82件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

与那原町議会 2020-06-10 06月10日-02号

途中、首里までのコースは一般国道と併設してやるという話なんですね。例えば供用開始になった場合に何かイベントを打つとか、その活用方法はいかがなものですか。 ◎企画政策課長山城司)  ただいまの宮平議員の御質問に御答弁申し上げます。供用開始の時期については、そのとき確認した担当者によりますと、今のところ答えられないというか、完成時期については未定という回答でした。

西原町議会 2020-03-24 03月24日-09号

審査内容でございますが、沖縄総合事務局沖縄地方小委員会一般国道329号西原道路推奨ルートとして全線バイパス案を選定した。そのことを受け西原商工会会長及び産業通り会会長から要望があった国道329号バイパス延伸工事に伴う企業移転先地用地確保及び基盤整備迅速対応要望)について当委員会慎重審査を行った。

西原町議会 2020-03-17 03月17日-06号

現段階においては南部国道事務所との事務レベル協議を行っている状況であり、今後は一般国道、西原道路都市計画決定に向け、国が行う予備設計をもとに、本格的な協議を行う予定になっております。 次に(2)についてお答えします。西原道路沿道土地利用についてですが、おおむねのルートの現況は、農振農用地と既存の工業用地で形成されております。

豊見城市議会 2019-12-03 12月03日-01号

◎市長(山川仁)  議案第78号 あらたに生じた土地確認について及び議案第79号 字の区域の変更につきましては、一般国道506号改築小禄道路事業に伴い、平成27年1月16日付けで海浜地の所管替を行い、国道敷地に編入しため、本市区域内にあらたに土地が生じたので、地方自治法第9条の5第1項及び地方自治法第260条第1項の規定により、議会議決を求めるものであります。 

糸満市議会 2019-06-24 06月24日-05号

一般国道331号糸満道路における通学路警戒標識及び車両用防護柵の設置について。平成31年3月22日付で糸満教育委員会教育長から、内閣沖縄総合事務局南部国道事務所長宛て要望書を提出しております。その後、4月12日に国道事務所教育委員会の双方で現場視察を行っており、また5月20日には、国道事務所教育委員会糸満警察署糸満南小学校の4者で現場視察状況確認を行っております。

那覇市議会 2019-06-21 令和 01年(2019年) 6月21日建設常任委員会(建設分科会)−06月21日-01号

本案は都市計画法第40条第2項に基づく開発行為一般国道329号南風原バイパス整備事業に伴い、市道として2路線認定及び1路線の廃止を行うため、道路法第8条第2項及び第10条第3項の規定に基づき議会議決を得るため提出するものでございます。  議案書92ページをお開きください。  認定路線真地15号と真地16号の位置図であります。黒く色が塗られた箇所が認定路線となっております。  

南城市議会 2019-06-13 06月13日-02号

会長は本会を代表として会務を総括しており、毎年、一般国道予算確保のため、国会並びに関係機関に対して沖縄県を代表として要請活動等を行っております。 引き続きまして、松田兼弘議員の3点目、兼久の住環境整備についての御質問についてお答えいたします。 まず、(1)冠水浸水等による水害防止対策についてお答えします。 

那覇市議会 2019-06-07 令和 01年(2019年) 6月定例会−06月07日-01号

次に、真地16号については、一般国道329号南風原バイパス整備事業に伴い、市道認定を行うものであります。なお、真地16号の認定にあわせて真地新川線を廃止するものであります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○翁長俊英 議長   城間悟まちなみ共創部長。 ◎城間悟 まちなみ共創部長   議案第70号、議決内容の一部変更について、提案理由をご説明申し上げます。  

那覇市議会 2018-09-25 平成 30年(2018年) 9月25日総務常任委員会(総務分科会)−09月25日-01号

なお、19件のうち1件につきまして、1件、616.20平米につきまして、旧伝統工芸館残地を、国が施工する一般国道これは現在の331号と平行して走る道路でございますが、そこの建設のために国道売却したものとなっております。  なお、これによって旧伝統工芸館の部分につきましては全て処分済みというふうになっております。  

那覇市議会 2017-12-15 平成 29年(2017年)12月15日総務常任委員会(総務分科会)-12月15日-01号

その要因といたしましては、旧伝統工芸館の跡地を、一般国道の506号線整備に伴う国への売却分として6,875万6,251円、借地人に対する市有地売却分として9,480万7,000円によるものとなっております。  次に、9ページ目をお開きください。  同じく第16款の財産収入のうち、合併対価割当交付金として1,800万円増額となっております。

那覇市議会 2017-09-22 平成 29年(2017年) 9月22日総務常任委員会(総務分科会)−09月22日-01号

この10件中の1件、2,502平米については、自衛隊基地内にある市有地を、国が施工する一般国道506号線の道路用地として沖縄総合事務局売却をしております。また、3目の有価証券売払収入でございますが、上場株式、これは2社、沖縄銀行とみずほファイナンシャルグループですが、それぞれの株を売却した収入によるものでございます。  

南城市議会 2017-03-17 03月17日-04号

本土並みということですけども、多分ここにおられる皆さんは既に御承知かと思いますけども、この映像はロビーでも放映されておりますので、少し説明いたしますと、主な沖縄開発事業についての補助負担率ですけども、例えば道路一般国道例えば国道南城市内ですと331号です。 その工事については95%の補助がございます。

石垣市議会 2017-03-16 03月16日-06号

概略的には、やはり8年程度ですけれども、今現在やはり進めている八重山土木事務所としましての公益性重要性というところにつきましては、一般国道390号線が39分を要するのに対しまして、アクセス道路が23分程度でその区間の短縮が図られるということで、約16分の短縮による公益性利便性向上が図られるということでございます。 

那覇市議会 2017-02-28 平成 29年(2017年) 2月28日総務常任委員会(総務分科会)-02月28日-01号

増額要因としましては、先ほどご説明しました国道用地、これは一般国道の506号線ということで、通称小禄道路という用地を国が整備しますが、その自衛隊那覇基地にある市有地売却分として4億6,763万6,000円、及び借地人等に対して市有地売却した売却分1,447万8,000円の増額分によるものとなっております。  続きまして、18ページをお開きください。  

石垣市議会 2016-06-14 06月14日-03号

都市計画道路都市計画決定権者は、一般国道及び都道府県道都道府県になっております。その他、道路は市町村となっております。今回は、市の決定ということでお答えいたします。 最初に、市が原案の作成を行い、それとともに、県、市の関係部局協議を経て、市から県へ事前協議が提出されます。それに対し県のほうから事前協議回答がなされます。