3405件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

名護市議会 2051-06-13 07月02日-11号

行政財産使用許可があったとはいえ、名護市民共有財産であることは変わりないはずです。平成30年度の医師会の診療所閉鎖報道から市立の診療所への転換があったとはいえ、北部地区医師会が自主財源で診療していたときには、機器が故障しても機器の交換をしない。市当局との相談が密接になされていれば、更新計画を立て、今回のように他のメニューが使えないような状況になることはなかったのではないかと思われます。

名護市議会 2051-06-13 06月13日-01号

名護市国際交流親善委員会との連携      世界の家庭料理フェアの協力  ⑦ ホテル旅館組合名護支部との連携      情報交換・名護市の観光施策連携  ⑧ 名護社交飲食業組合との連携      市内飲食店についての情報提供  ⑨ 名護漁業協同組合      ブルーツーリズム促進の協力      ハーリー大会・ハーリー体験等の連携  ⑩ 名護警察署防犯協会・安全協会等)との連携      署管内における情報共有

名護市議会 2030-12-05 12月09日-02号

まず現状をみんなで共有しないと、将来を語れないのではないですか、そういう話をしているのです。そういう意味ではまず現状を伝える、名護市がつくった資料があるわけですから、それは積極的に。基地の話というのは計画ではないです、現状です。

石垣市議会 2027-12-13 12月13日-06号

陸上自衛隊配備計画における市有地の扱いについて     ││     ├───────┼───────────────────────────────┤│     │       │1.自衛隊配備計画                      ││     │       │ (1) 陸自配備計画が与え得る周辺地域への影響について     ││     │       │ (2) 同上、防衛省側と情報、資料等は共有

与那原町議会 2027-12-11 12月11日-02号

◆舩谷政喜 議員 課長、じゃあそういった情報共有をしながら、危ない目にあった人たちを救済できたらなと思っています。 それでは(4)町・人・環境に優しい公共交通機関LRTの導入を。①これまでの公共交通機関についての進捗状況は。②MICE施設建設される前提で、施設とLRT導入はどちらが先だと思うか。お願いします。 ◎企画政策課長石川毅)  では、舩谷議員の①について答弁申し上げます。

西原町議会 2027-09-20 09月20日-06号

(3)大型MICE関連の土地利用マスタープラン等、町の取り組みを県に訴えるべきだと思いますがということなんですが、そのとおりでございまして、これまでも中部のサンライズ推進協議会の4町村一体となって、この大型MICE施設に関連して、今後の協議会の開催等、情報共有をしながら確実にMICEの推進をしていこうということで確認をしたところであります。

西原町議会 2026-12-09 12月09日-02号

そういった意味では、今回のMICE振興に関する協議会の協議内容とか、そのあたりは例えば町民の皆さんにもわかるような、そういった情報共有、提供関係を今後考えていただきたいと思うのですが、そのあたりはどうでしょう。 ○議長(大城好弘)  町長。 ◎町長(上間明)  それでは私のほうでお答えします。 大型MICE施設につきましては、先ほどの上里議員にも申し上げてきたところであります。

名護市議会 2026-12-05 12月17日-08号

社会教育団体、青少年育成団体スポーツ少年団体等の活動について課題の共有を行っているところであり、現在「小学生のスポーツ活動への大人のかかわり方」をテーマとし、地域スポーツ少年団体指導者などを対象に聞き取り調査を実施しております。今後は引き続き、調査の内容について社会教育委員会議の中で協議を行い、スポーツ少年団体指導者や保護者向けへの、講演会や研修会などを開催しているところであります。

宮古島市議会 2026-09-24 09月24日-07号

その中で、お互いの地域紹介やサシバの渡りに関する知識共有するとともに、サシバ保護の大切さを再認識することができ、大変有意義な交流会でありました。ご質問の件ですけども、栃木県市貝町教育委員会に問い合わせました。そこで、市貝町でも町議会で同様な質問がありまして、市貝町としましても交流を今後継続したいという報告を受けております。

南城市議会 2026-09-05 09月05日-02号

私は、今回の無償化はどういう形になっているかということで、認識を皆さんと共有したいということでこの資料を出しました。 始めてまいります。 区分、第2階層、一般世帯ですね。3歳以上は月6,000円の保育料です。年間にすると7万2,000円の無償になります。第1階層は月3万8,000円。年間にして45万6,000円の無償になります。 

南城市議会 2026-06-13 06月13日-02号

現在、通常業務においても既に連携をとっているところですが、子どものまち宣言を行うにあたり、これまで以上に情報共有を図り、連携を強化してまいります。 以上です。 ◎土木建築部長(玉城勉)  おはようございます。 松田兼弘議員の2点目の、道路行政についての御質問にお答えします。 まず1点目、新里坂県道137号線の整備についてお答えいたします。 

宜野湾市議会 2025-12-17 12月17日-05号

させていただいておりますが、それにかかわらず、申し入れというのはさせていただいておりますので、それに速やかに応えていただけるよう、先ほど市長もお話ししておりましたが、防衛省の政務官が来られた際にも発言をさせていただいておりますし、そういった意味においては、ちょっとワードとして普天間ミーティングということが先走っておりますが、申し入れ等をさせていただいておりますので、それが速やかに実施されて、情報共有

宜野湾市議会 2025-12-16 12月16日-04号

あと、御質問にあります取り組みの実施に当たりましては、受け入れの職種、あるいは部署、フォローアップ体制の確保、基準ルールの策定等、さまざまな検討が必要になるかというふうに考えてございますので、福祉推進部、健康推進部とも情報共有しながら、調査、連携もとってまいりたいというふうに考えております。 ○平良眞一副議長 伊波一男議員。 ◆23番(伊波一男議員) 部長、ありがとうございます。

沖縄市議会 2025-09-30 09月30日-06号

登記の物件は固定資産税の課税漏れにつながりやすいことから、今後も法務局や他関連機関との関係を密にし、情報共有に努めてまいります。また、未課税物件につきましては、職員がおのおのの担当地区の定期パトロールの強化や地図情報システムを活用し、航空写真と課税台帳のマッチングを図るなど、今後も課税客体の把握に努めてまいります。 ○小浜守勝議長 金城由美議員

嘉手納町議会 2025-06-11 06月11日-01号

児童から家庭への波及効果ということで、給食学習会に参加した児童のうち約40%が学習内容を家庭共有した。家に帰ってから親に話したということですね。また13%は、今後家庭で給食交流会について話す予定であると。ということで、子どもが学校で習えば親にも話し、家庭内でも食品ロスに対する意識が変わってくるという連鎖があります。私は、学校教育食品ロス削減について講習なり教育をするのは大変重要なことだと。

与那原町議会 2024-12-13 12月13日-04号

でも、今回この一般質問は皆さんに、執行部の皆さん、議会も含め、みんなで共有して、この問題を少しずついいアイデアがあれば、どんどん出し合って、両輪で一緒に進めていけたらと思います。一般質問を終わります。 ○議長(識名盛紀)  以上で德田将仁議員の一般質問を終わります。 暫時休憩します。                                     

うるま市議会 2024-09-27 09月27日-06号

今回の事案につきましては、情報が寄せられてから事業者へ報告を求めるまでに期間を要したため、平成30年9月定例会において、「管理部署との情報共有が行き届いていなかった面もございましたので、今後は連携を図り対応してまいりたいと考えております」と答弁をさせていただいたところであります。今後も関係部署との連携により、適切な対応に努めてまいりたいと考えております。 ○議長(幸地政和) 宮城 一寿議員

宮古島市議会 2024-09-20 09月20日-06号

そこで、県大会もさておきながら、3年後を見据えた組織づくりや取り組みについて提案をし、次世代を担う後継者育成やそれぞれの課題等に取り組む検証など共有していただきたいと思いますが、そこで、出品対象牛の育成、管理、調教など宮古和牛改良組合青年部を中心とした組織づくり体制を構築し、共進会に向けての取り組みを強化することを目的とした新しい組織体制については、各関係機関、そして本市の協力、支援なしでは不可能であり

宜野湾市議会 2024-09-18 09月18日-03号

市が取り組んでいく中において、現状の避難行動要支援者登録率の低さ、あるいはまた名簿共有のあり方等、現在抱えております課題の整理をする中で、議員からあります県内外の先進事例を調査研究をし、条例制定の方向性について少し確認もしてまいりたいというふうに考えております。 ○上地安之議長 濱元朝晴議員。 ◆9番(濱元朝晴議員) ありがとうございます。

東村議会 2024-09-12 09月12日-01号

ということは、そういった引き継ぎとか、それからこの大きな事業が村で進んでいるわけですので、これは役場全体、庁議全体でこういった事業の内容を共有されてきているのかどうか、その辺お聞きしたいのですが。 ○議長(港川實登君) しばらく休憩します。                        (11時11分) 教育課長、上原朝文君。