16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

那覇市議会 2019-02-19 平成 31年(2019年) 2月定例会−02月19日-03号

戦後は27年間に及ぶ米国による占領統治下に置かれた沖縄は、日本から分断され米軍主導による指揮管理のもと、戦後混乱期の中で沖縄復興が実施された。  戦後の沖縄は財政的に復興に資する予算が皆無に等しい状況であったために、統治する米国は1947年から占領地域統治救済資金であるガリオア援助資金を投じてこれに充てた。  

与那原町議会 2015-09-30 09月30日-07号

戦後は、日本サンフランシスコ講和条約によって主権を回復する一方、沖縄本土から切り離され、27年間も米軍占領統治下に置かれ、人権尊厳も踏みにじられてきた。米軍戦争中に、住民たち収容所に囲い込んでいる間に、県民土地を強制接収して基地をつくり、その後も「銃剣ブルドーザー」によって県民土地を強奪し、基地を拡張してきた。

西原町議会 2015-09-25 09月25日-07号

戦後は、日本サンフランシスコ講和条約によって主権を回復する一方、沖縄本土から切り離され、27年間も米軍占領統治下に置かれ、人権尊厳も踏みにじられてきた。米軍戦争中に、住民収容所に囲い込んでいる間に、県民土地を強制接収して基地をつくり、その後も「銃剣ブルドーザー」によって県民土地を強奪し基地を拡張してきた。

沖縄市議会 2014-10-16 10月16日-08号

そして、この沖縄市においても米軍占領統治下の強制土地接収による影響もあって、自治会組織再建がおくれました。そのため、現在も活動拠点となる自治会公民館事務所にまつわる課題を抱えております。今、照屋公民館、本員の住んでいる照屋公民館なのですけれども、やはりいろんな災害があったときに、真っ先に避難する場所でもあります。

那覇市議会 2014-09-30 平成 26年(2014年) 9月定例会-09月30日-付録

見解│ │ │       │       │  を問う                 │ │ │       │       │(2) 地上戦によって焼け野原となった那覇市は│ │ │       │       │  、米軍占領統治下の強制土地接収による影響│ │ │       │       │  もあって、自治会組織再建が遅れた。

那覇市議会 2014-09-17 平成 26年(2014年) 9月定例会-09月17日-06号

地上戦によって焼け野原となった私たち那覇市は、米軍占領統治下の強制土地接収による影響もあって、自治会組織再建が遅れました。  そのため、現在も活動拠点となる自治会公民館事務所にまつわる課題を抱えております。一括交付金の活用を含めた対策が必要だと考えますが、見解を求めます。 ○安慶田光男 議長   島田聡子市民文化部長。 ◎島田聡子 市民文化部長   お答えをいたします。  

那覇市議会 2010-01-13 平成 22年(2010年) 1月臨時会−01月13日-02号

そういう都市が、仮に無防備宣言を行い、ある意味で無条件降伏という形で無防備であったからといって、これは仮にでございますが、侵略軍が来たとして避けて通ってくれる保証はどこにもなく、かえって占領統治された後、侵略国軍事的拠点として敵国の軍事活動に利用されるのがおちであり、侵略国戦略統治下において、那覇市民及び住民基本的人権日本国憲法並みに保障される保証は当然の如くございません。  

糸満市議会 2009-03-25 03月25日-09号

日本は太平洋戦争、つまり第二次世界大戦で敗北をし、米国占領統治下に置かれ米軍の訓練を受けて警察予備隊保安隊と受け継いで、1954年7月に憲法平和原則を踏みにじり自衛隊法が施行されました。1960年には日米安保条約の制定以来、自衛隊制服組国会の審議もしない中でひそかに有事立法を成立させるための三矢研究が1965年の国会で暴露され、その衝撃は大きく防衛庁は関係者26名を処分したのであります。

名護市議会 2004-06-15 06月29日-05号

これは戦後のアメリカの占領統治が27年間続いた沖縄の歴史的な特殊事情本土より認可保育所の整備が遅れたことによると言われております。逆に言えば沖縄保育事情を今日(こんにち)まで認可外保育園が支えてきたと言えると思います。公明党もそうしたことを踏まえ政府に対して特段の配慮を強く求めているところであります。

糸満市議会 2003-12-18 12月18日-04号

「ウィー・ガット・ヒム(彼を捕まえた)」イラク占領統治する米国主導連合軍暫定当局、CPAのブレマー行政官は去る14日、緊急記者会見の冒頭でこう宣言しました。衝撃的な発表で全世界がテレビの前にくぎづけになりました。フセイン元イラク大統領が拘束されたのであります。長期間にわたっての逃亡生活で頭髪、ひげは伸び放題、かつての威厳を持った姿とは、全く似ても似つかぬ変わり果はてた姿でありました。

那覇市議会 2003-12-08 平成 15年(2003年)12月定例会−12月08日-02号

また、現在のイラク占領統治状況は、米英軍中心でありますが、あくまでも世界国々がまとまった形の国連中心主義でなされるべきものであって、したがいまして、現在の状況下においてのイラクへの自衛隊派遣を行うことには否定的に考えざるを得ません。  次に、新庁舎建設について、お答えをいたします。  

  • 1