110件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-10-04 令和 01年(2019年) 9月定例会−10月04日-付録

県内│ │ │       │       │ではまず、台風、それに伴うゲリラ豪雨、また土│ │ │       │       │砂崩れ、そして南西諸島に延びる南海トラフでい│ │ │       │       │つ発生するかわからない巨大地震、それに伴う巨│ │ │       │       │大津波

那覇市議会 2019-09-06 令和 01年(2019年) 9月定例会−09月06日-02号

県内ではまず台風、それに伴うゲリラ豪雨、また土砂崩れ、そして南西諸島に延びる南海トラフでいつ発生するかわからない巨大地震、また、それに伴う巨大津波などの自然災害、そして我々の身近で発生する人災など、9月は災害に対する危機意識を高めるためにも、防災について深く考えてみたいと思っております。  先日、マスコミ報道で「国際通り初、屋外プール」の見出しがありました、興味深く読みました。

那覇市議会 2019-07-01 令和 01年(2019年) 6月定例会−07月01日-付録

外国軍用機による多数回にわたる南西諸島周辺に極めて接近するイレギュラーな飛行、領空侵犯は平和を切望し基地問題解決に取り組む沖縄県民の気持ちを逆なでする行為である。  玉城デニー知事におかれては、6月5日に訪露するなどロシアとの関係強化に努められた。しかし、本事案で知事の訪露の成果を損なうことに繋がるのは間違いないところだ。  

那覇市議会 2019-07-01 令和 01年(2019年) 6月定例会-07月01日-09号

外国軍用機による多数回にわたる南西諸島周辺に極めて接近するイレギュラーな飛行、領空侵犯は平和を切望し基地問題解決に取り組む沖縄県民の気持ちを逆なでする行為である。  玉城デニー知事におかれては、6月5日に訪露するなどロシアとの関係強化に努められた。  しかし、本事案で知事の訪露の成果を損なうことにつながるのは間違いないところだ。  

宮古島市議会 2019-03-27 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月27日−09号

はっきりしてきたことは、アメリカを守るため、中国を封じ込める南西諸島宮古島、石垣、与那国、奄美に配備された陸上自衛隊の実戦部隊がその役割を担うことです。集団的自衛権の行使が可能になったもとで指揮するのは米軍です。攻撃を命じられ、ミサイルを発射する、そこから戦争が始まり、真っ先に犠牲になるのが南西諸島の島々の人々です。自衛隊も当然犠牲になります。

那覇市議会 2019-02-22 平成 31年(2019年) 2月定例会-02月22日-06号

(モニター使用)  それで、今回テーマは南西諸島巨大地震が発生し得るかということを、こちらからテーマをお願いして、それでプレゼンをいただきました。  次、お願いします。        (モニター使用)  これは過去に発生した大地震八重山です。明和の大津波。ただ、データがやっぱり足りないということで、結論がなかなか出てないというところはあるみたいです。  次です。        

名護市議会 2018-12-21 平成30年第193回名護市定例会-12月21日−09号

沖縄県民は日本国民ではないと言っていて、しかも旧態依然の、かつてソ連仮想敵国とした日本防衛体制がありましたけれども、今度は中国仮想敵国にして、南西諸島が抑止力の防衛線だみたいなことを平気で言ってのける。つまり今まで、普天間基地危険性を除去するためには、辺野古が唯一だということを言っていましたけれども、今回はそうではないのです。

宮古島市議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会(第8回)-12月14日−05号

南西諸島島嶼防衛に運用するとも新聞報道で言われています。米軍の戦闘機が着艦することもあると言っています。   そこで伺います。新たな防衛大綱の見直しで、ステルス戦闘機F35Bの導入計画をしています。多用途運用母艦と呼ばれる、その「いずも」なんですけども、その導入計画もされ、宮古島市を含む南西諸島小笠原諸島などの島嶼防衛で米軍と一体となった活用が見込まれます。それに対する市長の見解を求めます。

宮古島市議会 2018-09-21 平成30年  9月 定例会(第6回)-09月21日−08号

陳情書第14号、南西諸島への警備部隊配備方針を撤回し、宮古島への新たな軍備の増強に反対する陳情、不採択とすべきもの。   採択の理由。陳情書第9号については、「議員年金が廃止された平成23年度以降も、当時加入していた議員への支給は1兆円を超え公的負担で続いている。国民にとっては負担が大きいので反対」との反対意見と、「旧地方議会議員年金の復活ではなく、厚生年金参加することを求めている。

宮古島市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会(第6回)-09月12日−04号

台湾への疎開につきましては、太平洋戦争末期における宮古島から台湾への疎開日本政府の緊急閣議によって南西諸島から老幼婦女子を疎開させることを決定して実施されたようでございます。市としましては、来年3月の下地島空港開港に伴いまして、台湾との交流がさらに促進されるというふうに考えております。

宮古島市議会 2018-06-25 平成30年  6月 定例会(第5回)-06月25日−06号

ですから、今市長にお聞きしたいのは、こういったいろんな東アジアの状況あるいは世界の状況を鑑みて、その上で防衛大綱に示されているように、南西諸島島嶼防衛、これを国が打ち出しておりますけれども、その政策の一環として宮古島にも自衛隊が配備されようとしておりますけれども、今この直面する東アジア危機において、市長はどのような考え方を持っているのか、あるいは感想を持っているのか。

宮古島市議会 2018-06-22 平成30年  6月 定例会(第5回)-06月22日−05号

宮古島への陸上自衛隊の配備については、現在の国際情勢を踏まえ、広大な南西諸島地域の空白地帯を埋めるための配備であると説明を受けております。将来においても国際情勢等を勘案し、防衛省がその時々といいますか、その必要性について検討をしていくものと理解をしておるところでございます。

宮古島市議会 2018-03-26 平成30年  3月 定例会(第3回)-03月26日−09号

それから、必要最小限度の自衛権の行使とおっしゃいますけども、この南西諸島自衛隊配備は、アメリカの要求に基づいて南西諸島の要するに自衛隊、これを配備を進めているものです。宮古島石垣島が要するに戦場になることを想定しているんですね。それを裏づけるように、2017年の予算には南西諸島における……                  (議員の声あり) ○議長(佐久本洋介君)   静かにしてください。

宮古島市議会 2017-09-27 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月27日−08号

南西諸島の問題は軍事対応の強化で緊張を高めるのではなく、冷静な話し合いと交流で信頼関係を高めていく努力を強めるべきです。クルーズ船観光客が急速に伸びる中、重要拠点港にもなったと誇らしく市長はおっしゃいます。そんな中で、ミサイルを構えるのは間違っていると思います。   次に移ります。

宮古島市議会 2017-09-26 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月26日−07号

一番いいのは緩衝地帯として武力を持たない、あるいは武力を行使できる状況にないような地域として南西諸島があればですね、一番平和が実現できる、中国とも対話ができる、こういう条件が兼ね備えられるという意味で抑止力についての考え方が市長とは全く違うということを確認できたわけです。   それから、一番大事な点、教育委員会の用地選定委員というのはどういう基準で誰か選んだか、その1点答えてください。

宮古島市議会 2017-09-22 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月22日−05号

◆石嶺香織君    ミサイル基地建設について、自衛隊基地の日米共同使用について、8月17日に外務省が発表した日米安全保障協議委員会共同発表の日本における米軍のプレゼンス、その他の事項の中で、閣僚は相互運用性及び抑止力を強化し、地元とのより強い関係を構築するとともに、日本南西諸島におけるものも含め、自衛隊の態勢を強化するために日米両政府が共同使用を促進することを再確認したとあります。

恩納村議会 2017-09-19 平成29年  9月 定例会(第6回)-09月19日−03号

質問のあった昨年起こった被害でございますけれども、過去最大規模と言われる白化現象によって、先ほど議員からもご説明がございましたけれども、南西諸島石西礁湖においては、また世界的にもグレートバリアリーフ、そこでも多くのサンゴの白化が被害を受けている状況でございます。  

宮古島市議会 2017-06-21 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月21日−06号

〃 第26    〃 第30号 宮古島への自衛隊配備を容認せず、計画中止を求める陳情書                                         (  〃  ) 〃 第27    〃 第31号 宮古島への自衛隊配備を容認せず、計画中止を求める陳情書                                         (  〃  ) 〃 第28    〃 第32号 南西諸島

宮古島市議会 2017-06-19 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月19日−05号

市長は、3月定例会でオスプレイの運用を承認するかということですが、宮古島における離島奪還訓練やオスプレイを宮古島で運用するとの情報や説明は聞いたことがありませんと答弁していますが、昨年10月18日の防衛省による住民説明会で配られた資料には、南西諸島防衛体制としてV―22、オスプレイの導入、17機と書かれ、オスプレイのイラストが南西諸島に機動展開という言葉とともに描かれています。