744件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石垣市議会 2018-12-19 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月19日−04号

議長(平良秀之君) 総務部防災危機管理参事兼室長、大濵 武君。 ◎総務部参事防災危機管理室長(大濵武君) 我喜屋議員の再質問にお答えいたします。  市町村磁気探査支援事業は3種類に分類されます。住宅等の新築、建てかえ等を予定している個人や、事業者等を建築対象に建築予定地の磁気探査費用を補助する沖縄県住宅等開発磁気探査支援事業があります。

糸満市議会 2018-12-18 平成30年第7回糸満市議会定例会会議録-12月18日−07号

履修項目としては、大まかに「いのちを自分で守る〜自助〜」、それと「地域で活動する〜共助・協働〜」、「災害に関する情報を知る〜情報〜」、「新たな減災危機管理の手法を身につける」というような科目を2日間で受講するということになっているようでございます。 ◆3番(上原勝君) ありがとうございます。受講対象者があれば教えてください。 ◎総務部長(仲吉正弘君) 再質問にお答えいたします。  

うるま市議会 2018-12-18 平成30年12月第129回定例会-12月18日−09号

今、うるま市の各自治会、63自治会あると思いますが、各地域へも、今行政としても、自主防災組織をどんどんつくってくださいということで案内していると思いますが、その情報共有を初めとして危機管理意識が高まるこの中で、危機管理アドバイスがしっかりとできる危機管理アドバイザー、危機管理対処能力の専門的知識を持つ職員の配置も重要だとこれまでも訴えてまいりました。

石垣市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月17日−02号

そういった、行政のほうも支援するような制度もありませんので  石垣市のほうは  今後の課題だと思いますけども、やはり、この通学路においては、子どもたちが常に災害地震が起きるときに倒壊のおそれがあるブロック塀が隣り合わせにあるということを認識していただいて、教育委員会としても、また防災行政、また危機管理室と横の連携をとりながら、保護者の皆さん方と、またPTAの皆さん方と調整しながら、今後の周知徹底をしっかりとやっていただきたいと

宮古島市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会(第8回)-12月17日−06号

でも、もしものことを対応するのが危機管理でしょう。ただ、おくれた場合はどういうふうにしますという対応策を持っておかないと、保護者の皆さんとか、市民の皆さんに説明できないんじゃないですか。おくれないのが前提だから、対応することは考えていませんということですか。もう一度お願いします。

うるま市議会 2018-12-17 平成30年12月第129回定例会-12月17日−08号

また今年度、防災担当部署では防災士資格を3人が取得しており、その知識資格等を十分に発揮しながら、強く危機管理意識を持って職員に対する研修会の開催等も含めて、さらなる防災減災に向けた取り組みを行ってまいりたいと考えております。 ○議長(幸地政和) 下門 勝議員。 ◆19番(下門勝議員) しっかりと連携をして、対策を講じてください。  次に、大きな項目2点目に入ります。

名護市議会 2018-12-14 平成30年第193回名護市定例会-12月14日−06号

ただ、いろいろ話を聞いていますと、まだまだ危機管理が足りないという面が感じられます、言葉は悪いのですが、目立った部分だけ除去をして、それでお茶を濁すのではなくて、もちろんそういったことはないと信じておりますが、これにつきましては、本当に名護市のツルヒヨドリを撲滅するというぐらいの気持ちで、ぜひとも本格的な駆除に取り組んでもらいたいと思っております。

宜野座村議会 2018-12-13 平成30年第9回定例会-12月13日−02号

ほかの区と比べたら失礼かもしれませんが、漢那は危機管理意識は持っているつもりでいます。今後もそれは持った上で、区民、村民のためにやっていかないといけないと思っていますが、そこで防災士という民間の認定の資格があるのですけれども、村長は御存じですか。 ○議長石川幹也) 當眞村長。 ◎村長(當眞淳) そういう資格があるのを存じ上げております。 ○議長石川幹也) 仲間信之議員

名護市議会 2018-10-16 平成30年第192回名護市定例会-10月16日−09号

また、市外ではありますけれども、沖縄県防災危機管理課を初め、気象台とも連絡協力体制をとり、迅速な対応に努めているところでございます。また、今議会議員の皆様からご指摘を受けておりますように、沖縄電力との協力体制についてもしっかりと整えてまいりたいと考えております。 ○大城秀樹議長 小濱守男議員。 ◆小濱守男議員 総務部長、今回、議員諸公からいろいろな質問等、ご意見もありました。

名護市議会 2018-10-12 平成30年第192回名護市定例会-10月12日−07号

総務部総務防災基地対策係につきましては、市民生命、身体及び財産災害事故などから守り、安全、安心なまちづくりを目指すため、防災国民保護基地対策等に関して総合的かつ臨機応変な対応を可能とする危機管理体制を構築することを目的としまして、総務総務係が所管しておりました防災に関する事務等と秘書渉外課基地対策係が所管しておりました基地対策に関する事務を集約いたしまして、平成30年6月1日に設置された

名護市議会 2018-10-01 平成30年第192回名護市定例会-10月01日−02号

7 危機管理に対する方針について述べております。資料60−11でございます。こちらは8 環境への配慮について示されておりますので、お目通しのほどよろしくお願いします。最後に資料60−12で収支計画書でございます。施設の管理運営に係る指定期間内の収支計画書でございます。まず収入です。施設使用料が示されておりまして平成30年度、31年度、32年度の3年間を示しております。

糸満市議会 2018-09-19 平成30年第5回糸満市議会定例会会議録-09月19日−06号

また8月14日には沖縄県防災危機管理課を訪ね、担当課長、担当係長と消防広域化重点地域の指定について意見交換をしております。 ◆17番(金城敦君) ちょっと難しいのが出たんですけれども、今、消防広域化重点地域というのがありましたけれども、消防広域化重点地域というのはどういうことか教えてくれますか。 ○議長(大田守君) 休憩いたします。

糸満市議会 2018-09-18 平成30年第5回糸満市議会定例会会議録-09月18日−05号

やはり防災とか、消防とか、そういった危機管理のところで知識のある人たちが協力していくことは大切なことだと思います。教育委員会、それから防災士とか、地域防災アドバイザーとか、そういう専門家の意見を聞きながら、要請があれば消防協力して、子供たちの安全安心のために努力していきたいと思っております。

宮古島市議会 2018-09-18 平成30年  9月 定例会(第6回)-09月18日−05号

退職自衛官は、危機管理に関する知識、経験が豊富であり、災害対処に熟知していることから、即戦力としての活用ができるのではないでしょうか。また、市の危機管理対策の向上につながるとともに、組織の活性化が図られることは間違いありません。防衛省自衛隊のこの制度を活用することにより、高いメリットを得ることができると考えます。

うるま市議会 2018-06-26 平成30年6月第124回定例会-06月26日−08号

平成29年12月第119回定例会で奥田議員から一般質問がございました平安座自治会からの要請事項につきましては、当該自治会には危機管理上、配慮すべき石油コンビナート等特別防災区域が存在することも踏まえ、関係部署等とも協議を図り今年度に消火資機材格納箱設置事業として石油貯蔵施設立地対策等交付金の申請を終えたところでございます。

うるま市議会 2018-06-25 平成30年6月第124回定例会-06月25日−07号

これまでも事故対策などを含め、機会あるごとに児童・生徒の登下校路の安全対策について提言を交えながら危機管理意識を高めるようにさまざまな観点から質問をしてまいりました。道路については、ほかの所管課もございますが、通学路という部分に関しては教育委員会管轄であります。今後は子供たちの安心・安全な登下校路を確保するために教育委員会独自で安全対策にしっかりと取り組んでいただきたいと思います。

石垣市議会 2018-06-22 平成30年  6月 定例会(第4回)-06月22日−06号

ある市民の方から、国内外から誘客し観光客はふえた、市はインバウンド戦略とか、いろいろやっているが、特に外国人観光客の受け入れ体制や危機管理についてはどう考えているのか、その拠点となる部署はどこかと尋ねられるようになりました。これは外国人観光客の増加に伴って観光従事者だけでなく、市民もこのような状況にどう対応していけばいいのかという課題に直面しているということだと思います。  

宮古島市議会 2018-06-22 平成30年  6月 定例会(第5回)-06月22日−05号

これにつきましては、今回課名の変更等がございまして、観光課、商工物産交流課、防災危機管理班、まちづくり振興班、上野こども園、下地こども園に伴う異動等がありまして、5ポイント増となっております。教育委員会が95名、職員数、異動者31名で、32.6%でございます。上水道が34名、異動者が17名の50%でございます。