15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

与那原町議会 2013-09-26 09月26日-05号

───────────────────────────────────────── 東海岸地域活性化のためのMICE関連施設に関する誘致要請決議 与那原町、西原町が位置する沖縄本島東海岸地域は、かつては山原船や軽便鉄道といった交通の拠点として、また産業経済の要衝として栄えたものの、近年の西海岸地域中心社会資本整備が進む一方で、東海岸地域を連結する国道329号与那原バイパス交通基盤整備が進まない

北谷町議会 2011-03-17 03月17日-06号

1番目、北谷町内交通基盤整備について、(1)北谷町内コミュニティバス運行について、①交通弱者と呼ばれている高齢者障害者町内のどこに住んでいても、役場に無理なく行けるようにする。保健相談センターちゃたんニライセンター、多くの町民が利用している北谷運動公園などにも無理なく行けるようにするコミュニティバス運行について、町は真剣に検討してほしいと思いますが、どのようにお考えかお伺いします。 

うるま市議会 2010-03-15 03月15日-09号

なお、関連して大学院大学キャンパスタウンとは何かというご質問もありましたが、住宅整備交通基盤整備、生活支援環境整備といった大学院大学周辺として、環境整備等中心になろうかと考えております。 最後に、統合庁舎建設についてでありますが、2月18日に15人の委員を委嘱し、1回目のうるま市統合庁舎建設委員会を開催し、庁舎の位置や基本的機能などの検討事項とこれまでの経過等についてご説明しました。

うるま市議会 2009-09-28 09月28日-06号

沖縄県が平成19年8月に定めた沖縄科学技術大学院周辺整備基本計画では、石川地域キャンパスタウンエリアとして位置づけられ、住宅整備交通基盤整備、生活支援環境整備などが示されております。住宅整備については民設民営による住宅整備公共支援方策について検討することになっており、交通基盤整備についてはバスターミナルパークエンドライド駐車場、道の駅などの整備検討することになっております。

沖縄市議会 2009-03-27 03月27日-09号

質問事項1.交通基盤整備について。(1)コミュニティバス運行推進に向けて。①市民のニーズに関してア.平成19年12月から平成20年2月の実証実験の結果、市民要望はどうでしたでしょうか。イ.市長、部長との市政懇談会において、コミュニティバス運行要望は、どうでしたでしょうか。 ②沖縄市第三次総合計画の第2次基本計画において、コミュニティバス導入計画されております。

石垣市議会 2008-03-17 03月17日-03号

計画では離島保全、管理の項目で、サンゴ礁の保全赤土等流出の低減、漂着ごみ撤去等の施策に触れるとともに、離島振興項目交通基盤整備、情報格差是正医療提供体制確保農水産物の高付加価値化エコツーリズム推進農水産業と連携した体験、滞在観光など雇用促進産業振興を講ずるとし、あわせて道路、港湾など社会資本整備の必要について触れる内容となっております。 

沖縄市議会 2008-02-26 02月26日-02号

それから公共交通基盤整備としては、路面電車環状線化事業を行っているということであります。 それから青森市は市街地整備改善事業として、バスターミナル機能の集約や情報センター整備等を行っております。それから商業活性化事業としては、パサージュ構想民間事業一体展開ということであります。それから都市福利施設整備事業としては、ねぶた祭りを核とした文化観光交流施設整備等を行っております。 

うるま市議会 2006-09-15 09月15日-06号

大学院大学の目的として、沖縄県は沖縄科学技術大学院大学沖縄振興基本方向に位置づけて、自立型経済構築に向け、これを核としたアジア太平洋地域先端的頭脳集積地域形成を目指しているということでありまして、その中で、その周辺整備の中に交通基盤整備の具体的なあり方とか、情報通信基地基盤の具体的なあり方、それとまちづくり機能整備の具体的なあり方、そういうことが県の計画書の中では旧石川市、現在うるま

うるま市議会 2006-06-19 06月19日-05号

その中でもまず交通基盤整備ということで、項目としては地区内の循環型バス導入と。これは恩納村、うるま市、金武町というふうな関連地域になっております。さらにはまちづくり機能整備ということで、主な項目としまして沖縄石川インターチェンジ周辺におきまして、ミニバスターミナル商業サービス機能を備えたサブセンター、これは物産センターを想定しているということであります。

沖縄市議会 2003-12-04 12月04日-01号

アからウにまとめられていますように、ア.都市整備や魅力ある都市空間整備臨海部整備等を図るとともに、情報交通基盤整備および総合交通体系整備など、有効な土地利用をすすめる。 イ.農地の保全高度利用を図るともに秩序ある土地利用を促進する。 ウ.自然環境都市の共生を図るため、緑地空間保全し、歴史・文化的環境一体となったうるおい空間の創出など、環境と調和する土地利用をすすめる。 

沖縄市議会 2000-09-07 09月07日-01号

1点目に市街地再生高度利用、2点目に臨海部開発推進、3点目に情報交通基盤整備と新交通体系構築、4点目に農業的土地利用と新市街地開発計画的推進、5点目に緑地水辺空間保全再生、6点目に基地の転用及び施設の共用に向けた検討でございます。 6ページをお開き願います。ここから7つの都市像についてのご説明でございます。 まず都市像1でございます。

  • 1