3552件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮古島市議会 2019-03-28 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月28日−10号

高さ制限につきましては、景観計画における農地集落景観ゾーンでは12メートル以下、海岸地域景観ゾーンでは7メートル以下という基準を設けております。2種類のゾーンで規定する高さを超えるものについては、景観基準で別途設けるただし書きの内容に適合すると判断された場合は、建築に係る適正な通知を行っております。

宮古島市議会 2019-03-26 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月26日−08号

例えば窓口で離島割カードをつくる際に告知したり、航空チケットを購入する際に告知したりと、またこの事業は県の事業なので、それ私は市の単独事業として12歳以上18歳未満までの子供たちに年間何回と回数制限を設けてできたらとてもいいと思います。先ほどの質問したアレルギーの負荷検査とか、いろんな受験やオープンキャンパスでも使えます。

宮古島市議会 2019-03-25 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月25日−07号

教育部長(下地信男君)   学校に設置するクーラーの耐用年数、これ処分制限期間として文部科学省である一定の基準が定められておりまして、クーラー、暖房機については6年という定めがございます。 ◆友利光徳君    ちょっと南城市と豊見城市のほうに確認をしたんだけども、いわゆる財産の処分ができる年数というのはありますか。これは、通告外じゃなくて大丈夫だよね。

宮古島市議会 2019-03-19 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月19日−05号

なお、議会運営に関する申し合わせ事項により、質問の1人持ち時間は、いずれの質問方式も、答弁を含め、質問者及び答弁者の移動時間は除いて60分以内、質問回数は、一括質問方式については3回以内、一括質問・再質問から一問一答方式及び一問一答方式については回数の制限は設けないこととなっております。   それでは、通告順に従いまして順次質問の発言を許します。

宮古島市議会 2019-03-06 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月06日−03号

そして、その10万2,000円を根拠にいろいろ協議しておりますが、それを5万円以上とした根拠としましては、一般的な喫茶店、カフェとは違い、営業時間は図書館が開館しているとき、それと提供される飲食物及び火気の使用禁止などの制限も設ける予定をしております。例えばアルコール類の提供、そして刺激の強い献立、そしてガスの使用禁止、そういった制限があるため、今回は5万円以上としております。

宮古島市議会 2019-03-01 平成31年  3月 定例会 資料-一般質問通告書

あるいは、一方通行に  して車両を制限する。または、旅客機が  着陸する時間帯だけ制限する等の処置が  必要だと思いますが、当局の見解をお伺  いいたします。 1.市長が施政方針でも述べられたスポー  ツアイランドのさらなる推進のためにも  宮古島スポーツ施設の充実に努めてい  ただきたい。

石垣市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月21日−06号

また、うちの会派のほうで北海道旭川空港、先月国際ターミナルが新規に開港した国際ターミナル、ここを開港前の大変忙しい中、CIT施設の立ち入り制限区域までくまなく見させていただきました。その中で、現在北海道では旭川空港新千歳空港を含む7つの空港、国管理、地方管理の空港が7つ全て一括して民間委託という方向に向かっています。  ことし、建設土木委員会仙台空港を視察させていただきました。

名護市議会 2018-12-21 平成30年第193回名護市定例会-12月21日−09号

先日来、沖縄タイムス、琉球新報にも報道されている、いわゆる国の高さ制限の問題です。358件の高さ抵触認識があるというもの、これはいつ調査したと思いますか。2011年、7年前にこれがやられていた。どういうことか。高さ制限というのは、飛行場を造るためにそれ以上のものをこの周囲に造ってはいけないということでやられている、アメリカの統一基準なのです。

沖縄市議会 2018-12-20 第399回 沖縄市議会定例会-12月20日−07号

そして質疑として、今回の県民投票条例に基づく投票運動、投票を促進するための運動という部分は、どのような法令で規制等がされるのか、公職選挙法が該当するのか、それとも無制限に、政治活動だったら何でも宣伝カーも何十台、何百台導入してもいいとか、そういう部分のどういう投票行動ができるのかというのをお聞かせいただきたいと思います。 ○小浜守勝議長 沖縄市長。

石垣市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月20日−05号

就労時間の制限につきましては、日本語学校の生徒の場合は、1日4時間、週28時間以内とされているので、資格外活動許可の範囲内で就労することが可能となります。以上のことから、人手不足解消の一つとして可能性が考えられます。 ○議長(平良秀之君) 当局の答弁は終わりました。引き続き、石垣 亨君の再質問を許します。石垣 亨君。

うるま市議会 2018-12-20 平成30年12月第129回定例会-12月20日−10号

初めに、陳情第1号 すべての沖縄の子どもたちの健やかな成長のためにこども医療費助成制度の拡充を求める陳情書については、国に対して「こども医療費助成制度を現物給付にした市町村に対する国民健康保険国庫補助金の削減をすべて廃止すること」、「国の制度として中学校卒業まで、医療費無料制度を早期に実現すること」、また、県に対しては「国の制度化が実現するまで、県の制度として、中学校卒業まで、所得制限なし、一部負担

石垣市議会 2018-12-19 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月19日−04号

今後、県立八重山病院開院後に周辺で不発弾が発見された場合、不発弾処理による病院からの患者等の移動や立ち入り制限を余儀なくされ、安全の確保や郡内医療体制の維持が保たれなくなる状態が危惧されます。このような状況を鑑みて、平成27年4月27日、石垣市議会から沖縄県議会へ、旧石垣空港跡地全域の磁気探査を沖縄県において早急に実施していただくよう要請がなさてれております。  

糸満市議会 2018-12-18 平成30年第7回糸満市議会定例会会議録-12月18日−07号

受講対象者はどのようなものかということだと思いますけれども、受講対象については日本防災士機構によりますと、年齢制限は設けていないということでございます。ただ研修内容が基本的に成人を想定していること。それと試験があること。また救急救命講習があること。それとあわせて防災士に期待される一般的な社会的役割、そういったものを考えると、中学生以上が望ましいのではないかとされております。

石垣市議会 2018-12-18 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月18日−03号

勉強不足でナイトメイヤーがどういう位置づけか、法令的なものなのか、任意的なものなのか、そのメイヤーによって権力、あるいは制限する力が公法上あるのかどうか、非常に私ども、まだそこの内容の承知をいたしておりません。  そこで、ご提言でございますので、私たちも戦略的に今後の夜の経済活動においての石垣市のスタイルがどういう形になるのか、そこについては町内で調査をし、意見交換をしてまいりたいと考えます。

名護市議会 2018-12-18 平成30年第193回名護市定例会-12月18日−08号

それから県民投票には公職選挙法制限はないのかどうか。これで適正な投票ができるのか、質疑をさせていただきます。 ○大城秀樹議長 神元愛総務課主幹。 ◎神元愛総務課主幹 通常の選挙と今回の県民投票で何が違うかということですが、県民投票につきましては、公職選挙法に準じて投開票が行われるのですが、公職選挙法の適用は受けないということであります。

糸満市議会 2018-12-17 平成30年第7回糸満市議会定例会会議録-12月17日−06号

なお、先行して開園した公立こども園にあっては、保育士の不足並びに定員割れの実態があり、休園並びに一部受入制限をせざるを得ない状況にあります。そのため、抜本的な対策を図るため、次年度公立こども園のあり方を検討したいと考えております。 ◎総務部長(仲吉正弘君) おはようございます。御質問、件名3、防災行政について。小項目1、台風24号の被害と対策について。ア及びイについてお答えいたします。  

石垣市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月17日−02号

さらに、進入制限速度制限などの交通ルールづくりについても、検討することとしております。  次に、活用に関する方針としましては、豊かな自然環境や貴重な動植物歴史文化資源景観資源があることから、今後、これらの観光資源環境学習資源としての活用を図るため、平久保半島エコロード及び散策路や休息施設等の周辺施設整備を推進してまいります。  

宮古島市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会(第8回)-12月17日−06号

私の息子も難病で暑さに弱く、日光に当たることがかなり制限されています。しかし、学校側はよく理解してくださり、校長先生を初め担任の先生、諸先生方、またクラスメートがしっかりサポートしてくれています。そのおかげで私は安心して仕事ができます。本当に感謝しております。私は、学校とは児童生徒の心と体を守る場所と思っております。そこで、教育委員会に要望があります。