8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

与那原町議会 2019-06-13 06月13日-04号

嫁の実家は会場から3分ですと、北海道出身の方が来て、こういう温かいものもあります。うちも今回、実行委員会を立ち上げまして、次郎工業会長会長になってもらいましたので、これからも続けていきたいと思います。それでは①昨年、第1回目の兄弟小節大会が開かれたが、町としての評価はどうか伺う。 ◎生涯学習振興課長新垣政孝)  議員の皆様おはようございます。それではただいまの質問にお答えいたします。

宮古島市議会 2016-09-23 09月23日-05号

県の離島を抱える自治体で構成されております離島市町村会議員研修でもですね、一昨年ですかね、自治会館北海道出身観光カリスマ先生を迎えてですね、地消地産観光振興に成果を上げている地域を紹介しておりました。当局はこの地消地産ということをどう現在考えているのか、お聞きしたいなと思っております。  2点目に、地域おこし事業について、モリンガについてですね、お伺いしたいと思います。

西原町議会 2010-03-23 03月23日-06号

北海道出身で3級隊兵士として沖縄戦に参加し、今なお戦友の遺骨収集にかかわっている南ヨシオさんは手記で次のように述べています。「外地ならいざ知らず、わが国の本土(沖縄)に戦後30有余年を過ぎ去った今日、遺骨が残されていることはまことに残念に思い、国の無責任を憎むものの1人である。赤紙1枚の召集令状により、あるいは一銭五厘のはがき1枚で軍隊へと駆り出された。

石垣市議会 2007-03-22 03月22日-05号

◆13番(上門孝子君) この日豪経済連携協定の問題については、開会中の参議院予算委員会でも数名の参議院議員が取り上げておりましたが、中でも北海道出身参議院議員が取り上げておりましたことが、仮にこのEPAが締結された場合、北海道は全体で単年度で1兆3,000億円のマイナスになり、結果として北海道は100年前の開拓時代のあの荒野原になるだろうということを切実に訴えておりました。

糸満市議会 2001-09-14 09月14日-02号

北海道出身の生き残りの一人の兵士が建設中に250ドルの寄附をして下さいましたことは事実でありますが、塔の名前を南北の塔に決めたのは区民であるそうであります。塔の名称は初めは、北から南までの方々が納骨されているから北南の塔としましたが、石材屋さんに行きそのことを告げると、石材屋さんが、南北の塔の方が読みやすい、言いやすいということで、南北の塔に決めたということであります。

  • 1