44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

恩納村議会 2024-09-20 09月20日-05号

公益財団法人どうぶつ基金が行っている、TNRさくらねこ無料不妊手術事業」で、飼い主のいない猫を地域ボランティア団体が捕まえて、どうぶつ基金が指定している動物病院不妊去勢手術行い元の場所へ戻す事業で、そのための捕獲器購入費であるとの説明でした。 7款、商工費観光費、万座毛駐車場観光客等安全対策警備委託料について。 

宜野座村議会 2020-12-12 12月12日-03号

それから、外国人の方は狂犬病注射とかは動物病院で行うことがございますが、その場合、接種票というのがあるのですが、動物病院からそれを飼養者に交付するということで案内をしていただいて、登録につなげるということを行っております。 ○議長石川幹也) 仲間信之議員。 ◆1番(仲間信之) 課長、ありがとうございます。今のお話しのように、登録されている26頭、うち大型犬9頭を把握していると。

うるま市議会 2020-03-10 03月10日-05号

専用の読み取り機は、全国の動物愛護センター保健所、一部の動物病院警察など、動物が保護される可能性のある施設に配備されており、マイクロチップ番号読み取りが行われます。なお、当該法律において、マイクロチップ装着についての罰則規定は定められておらず、また個人についての強制力もございません。 ○議長幸地政和) 荻堂盛仁議員

豊見城市議会 2019-12-12 12月12日-04号

また、捕獲するまでに猫が人になれる必要があるとのことで、連日の餌やりボランティアから、捕獲した猫を翌日動物病院へ搬送、不妊去勢手術を終えた後の迎え、リリース、雌に至っては1日休ませる必要があるとのことで、ボランティアのお宅で預かっていただいていることなど、それらの行程全てをボランティア担当職員が一緒になり、TNR活動が成り立っていることに感銘を受け、本当に頭が下がりました。

那覇市議会 2019-09-26 令和 01年(2019年) 9月26日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月26日-01号

本課の歳入は、環境衛生課窓口及び協力をいただいている動物病院で徴収する、犬の登録狂犬病予防注射、犬、ねこ引き取り等保健衛生手数料等になっております。  予算現額が522万1,000円に対して、調定収入額ともに531万8,870円で9万7,870円の増。収入率は、101.9%となっております。  

豊見城市議会 2019-06-20 06月20日-04号

次に、動物病院及びボランティア活動団体の受け入れについてですが、現在、本市内には動物病院が6カ所あることを確認しておりますので、今後、災害時における連携方法について検討してまいりたいと考えております。 ◆4番(伊敷光寿議員) -再質問- 前向きな答弁に感謝します。今後、市内動物病院意見も交えながら、防災時に備えられるよう取り組んでいきたいと思います。 

沖縄市議会 2019-03-26 03月26日-10号

紹介議員への主な質疑内容として、本請願は具体的に行政に何を求めるものなのかとの質疑に対し、公益財団法人どうぶつ基金が発行するチケットを使い、同基金が指定する動物病院において、無料で猫の不妊手術ができるさくらねこTNRという事業があり、チケット申請枠には個人枠行政枠があり、この行政枠沖縄市から申請をしてチケットを取得し、配布してもらいたいという旨の請願であるとの答弁がありました。 

嘉手納町議会 2019-03-06 03月06日-03号

上地康夫産業環境課長  96ページ、97ページ、4款1項4目環境衛生費飼い犬登録業務等委託料に関してですが、現状といたしまして、毎年集団予防接種というのを同日ですけれども役場と、あと社協で行っておりますけれども、実際その集団予防接種に来られていない方も一部おりまして、その方々は動物病院予防注射を受けている現状でございます。

石垣市議会 2018-12-19 12月19日-04号

本市の普及の取り組みとして、狂犬病予防接種につきましては、沖縄獣医師会協力もと6月に集中実施する集合注射と、各動物病院年間を通して個別に行われる個別注射の2つの方法により実施しております。 犬の放し飼い苦情につきましては、八重山保健所と連携し、条例遵守及び適正飼育についての指導を行っております。また必要に応じて注意を促す看板も設置しております。

石垣市議会 2018-12-17 12月17日-02号

本市における狂犬病予防接種は、沖縄獣医師会協力もと、6月に集中実施する集合注射と、各動物病院年間を通して個別に行われる個別注射により実施されております。 犬の放し飼い苦情につきましては、八重山保健所と連携し、条例遵守及び適正飼育について指導を行っております。また、必要に応じて注意を促す看板等も設置しております。 

那覇市議会 2018-09-26 平成 30年(2018年) 9月26日建設常任委員会(建設分科会)-09月26日-01号

本課の歳入は、環境衛生課窓口及び動物病院で徴収する犬の登録狂犬病予防注射、引き取り等の保健衛生手数料になります。予算額539万円に対し、調定額収入額とも525万2,580円となっており、収入率は97.5%となっております。狂犬病予防法により、犬の飼い主さんには生涯1回の飼い主登録が義務づけられておりますが、登録につきましては、年々減少傾向にあり歳入減となっております。  

那覇市議会 2018-09-14 平成 30年(2018年) 9月定例会-09月14日-07号

この方は自己負担動物病院に連れていって、ただもう自分の生活も、費用もありますし、高額な治療費が出て、大変もうこういうのは痛ましいということで、そういった声もありますので、そういう何か、殺処分ゼロが実現できれば、こういったホットラインみたいなのも可能性としてあるんじゃないかというようなことがありますので、これを提案をしていきたいと思います。  

うるま市議会 2018-09-11 09月11日-09号

また、犬の登録狂犬病予防注射は、協力動物病院で受けることができるため、軍人を含めた外国人飼い主は、この方法登録されている方もおります。 それから、外国人向けの住宅を取り扱う不動産業者によると、居住者に対しては、英字パンフレットによる登録狂犬病予防注射などの注意喚起を行っているとのことです。 ○議長大屋政善) 又吉 法尚議員。 ◆4番(又吉法議員) ありがとうございます。どんどんいきます。

北谷町議会 2018-06-20 06月20日-05号

議員がおっしゃるように砂辺地区で近年、猫の不審死等が頻発しておりますが、去る4月末にそういった不審死をそういった動物愛護団体のほうで、動物病院に運んで見てもらったら、これは虐待死によるものだろうということで、そういったことを受けて、本町では県の動物愛護管理センターと町内の動物愛護団体、そして沖縄警察署、それから本町関係各課が集まって、情報共有と今後の対策について会議を開いております。

南城市議会 2018-03-26 03月26日-06号

ペットショップの中でも動物病院許容範囲ではないか、ペット火葬場はどうするのかなど、都市計画審議会意見をもって承認していくという答弁がありました。 判断の基準は明確にされているのかの質疑があり、担当課より、県との協議の中でペット関連施設について事例等も踏まえて検討しているという答弁がありました。 

北谷町議会 2018-03-20 03月20日-06号

まずは先ほど言った行政枠チケットにつきましては、当初月10頭ほどからスタートしたいということで考えておりまして、ただ県内で、この無料チケットが使える動物病院が1か所しかないということがございますので、そこはまたそことの状況も見ながら、券が使える、枚数を増やすことについては検討していきたいということで考えております。 

北谷町議会 2018-03-19 03月19日-05号

月10枚というのもですね、県内においてその無料手術が行える動物病院が那覇市のほうに1か所しかないということで、そこについてもまた、北谷町だけではなく県内全域からそういった診療される方もいると思いますので、本町としては、10枚が限度かなあということで、そういったことで考えております。以上です。 ○田場健儀議長  12番 宮里歩議員

糸満市議会 2018-03-14 03月14日-03号

実際にボランティア人たちがやっていますが、個人で行えば、これは動物病院等で二、三万円ほどかかるそうですが、公益財団法人どうぶつ基金を利用すれば、これは無料でできるそうです。ただそれにはチケットが必要で、ボランティア人たち個人では1回に数枚程度しか手に入らないそうですが、行政が申し込めば行政枠というのは1回で50枚ほど入手できるそうです。

うるま市議会 2017-12-12 12月12日-04号

応募当選については期ごとに抽選が行われ、当選者へのみ通知されるものとなっており、当選者は基本的に同法人の会員である協力動物病院において所定の期間内に飼養している犬・猫の手術を受けることとなっております。 4点目の飼い猫の登録等を規定する条例については、議員から御案内のとおり沖縄県では国頭村や竹富町のほか東村、大宜味村において制定されております。