3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

那覇市議会 2016-10-07 平成 28年(2016年) 9月定例会−10月07日-10号

3 沖縄県独自の「少人数学級」の加減条件を「25人以上」から引き下げること。  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。  平成28年(2016年)10月7日。  那覇市議会。  なお、あて先は、衆議院議長参議院議長内閣総理大臣総務大臣財務大臣文部科学大臣沖縄及び北方対策担当大臣沖縄県知事沖縄教育委員会教育長。  以上のとおりでございます。  

那覇市議会 2016-10-07 平成 28年(2016年) 9月定例会-10月07日-付録

記 1 教職員定数法の改善および早期の「30人以下学級」の早期完全実現を行うこと 2 沖縄県独自の「少人数学級施策として、現在の小学1・2年生での「30人以下学級」、小学3年生、中学1年生における「35人以下学級」枠の拡充を行うこと 3 沖縄県独自の「少人数学級」の加減条件を「25人以上」から引き下げること  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。    

那覇市議会 2016-09-30 平成 28年(2016年) 9月30日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-09月30日-01号

一、県独自の「少人数学級」の加減条件25名以上」を引き下げることを県に要請すること。  この3点につきまして要請がなされておりますが、先の状況を踏まえ、これまで沖縄市町村教育委員会連合会をとおして沖縄県知事沖縄教育長へ、文教施策とその予算措置に関する要請を出し、県費関連事項国庫関連事項としてそれぞれ学級編成基準の見直し、小中学校全学年への拡充を要望しているところです。以上であります。

  • 1