178件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

名護市議会 2018-12-21 平成30年第193回名護市定例会-12月21日−09号

◆神山正樹議員 その羽地内海は、いろいろな網がかかっているということを先ほどおっしゃっていましたけれども、それはそれなりに、今後の予定ですが、例えば港湾でしたら港湾関係の部署、農林水産関係の部署等あるという話でしたから、その辺の方々を県からもお呼びして、現地踏査とかをやるお考えはあるのでしょうか。 ○大城秀樹議長 宮里尚経済建設委員会委員長。

名護市議会 2018-10-16 平成30年第192回名護市定例会-10月16日−09号

羽地内海について、現況の文献調査、それから漁民の皆さんからの聞き取り調査等で羽地内海について今後の再生に向けてどういった手法がいいのかという状況の報告書でございます。この報告書を受けまして、名護市では平成26年度、平成27年度に沖縄県の北部農林水産振興センターと調整を行ってございます。平成27年度については、この同報告書を基礎資料として調整をしたということを伺ってございます。

名護市議会 2018-10-15 平成30年第192回名護市定例会-10月15日−08号

これも羽地内海同様、今、稲嶺から源河沖までの砂が相当堆積しております。そして内海の潮流の流れが半分以下に制限されているということで、その砂のしゅんせつ工事について当局の対応について伺います。要旨(3)我部区土地改良地内の農道整備について伺います。以上、一次質問とし、二次質問は自席にて行いますので、答弁のほどよろしくお願いいたします。

名護市議会 2018-10-12 平成30年第192回名護市定例会-10月12日−07号

それでは本日、先ほども紹介がありましたジョブシャドウイングのプログラムに参加されました羽地小学校6年生の山内海愛君と金城栞愛さんに思い出に残る有意義な体験をしていただきたいということを祈念申し上げまして、通告に従いまして一般質問をさせていただきます。質問の事項1 北部基幹病院設立について。この問題につきましては、6月定例会でも取り上げておりますが、さらに今回も引き続き取り上げております。

名護市議会 2018-06-25 平成30年第191回名護市定例会-06月25日−07号

かつてサンゴが生息し、魚介類が豊富で、その産卵場として、あるいは野鳥の繁殖地としても大変貴重であり、かつての羽地内海に戻したいとの強い思いがあります。堆積した土砂を除去し、羽地内海を再生させることは、減少していく水産資源を守ることにもつながり、名護市の観光の目玉の一つとして、策を講じる必要があると考えておりますが、当局の答弁を求めます。質問の事項6 福祉行政ついて。

宜野湾市議会 2018-06-22 平成30年  6月 定例会(第414回)-06月22日−07号

企業意向等を踏まえた仮設避難港の開発の方向性は、コンセプトとして都市近接の魅力あるリゾート空間の創出、まちのにぎわいや魅力づくりの核施設など、基本的な設備、開発の考え方として、水辺空間を意識した施設構成や水辺空間への各種アクティビティー導入、内海を積極的に活用した開発などとしております。  

宮古島市議会 2017-12-19 平成29年 12月 定例会(第7回)-12月19日−07号

ブルーラインとは愛媛県今治市から瀬戸内海の島々を結び、広島県の尾道市まで延びるしまなみ海道サイクリングロードを推奨するために道路に整備されました青いラインのことで、このブルーラインの整備により、しまなみ海道はサイクリストの聖地としてサイクルツーリズムの誘致に大きく寄与しております。

名護市議会 2017-11-14 平成29年第280回名護市臨時会-11月14日−01号

3ページの資料から見ますと、当学校は羽地内海に面しているという所でございますが、4ページのほうに入りますが、これは特別教室、それから現運動場のGH、土地高についてですが、これは段差があるのではないかと思うのですが、その辺のことが6回の会議でも出なかったのか。やはり羽地内海に面しておりますので、災害関係が懸念されるわけですが、その辺のところどうでしたか。お願いいたします。

名護市議会 2017-06-16 平成29年第187回名護市定例会-06月16日−07号

名護で言いますと羽地内海が運天港の、重要港の運天港となっておりますが、名護湾につきましては、現在港湾区域の設定がされておりません。港湾整備のためには、これは港湾法の中で、港湾管理者となる者が港湾計画をつくらないといけないということがございますが、名護湾の状況を考えますと、多分県が何らかの形で港湾計画をつくっていかないと、整備に結びつかないのかなと思っております。

名護市議会 2017-06-13 平成29年第187回名護市定例会-06月13日−04号

そして一番ひどいのが饒平名の運立(うんだち)のところ、あそこも羽地内海のヒルギ林のところも一旦入ってしまうと、それこそ30センチ、40センチぐらいずぼっと入る。ヘドロの中に入っているようなものです。それと我部の塩田の近くもみんなそうであります。そういうことからしても、今回は済井出を挙げましたけれども、屋我地全体の排水路について、何か対策がとれないものかどうか、お伺いします。

名護市議会 2017-06-12 平成29年第187回名護市定例会-06月12日−03号

菅良二今治市長を中心に協定調印記念サイクルジャージ姿で、名護市役所を発着点に羽地内海を周遊するサイクリングを実施したことは、新聞テレビ等で大きく紹介されたところであります。今月の6月ごろ、市民のひろばにもその旨の写真が載っております。そこでア 「自転車を通じたまちづくり交流協定」の目的につきましては、既に3月定例会での施政方針や3月の比嘉勝彦議員らの一般質問でも明らかになっております。

名護市議会 2017-06-07 平成29年第187回名護市定例会-06月07日−01号

その日には菅市長も一緒に羽地内海へサイクルツーリズムとして、実際に自転車に乗って古宇利島まで往復をして約40キロのコースを菅市長も一緒に走りました。夜はまた市内の観光業などの企業、事業者等も一緒になって交流レセプションを開催しまして、たくさんの皆さんにご参加をいただきました。感謝を申し上げたいと思います。

名護市議会 2017-03-17 平成29年第186回名護市定例会-03月17日−11号

放流場所については羽地内海と外海で分けて行っております。 ○屋比久稔(議長) 11番 東恩納琢磨議員。 ◆11番(東恩納琢磨議員) 漁業再生支援事業という形で、名護市から名護漁業組合に助成している事業だと思いますけれども、それを助成するための規約とかそういうものはあるのでしょうか。やっていくということで、規約を定めているのかどうか。 ○屋比久稔(議長) 玉城勝 農林水産課長

名護市議会 2016-12-12 平成28年第185回名護市定例会-12月12日−07号

そう意味でこの将来構想の中に、屋我地振興策の一つとして今羽地内海を結ぶ自転車サイクルロードの計画があると聞き及ぶわけですけれども、その土地利用の構想の中で、この長期滞在型健康保養施設の整備検討はなされる余地があるのかどうなのか。その辺も確認したいと思います。企画部長よろしくお願いします。 ○屋比久稔(議長) 金城進 企画部長