運営者 Bitlet 姉妹サービス
3860件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月12日−04号 さらに今後はMICEの設置計画に伴い、農業地が商業化・宅地化される中において、果たしてこの農水産物直売施設が地産・地消で町民への供給、需要を満たすかとの問いに対して、「現在の町内の野菜作付面積は約25ヘクタール、そして商業施設等を除き残された農用地に活用できるような面積152ヘクタールを農地拡大は可能であるとのことでありましたが、そのことはある意味では都市マスタープランとの整合性も図られている」という もっと読む
2018-12-04 豊見城市議会 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月04日−01号 公の施設の名称が豊見城市改良住宅及び地区施設、指定管理者に指定する団体、所在地が那覇市旭町114番地7、名称が沖縄県住宅供給公社、代表者 田端一雄、指定の期間が平成31年4月1日から平成36年3月31日までの5年間となっております。  説明は以上でございます。 ○議長(大城吉徳)  本案に対し質疑を許します。     (質疑者なし)  質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。   もっと読む
2018-10-18 読谷村議会 平成30年第478回読谷村議会定例会会議録-10月18日−06号 ◎建設経済常任委員長(長濱宗則)  この工場はそもそもカット野菜工場とケータリングが予定されていますので、そこに農産物を安定的に供給するために、JAとのコンタクトをしたいということでありました。 ○議長(伊波篤)  ほかに質疑はございませんか。 ○議長(伊波篤)  これで質疑を終わります。  これより討論を行います。まず、本案に対する反対者の発言を許します。 もっと読む
2018-10-17 読谷村議会 平成30年第478回読谷村議会定例会会議録-10月17日−05号 ◆10番(松田昌邦)  こういったように干ばつとか、作物の種類が増えるということは、やっぱり農業用水の力が非常に大きいかと思いますので、農業用水の安定供給が一助になったというふうな認識でございますか。 もっと読む
2018-10-11 西原町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-10月11日−04号 それから西原ファームも伴いながら、農産物の直売施設の建築、つまり西原町農水産物流通・加工・観光拠点施設のことでありますけれども、この施設について、MICEの建設に伴い、その農地が宅地や商業化されるさなかの中で、地産地消の農産物直売店において、西原町の地産の農産物が果たしてここで展示即売するような、需要と供給を満たすぐらいの農産物というのは、この西原町にはあるんでしょうか。 もっと読む
2018-10-03 読谷村議会 平成30年第478回読谷村議会定例会会議録-10月03日−02号 年度読谷村診療所特別会計補正予算(第1号)  日程 8.議案第48号・平成30年度読谷村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)  日程 9.議案第49号・平成30年度読谷村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)  日程10.議案第50号・読谷村青少年センター設置条例の一部を改正する条例  日程11.議案第51号・指定管理者の指定(読谷村農林水産物加工センター)について  日程12.議案第52号・物品供給 もっと読む
2018-09-28 読谷村議会 平成30年第478回読谷村議会定例会会議録-09月28日−01号 年度読谷村診療所特別会計補正予算(第1号)  日程24.議案第48号・平成30年度読谷村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)  日程25.議案第49号・平成30年度読谷村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)  日程26.議案第50号・読谷村青少年センター設置条例の一部を改正する条例  日程27.議案第51号・指定管理者の指定(読谷村農林水産物加工センター)について  日程28.議案第52号・物品供給 もっと読む
2018-09-28 読谷村議会 平成30年第478回読谷村議会定例会会議録-目次                  説  明 ………………………97                 結  果 可  決………… 145議案第51号 指定管理者の指定(読谷村農林水産物加       工センター)について                 議決月日 10月18日                 説  明 ………………………98                 結  果 可  決………… 341       物品供給 もっと読む
2018-09-20 豊見城市議会 平成30年第3回豊見城市議会定例会会議録-09月20日−03号 国におきましては、市の事業計画に具体的な記載がなくても事業計画に定める需要量に達していなければ、原則として認可しなければならないとされており、このことからも市が規制を行い得るものではございませんが、事業計画に基づき整備が具体的に進められ供給量が確保されることとなる場合は、認可を行わないことができるとされております。 もっと読む
2018-09-19 豊見城市議会 平成30年第3回豊見城市議会定例会会議録-09月19日−02号 工業用水につきましては、昭和47年の日本復帰に際し、沖縄振興開発計画の中で位置づけられ、琉球水道公社が行っていた工業用水事業を現在の沖縄県企業局が継承し、沖縄工業用水等として日当たり10万5,000立方メートルの工業用水を供給する目的で計画されました。 もっと読む
2018-09-12 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月12日−05号 6発がん性が指摘されるPFOS(ピーホス)が嘉手納基地から比謝川に流れ、北谷浄水場から浦添市民に供給されています。米政府の最新の研究で、沖縄県の基準値以下でも健康被害の危険性が明らかとなりました。1970年代から長期にわたり市民が汚染にさらされてきたおそれがあります。(1)PFOSなどの使用履歴を米軍に開示させ、基地内の立ち入りを行い、実態調査を早急に行うこと。 もっと読む
2018-09-10 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月10日−03号 また、発生するエネルギーの利用につきましては、国が策定した廃棄物処理施設整備計画において、廃棄物エネルギーの効率的な回収を進めるとともに、地域のエネルギーセンターとして廃棄物エネルギーを供給することなどが定められており、県内・県外の先進地の事例などを踏まえながら、発電を初めとしたエネルギーの活用について検討してまいります。続きまして質問番号6の(2)でございます。 もっと読む
2018-09-07 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月07日−02号 余熱利用につきましては国が作成しました廃棄物処理整備計画において、廃棄物エネルギーの効率的な回収を進めるとともに、地域エネルギーセンターとして廃棄物エネルギーを供給することが定められております。県内、県外の先進地の事例などを踏まえながら発電を初めとした余熱利用について検討してまいります。 もっと読む
2018-09-01 浦添市議会 平成30年9月定例会 一般質問通告書-一般質問通告書 認可外保育園の保育料を無料化すること          ││         │ (3) 給食費の補助を拡充すること                      ││         │5 中等度難聴者の補聴器の購入に補助を行うことについて          ││         │6 発がん性が指摘されるPFOS(ピーホス)が嘉手納基地から比謝川に流れ、││         │ 北谷浄水場から浦添市民に供給 もっと読む
2018-08-17 読谷村議会 平成30年第475回読谷村議会臨時会会議録-08月17日−01号 日程1.会議録署名議員の指名  日程2.会期の決定  日程3.議案第39号・平成30年度読谷村一般会計補正予算(第4号)  日程4.議案第40号・平成30年度読谷村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)  日程5.議案第41号・平成30年度読谷村下水道事業特別会計補正予算(第2号)  日程6.議案第42号・物品供給(読谷村農業関係施設機能強化促進機具購入)契約について  日程7.議案第43号・平成30 もっと読む
2018-08-17 読谷村議会 平成30年第475回読谷村議会臨時会会議録-目次                  説  明 ………………………12                 結  果 可  決……………13議案第41号 平成30年度読谷村下水道事業特別会計       補正予算(第2号)                 議決月日 8月17日                 説  明 ………………………13                 結  果 可  決……………15議案第42号 物品供給 もっと読む
2018-06-26 うるま市議会 平成30年6月第124回定例会-06月26日−08号 近隣商業地域と準住居地域の違いでございますが、その趣旨としまして、近隣商業地域は、近隣の住宅地の住民に対する日用品の供給を行うことを主たる内容とする商業、その他の業務の利便を図る地域。準住居地域は、道路の沿道としての地域の特性にふさわしい業務の利便を図りつつ、これと調和した住居の環境を保護するための地域と位置づけられております。また、それぞれ制限される建築物の用途や規模に違いがございます。 もっと読む
2018-06-26 名護市議会 平成30年第191回名護市定例会-06月26日−08号 この農業団体からの状況も把握しながら、需要と供給のバランスを踏まえて、今後の動向を見極めて設置を検討する必要があるだろうと考えてございます。ただ、シークヮーサー等の原料として保管することで、生産性の向上であったり販路拡大につなげていければとも考えてございますので、今後の検討課題ということにしたいと考えております。 ○宮城弘子議長 小野雅春商工観光局長。 もっと読む
2018-06-25 うるま市議会 平成30年6月第124回定例会-06月25日−07号 飲料水については、ペットボトルなどの備蓄や応急給水などで比較的速やかに確保されましたが、大量に必要とされる生活用水は十分な供給までには相当な日数を要しており、災害時には公的な支援とともに自助・共助の力が重要な役割を担っており、地域の民間井戸が生活用水として活用され、地域の生活に役立てられた事例が全国で多数報告されております。 もっと読む
2018-06-25 那覇市議会 平成 30年(2018年) 6月定例会-06月25日-付録 │ │質問方式   │2 民泊行政につ│ 民泊事業が6月15日施行されるが、届出事業者│ │ │一問一答方式 │ いて     │の詳細について伺う             │ │ │       │        │                      │ │ │       │3 上下水道行政│(1) 配水タンクに水を補う装置の不具合の水道│ │ │       │ について   │  供給対応 もっと読む