17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

豊見城市議会 2020-03-26 03月26日-05号

商工観光課長久里則子)  お答えいたします。 観光税につきましてのワーキングチームのメンバーは、商工観光課長及び商工観光班長税務課課長及び市民税班長企画政策課長及び企画調整班長企画調整課の主幹となっております。 ◆8番(大田善裕議員) -質問- ちょっとみんなわかりにくいから、役職だけでやると。

豊見城市議会 2019-12-13 12月13日-05号

商工観光課長久里則子)  お答えいたします。 令和2年度には、先ほど申し上げました世界最大級の旅の見本市である「ツーリズムEXPOジャパン」が沖縄県で開催されます。国内外から関係者が多く集まるイベントに、市観光協会を初めとする関係機関と連携して参加し、本市の魅力を大いにピーアールしてまいります。

豊見城市議会 2019-12-11 12月11日-03号

商工観光課長久里則子)  お答えいたします。 平成30年度の産業まつり参加人数は、来場者数2万8,254人でございました。 ◆5番(宜保龍平議員) -質問- 今回の祭りで何かカウントをとっての数字なのかをお伺いしてもよろしいですか。 ◎商工観光課長久里則子)  お答えいたします。 こちらは受託事業者によって、1時間ごとに来場者をカウントしての合計の数となっております。

豊見城市議会 2016-03-17 03月17日-04号

国保年金課参事(久里則子)  新垣繁人議員質問事項(3)①について、順次お答えいたします。 (ア)の平成28年2月末時点本市国保加入世帯数は8,471世帯です。そのうち短期証を発行されているのは634世帯、全体の7.5%でございます。ちなみに、昨年の2月末時点短期証発行世帯数より135世帯割合にして1.5%減少しております。 (イ)についてお答えいたします。

豊見城市議会 2015-12-17 12月17日-04号

国保年金課参事(久里則子)  お答えいたします。 県内11市における各税率の順位につきまして、平成26年度と平成27年度を比較して申し上げます。医療分支援分介護分を合算した所得割税率は8位から2位になりました。均等割税率は10位から2位になりました。平等割税率は3位のままです。以上でございます。 ◆23番(瀬長宏議員) -質問- 私も調べてみまして、大変ショックでありました。

豊見城市議会 2015-09-17 09月17日-04号

国保年金課参事(久里則子)  お答えいたします。 今回の税率改正により全体の調定額は下がりましたが、平成27年9月4日現在、国保に加入している8,616世帯が今年の税率と昨年の税率課税した場合を試算して比べますと、そのうち6,279世帯、72.88%が増額になっております。増額になった世帯のうち所得申告済み所得が200万円以下の世帯は4,654世帯、54.02%でございました。

豊見城市議会 2015-06-24 06月24日-03号

※(7番)宜保安孝議員 復席(15時43分) ◎国保年金課参事(久里則子)  瀬長宏議員質問事項(2)についてお答えいたします。 ①のご質問にあります保険基盤安定繰入金保険者支援分とは、低所得者加入割合が高い市町村の国民健康保険保険者に対し、保険料軽減対象となる低所得者人数に応じて、国、県、それから市の一般会計より財政支援を受ける制度でございます。

豊見城市議会 2015-03-18 03月18日-04号

国保年金課参事(久里則子)  瀬長宏議員質問事項、(3)の①から順にお答えいたします。 ①今年度の世帯当たり調定額と他市との比較をとのご質問でございますが、平成26年度につきましては、まだ決算が確定していない状況ですので、平成25年度の数値でお答えいたします。各市部決算額と比較した場合、本市の1世帯当たり調定額は13万6,851円で1位でございました。

豊見城市議会 2015-03-17 03月17日-03号

国保年金課参事(久里則子)  新垣繁人議員質問事項(1)国民健康保険事業につきまして、①から③まで順にお答えいたします。 まず①国保税資産割課税について。(ア)からお答えいたします。最初国民健康保険税課税の仕組みは、医療給付分後期高齢者支援金分、40歳から65歳未満の方を対象とする介護納付金分の3つの合算で税額が決定されます。

豊見城市議会 2015-03-16 03月16日-02号

国保年金課参事(久里則子)  儀間盛昭議員質問事項(1)国保税についてお答えいたします。 本市国保加入者平均調定額県内11市の中で1位であるということと、税率の設定につきましては、同じ条件で他市部と比較した場合、決して高いわけではないということは、先の議会でも答弁させていただいているとおりでございます。

豊見城市議会 2014-12-16 12月16日-03号

国保年金課参事(久里則子)  照屋つぎ子議員質問事項(3)国民健康保険事業について、(イ)と(ウ)につきまして内容が重なる部分がありますので、あわせてお答えいたします。 本市の一世帯当たり調定額県内11市の中でも12年間連続で1位の状況が続いている件につきましては、さきの9月定例会にて答弁させていただいたところです。

豊見城市議会 2014-09-16 09月16日-02号

国保年金課参事(久里則子)  おはようございます。宜保安孝議員質問事項(2)国民健康保険事業についてお答えいたします。 本市国民健康保険事業につきましては、昭和47年に当時の豊見城村を保険者としてスタートし、医療費給付に係る費用として国民健康保険税課税することとなりました。その当時に課税方式として4方式所得割資産割、均等割世帯別平等割課税方式を採用しております。

豊見城市議会 2013-09-18 09月18日-03号

※(21番)赤嶺勝正議員 遅参(16時15分) ◎国保年金課参事(久里則子)  照屋つぎ子議員質問事項(3)国民健康保険事業について、②と③についてお答えいたします。 最初に、②滞納者への延滞金加算の見直しについてですが、延滞金とは、関係する各法律と豊見城国民健康保険税条例の規定に基づいて課税された国民健康保険税納期限日までに納付されなかった場合に、加算して納付しなければならないものです。

  • 1