸地域への企業誘致に積極的に取り組むとともに、引き続き地方事業や沖縄振興特別推進交付金事業等を積極的に活用し、地域の活性化や課題解決に向けて取り組んでまいります。  それでは、平成30年度における主要施策の展開につきまして、第4次豊見城市総合計画で掲げた7つの施策体系に基づき、ご説明申し上げます。 もっと読む
2018-03-02 糸満市議会 平成30年第2回糸満市議会定例会会議録-03月02日−01号 本市の1年を振り返ってみると、地方推進のため、琉球大学及び大手民間企業2社と包括的連携協定を締結し、さまざまな分野で本市のさらなる発展に向けて意見交換を進めております。このほか、大地震と津波の発生を想定した市民参加型総合防災訓練を11月に実施し、防災に対する備えの確認を行いました。公園整備については、緑に囲まれた西崎パークゴルフ場を整備し、11月にオープンしました。 もっと読む
2018-03-02 南城市議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月02日−01号 今後も事業の必要性、緊急性等を勘案しながら、観光、農水産業、教育など多種にわたる分野に一括交付金及び地方に係る新型交付金等を活用し、本市の将来のまちづくりを見据えた事業展開を図ってまいりたいと考えております。  また、普通交付税については平成28年度から平成32年度までの5年間において、合併算定替から一般算定への段階的な縮減が実施されております。 もっと読む
2018-03-01 那覇市議会 平成 30年(2018年) 3月 1日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-03月01日-01号 これはソフト交付金にも使えなかったのかなというのもありますし、何か地方の補助金を使わないいけないみたいなところもあったのかなというのもちょっと思いますし、でもそういう聞き方すると答弁しづらいと思うので、どう聞いていいかあれなんですけれども、地方の補助金でいうと、今年度はこれだけですか。この事業だけですか。商工農水費では。 ○委員長(平良識子)  下地課長。 もっと読む
2018-03-01 浦添市議会 平成30年  3月 定例会(第184回)-03月01日−02号 特に昨今のAI、人口減少、地方、働き方改革、公民連携、市民協働と大きな時流に対応するためには、全職員の共通認識が重要と考えます。そのための職員の意識改革の取り組みについてお伺いをいたします。以上、答弁のほどをよろしくお願いいたします。再質問は自席にて行います。 ○島尻忠明議長 松本哲治市長。 もっと読む
2018-02-21 那覇市議会 平成 30年(2018年) 2月定例会-02月21日-04号 関係5団体が作成しました将来像構想につきましては、平成28年度に地方加速化交付金を活用した那覇市水産観光国際競争力強化事業のうち、補助金890万円を支出し、実施した水産拠点国際競争力事業の報告書となっているものでございます。 ○金城眞徳 副議長   野原嘉孝議員。 ◆野原嘉孝 議員   本事業は、本市から那覇地区漁協に働きかけたのでしょうか。 もっと読む
2018-02-21 うるま市議会 平成30年2月第121回定例会-02月21日−01号 また、第4次安倍内閣が発足し、デフレ脱却を目指した生産性革命と、一億総活躍社会の実現に向け、地方など様々な課題への取り組みに強く期待をしているところであります。   もっと読む