運営者 Bitlet 姉妹サービス
6021件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月14日−05号 選挙管理委員会にも、今回委任されている項目については、名簿の調整に係る事務、投票の実施に係る事務、あとは開票に係る事務ということでありますので、基本この業務の範囲内で、先ほどから言うように、広報については県が主体的に行っていくことになります。以上です。 ○議長(大城好弘)   ほかに質疑ありませんか。       もっと読む
2018-12-11 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月11日−03号 関連会社との調整という話しですけれども、ここでいう関連会社と言うとモノレール協会、そういった部類に入るだろうと思いますけれども、関連会社との調整の前に、議員がおっしゃるようにこの事業についてはどこが主体になっていくか、その問題がまず課題解決の一つの大きなものだと思います。 もっと読む
2018-12-10 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月10日−02号 こうした中における地域おこしというものは、地域住民の主体的な参加を前提としたもの、地域福祉活動とか、地域のさまざまな団体や組織、そして町民の全てが主役となり、手を取り合って福祉の課題の解決に取り組んでいくことだと、このように認識をしております。本町のまちづくり基本条例も制定されまして、行政、議会、そして町民、事業所、4者が一体となって、まちづくり、人づくりを進めていく。 もっと読む
2018-10-18 八重瀬町議会 平成30年  9月 定例会(第8回)-10月18日−05号 ◆7番(神谷秀明議員)   今回は、県主体なのか、町主体なのかという話であります。ぜひ、町主体で即、これは現状を解消するようにということでよろしいですか。 ○議長(金城秀雄)   土木建設課長。 ◎土木建設課長(金城進)   通学道路でもあるということで、町の方からも主体として動いてまいります。 ○議長(金城秀雄)   神谷秀明議員。 ◆7番(神谷秀明議員)   有難うございます。 もっと読む
2018-10-17 八重瀬町議会 平成30年  9月 定例会(第8回)-10月17日−04号 また、参加者が主体的に当該事業を運営することにより、地域の独自性や、これまでとは違う新たなミニデイの形を構築し地域活動の柱の一つとなることで、支え合い体制への発展や地域力の向上、自助や互助の啓発に展開していく計画を次年度以降に向けて担当課、社協、地域包括支援センターと協議をいたしております。  (4)リハビリ関連職の採用計画について答弁申し上げます。 もっと読む
2018-10-16 西原町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-10月16日−06号 また、文科省は2017年に策定された教育機会確保の基本方針において、今後不登校児童生徒の対応を見直す方針であることを明らかにしており、単に学校復帰、学校に戻すことをゴールとするのではなく、児童生徒がみずからの進路を主体的に据えて、社会的に自立することを目指す必要があると述べております。 もっと読む
2018-10-15 西原町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-10月15日−05号 そういったことを考えると、公共交通の整備は大型MICE施設事業の主体であります県のほうが当然考えていかなくてはならない。そういう視点から、我々西原町、そしてそこにあるマリンタウン地区、与那原町もそうなのですが、そしてまた中城村、北中城村、東海岸地域の自治体にとりましても、やはりどうしてもモノレールの延伸は欠かせないと、こういう前提であります。 もっと読む
2018-10-11 西原町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-10月11日−04号 6月に行われました「平和の約束」や「平和コンサート」はそれこそ手づくりですばらしいものでございましたが、西原まつりという規模に至った場合、本当に役場主体から離れて実施できるのかどうか、その機運を感じるまでに現在至っていないものと考えております。  同じく項目5の(2)ふるさと納税についてお答えいたします。 もっと読む
2018-10-09 八重瀬町議会 平成30年  9月 定例会(第8回)-10月09日−02号 続いて、一番下に災害に強い高機能型栽培施設導入推進事業(一括交付金県事業分)ということで5,123万1,000円、こちらはビニールハウス設置に対する補助金ということで、農協が事業主体ということであります。トンネル事業として歳出をいたします。  続いて、その下の5目13節です。 もっと読む
2018-09-20 豊見城市議会 平成30年第3回豊見城市議会定例会会議録-09月20日−03号 市内における献血につきましては、沖縄県赤十字血液センターが主体となり、市内企業や医療機関、学校等で実施しております。平成29年度の実績は26カ所、787名のご協力をいただいております。市庁舎も年に2回献血会場として会場を提供しております。  (ウ)につきまして。 もっと読む
2018-09-19 豊見城市議会 平成30年第3回豊見城市議会定例会会議録-09月19日−02号 このような状況の中、国保制度の構造的な問題解決を図るため、持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律が平成27年に制定され、同法に基づきまして、平成30年度から都道府県が市町村とともに国保の保険者となり、国保財政の運営主体とする大きな制度改正を行っております。また、市町村においては、これまでと同様に、地域住民の窓口として事務事業を引き続き担うものとされております。 もっと読む
2018-09-13 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月13日−06号 75歳以上の高齢者に対する歯科健診事業につきましては、議員御承知のとおり、沖縄県後期高齢者医療広域連合が実施主体となって実施されているところでございます。本市では75歳未満の歯科健診事業といたしまして、30歳から70歳までの5歳刻みの節目の年齢となる市民を対象に、歯周疾患健診を実施しております。 もっと読む
2018-09-12 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月12日−05号 牧港補給地区第5ゲート付近の区域の返還は、平成25年4月に発表された統合計画に基づき実施されるものであり、去る5月29日には沖縄防衛局が主体となり返還に係る地権者説明会を開催し、今年度末の返還方針を具体的に説明してきたところでございます。当該土地につきましては現在、将来の公園、緑地用地として利活用すべく、一括交付金を活用した先行取得事業を実施してございます。 もっと読む
2018-09-10 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月10日−03号 屋富祖地域、港川ステイツサイドタウンでは、必要な用地の確保、設置主体、財源等の課題があるため、各エリアの近郊事業所等への借用依頼の検討やシェアパーキング等、どのような取り組みができるのか調査研究を行ってまいります。住民ストレス対策への取り組みにつきましては、議員御指摘のとおり、観光振興において住民ストレスは大きな課題であります。 もっと読む
2018-09-07 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月07日−02号 当該事業の事業主体であります南部国道事務所によりますと、今年度は沖縄防衛局による支障除去作業と南部国道事務所による測量作業に着手する予定とのことでございます。続きまして、質問番号2番でございます。本市ではまちづくりを交通の分野で支える浦添市交通基本計画を平成23年10月に策定し、浦添市の地域、交通特性を考慮した交通体系、交通政策のあり方を示してございます。 もっと読む
2018-09-01 浦添市議会 平成30年9月定例会 一般質問通告書-一般質問通告書 放課後児童健全育成事業について                    ││         │  ①新制度について                           ││         │ (2) 沢岻幼稚園のプレハブ園舎解体後に予定している公的学童クラブの規模につ ││         │  いて                                  ││         │ (3) 運営主体 もっと読む
2018-07-02 名護市議会 平成30年第191回名護市定例会-07月02日−10号 普天間飛行場の移設工事の事業主体である沖縄防衛局は水平表面2,286メートルの範囲にある高さ制限を超える建築物について、速やかに標高の調査を行い、名護市議会と市民に公表し説明会の開催を求める。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。 平成30年7月2日 沖縄県名護市議会 ○宮城弘子議長 川野純治議員。 もっと読む
2018-06-27 うるま市議会 平成30年6月第124回定例会-06月27日−09号 事業主体について、さらに事業の実施時期について伺いたいと思います。 ○議長(大屋政善) 都市建設部参事。 ◎都市建設部参事(目取真康史) お答えいたします。  整備箇所が県道75号線の範囲内であることから、道路管理者は沖縄県となりますが、歩道の拡幅工事を安慶名土地区画整理事業により実施いたしますので、事業主体はうるま市となります。 もっと読む
2018-06-26 うるま市議会 平成30年6月第124回定例会-06月26日−08号 今求められている主体的、対話的、深い学びの授業が展開されるのが魅力的だと思います。新聞報道の中でNIE実践指定校の授業結果が掲載されていて、本市の中原小学校も取り組んでいるとのことが書かれていました。中原小学校の取り組みと教育委員会としての指導内容についてお聞かせください。 ○議長(大屋政善) 指導部長。 ◎指導部長(盛小根完) お答えいたします。   もっと読む
2018-06-26 名護市議会 平成30年第191回名護市定例会-06月26日−08号 県民投票は、県民が主体となって議論されるものと理解しており、一地方公共団体の長として、コメントは差し控えたいと考えております。その上で申し上げれば、一般的に住民投票というものは、当該地方公共団体の住民の意思があらわされるという意義を有していると考えております。 ○宮城弘子議長 川野純治議員。 ◆川野純治議員 ありがとうございました。順番よく二次質問をしていきたいと思います。 もっと読む