1015件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮古島市議会 2019-03-28 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月28日−10号

本年度は、本当に自然災害、広島の豪雨等も含めてですね、北海道の胆振東部地震ですか、北海道で初めて観測史上マグニチュード7の地震がありました。そういう意味では、私はこの予算というのは生き物だと思うんですよね。ですから、今定例会においても我々404億3,500万円の予算ということで過去最大ということで、議員の指摘もありました。こういう指摘がありました。

宮古島市議会 2019-03-25 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月25日−07号

あと、北海道のほうにも1頭いますよね。この44頭の中には島外に出ている3頭はカウントされているのかという確認だけお願いします。 ◎生涯学習部長(下地明君)   馬の頭数についてであります。北海道のほうに渡った頭数は、入ってはおりません。そして、八重瀬のほうに渡った頭数は、現在の44頭の中に入っております。

石垣市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月21日−06号

また、うちの会派のほうで北海道旭川空港、先月国際ターミナルが新規に開港した国際ターミナル、ここを開港前の大変忙しい中、CIT施設の立ち入り制限区域までくまなく見させていただきました。その中で、現在北海道では旭川空港新千歳空港を含む7つの空港、国管理、地方管理の空港が7つ全て一括して民間委託という方向に向かっています。  ことし、建設土木委員会仙台空港を視察させていただきました。

石垣市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月20日−05号

調べによりますと、北海道東川町というところで、2015年にやっております。ここは、少子化といろんな要件から一時6,000人台まで落ち込んだ人口が、写真のまち、また、国際交流を通したまちづくり、日本語学校に関する交流を含めて、現在8,000人まで回復をして、北海道で2番目で人口増加率の高い自治体となっているようです。  観光に来る外国人の皆さんは、町ではなかなかお金を使わない。

糸満市議会 2018-12-18 平成30年第7回糸満市議会定例会会議録-12月18日−07号

北海道では台風21号が去った後に、北海道胆振東部地震自然災害が立て続けに起こり、甚大な被害が多く上がってきています。お亡くなりになられた方々の御冥福を祈り、またけがや家屋の損壊、半壊をなされた方々にお見舞いを申し上げます。国は被災自治体へ復旧支援を加速させ、一日も早く日常生活が送れるよう支援をお願いいたします。

石垣市議会 2018-12-18 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月18日−03号

北海道から初め、ほかの地域自衛隊が配備され、そこで日本安全保障を守ってきたわけでありまして、今後、情勢が変わってきたから石垣島を含めて南西諸島で負担してくれと言われたら、いや、私たちは負担したくないと、これはもらうとこだけもらっといて負担するところは嫌だと言うのであれば、この考え方でいくんだったら、いつまでたっても沖縄から「米軍基地本土負担、お願いします」ということは通らないですよ。  

名護市議会 2018-12-18 平成30年第193回名護市定例会-12月18日−08号

◆金城隆議員 投手棟、捕手棟側の屋根の件ですが、膜屋根ということになっていますが、これは次期工事ではあるのですが、現在の投球練習場は、北海道日本ハムファイターズから、反射して非常に使いにくいという、投手のボールが見えにくいという、キャッチャーからの苦言もありましたけれども、それについては、色といいますか、その辺は北海道日本ハムファイターズと調整されたことがあるのかどうか。

うるま市議会 2018-12-18 平成30年12月第129回定例会-12月18日−09号

◆9番(平良榮順議員) では、このポルトガルガキの養殖については2013年に県外の研究機関が、沖縄市泡瀬においてアンギュラータ、いわゆるポルトガルガキの確認の論文報告があり、株式会社バイオジェットや北海道食品産業議会技術顧問が2015年度から本島北部、中部地区でカキの生息調査を行い、採取した個体を遺伝子解析したところ、アンギュラータを含む5種類を確認しております。

糸満市議会 2018-12-17 平成30年第7回糸満市議会定例会会議録-12月17日−06号

大阪北部の地震西日本豪雨、北海道地震など、相次いだ災害などが選定の理由に挙がったようであります。対岸の火事とせず、これからの災害対策で必要なものは、減災の視点だといわれます。災害は起こるものとして計画を立て、被害を減らすリスク管理が必要です。本市においても防災減災に対するさらなる対策を図ってもらいたいと思います。では、質問に入ります。  件名1、道路行政について。

石垣市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月17日−02号

12月の13日に北海道の倶知安町議会が、民泊を含む宿泊施設に対し、宿泊税ですか、その条例を可決してあるんです。この倶知安町というのは、ニセコといってリゾートつきのリゾート地域なんですけど、そこでこういうことを可決したと。総務省と協議の後に来年11月の導入を目指すという結果が出ているんですが、ぜひともこれをやっていただきたいなと。

うるま市議会 2018-12-17 平成30年12月第129回定例会-12月17日−08号

この誘蛾灯がですね、全国、北海道九州にまで販売実績があると。これまでに3,000基販売実績があるということで、県も非常に注目しているところであるということで、新聞に載っていましたがね、先月の新聞に。この誘蛾灯という、エコ虫トラップと言いますね、それが宮古島では平成6年から使われていると。それを設置することに、このいろいろな害虫がこれで駆除されるということで、非常に評判がいいようであります。

名護市議会 2018-12-14 平成30年第193回名護市定例会-12月14日−06号

要旨の(2)今年の3月、去る9月議会でも質問させていただきましたシークヮーサー笑費隊のご活躍で、友好親善都市であります北海道滝川市学校給食に名護市産のシークヮーサーを使用したシークヮーサーゼリーがメニューとして提供されております。それを踏まえて、名護市の学校給食滝川市の特産品を活用すべきと質問させていただきましたが、その後の取り組み状況について答弁を求めます。質問事項の2 農業振興について。

名護市議会 2018-12-13 平成30年第193回名護市定例会-12月13日−05号

当該事業の展開として、北海道日本ハムファイターズのキャンプ支援や、今年度、増設を予定しているまちなか多言語看板の設置、中心市街地のWi−Fi整備事業などを進めておりますので、まずは現在実施中の事業の効果測定等をしっかり行ってまいりたいと考えております。 ○大城秀樹議長 宮里尚議員。 ◆宮里尚議員 あと1点質問させてください。

うるま市議会 2018-12-13 平成30年12月第129回定例会-12月13日−06号

また、年に5回程度スクーリングで沖縄伊計本校に全国から北は北海道、南は石垣まで多くの生徒が来ています。昨年は371人、ことしは既にスクーリングが3回実施され290人が来校されています。年明けにもスクーリングが2回実施され226人が来校予定です。生徒数は年々増加しており、2018年9月時点で7,042人でスクーリングで沖縄伊計本校に参加する生徒数も年々増加しています。

名護市議会 2018-12-11 平成30年第193回名護市定例会-12月11日−03号

今では北海道から沖縄まで、全国各地に広がっております。ことしの6月に尾道市で開催された全日本花いっぱい連盟総会にて、平成32年度に名護市で「第60回全日本花いっぱい大会」を市制50周年事業として開催することが決定いたしました。本市は平成12年1月に「第42回花いっぱい大会」を開催しておりますので、本市での同大会の開催はこれで2回目となります。

西原町議会 2018-10-16 平成30年  9月 定例会(第5回)-10月16日−06号

まず1ブロック北海道で1人当たり4万5,000円、それから2ブロックといたしまして東北地区、青森県秋田県山形県岩手県宮城県新潟県福島県が4万円でございます。そして3ブロックとしまして関東東京都神奈川県埼玉県千葉県栃木県茨城県群馬県山梨県長野県静岡県富山県福井県石川県愛知県岐阜県三重県が3万5,000円となっております。

沖縄市議会 2018-10-15 第398回 沖縄市議会定例会-10月15日−07号

ただ、今言ったように無作為に、例えば1,000人なら1,000人を無作為に抽出して、投票に行きましたか、行かなかったかという理由づけでいろんなものに反映していくというアンケートの仕方は、実際県外の北海道北見市でしたか、そこが実際そういうランダムに1,000人を抽出して調査アンケートを行っている自治体があります。