運営者 Bitlet 姉妹サービス
1532件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月12日−04号 仮にこれまで同様に「反対」だけを訴えるなら、普天間の危険性が放置され、それこそ基地の固定化のリスクが高まるばかりであるとも言えると考えられます。また投票結果を受けて、普天間飛行場の危険性の除去をどのように進めるか、県議会において与党多数議員の数の力で検討が流されたと聞いております。原点が議論されず、問題点の終着点が曖昧な状況が続いているように感じられます。 もっと読む
2018-12-11 豊見城市議会 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月11日−02号 本市の取り組みとしましては、子育て・働き盛り世代向けの生活習慣病予防教室や妊産婦及び配偶者向け栄養バランスの講座のほかに、特定健診結果から生活習慣病のリスクに応じて階層化し、保健指導、栄養指導、運動等を実施しております。 もっと読む
2018-10-19 八重瀬町議会 平成30年  9月 定例会(第8回)-10月19日−06号 したがいまして、町としましては、今後、同様な被害のリスクを抑える為に農業共済への加入の促進を図っていきたいと考えております。  2番目の交通体系の構築についてのご質問ですが、隣接する自治体のデマンド交通の状況と本町の状況について答弁を申し上げます。   もっと読む
2018-10-17 八重瀬町議会 平成30年  9月 定例会(第8回)-10月17日−04号 一番大事なのは、ポピユレーションアプローチ、予防というところで、どんどん自助努力というか、意識を変えていかないといけないですので、ハイリスクアプローチだけではなくて、そういうところを生み出していかないと、多様型の手当では間に合わないだろうということで考えております。以上でございます。 ○議長(金城秀雄)   玉城義彦議員。 ◆2番(玉城義彦議員)   今後もそういう検討をよろしくお願いします。 もっと読む
2018-10-15 西原町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-10月15日−05号 もう一点、先ほど認知症の方の行方不明になった件がありましたが、昨年度から認知症のSOSネットワーク事業のほうを展開しておりますので、もし御家族の中で支援をしている方で、認知症で徘回で行方不明になるリスクが高いという方については、町のほうに登録を事前にしていただいて、またその情報をもし行方不明になったときには警察であるとか、関係者へ早目に流して捜索のほうにつなげていくという事業も展開しておりますので、 もっと読む
2018-09-21 豊見城市議会 平成30年第3回豊見城市議会定例会会議録-09月21日−04号 こんなに外部から評価が高い豊見城の発展を支えている、街のために、市民のために頑張っている職員ですから、その職員に対して、財政が厳しくなるからと期末手当を減らすのはリスクが高いということで、私たち議員もその期末手当カットをとめた経緯がございます。だからこそ聞きたいのですが、今回のチラシに書いてある「退職金ゼロ」、選挙のため、集票のための4年後の退職金ゼロという政策なのか。 もっと読む
2018-09-19 豊見城市議会 平成30年第3回豊見城市議会定例会会議録-09月19日−02号 下水道分野につきましては、沖縄地域の防災・暮らしの安心に資する下水道整備事業として、都市の浸水被害などの増大に対し、雨水管の整備をすることで浸水対策を推進し、災害リスクを低減化する安全・安心な暮らしを支援する目的の交付金となっております。この交付金を活用して、これまで根差部雨水幹線や平良雨水幹線などを整備しております。 もっと読む
2018-09-13 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月13日−06号 教室では加齢に伴う口腔機能低下による誤嚥性肺炎のリスクや、その他の生活機能への影響を初め、その予防方法などの健康講話と口腔体操や口腔ケアなど、実践指導も実施しております。今後もより若い年齢層から早期に歯周疾患健診を初め、介護予防歯科教室を継続実施していくことにより、後期高齢の年齢に達する75歳以上になっても自分自身の歯でよく噛み、よく食べることで、フレイル予防ができるよう取り組んでまいります。 もっと読む
2018-09-12 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月12日−05号 特定保健指導は健診結果において糖尿病、高血圧症と診断されない軽度の異常であっても、複数あわせ持つと動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの危険が高まることから、リスクの重なりのある対象者に早期にかかわることで生活習慣病予防に努めているところでございます。 もっと読む
2018-09-11 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月11日−04号 (2)直近3カ月間における厚生労働省大臣告示、健康障害リスクを伴う月45時間を超える残業を行っている教職員の割合について。(3)4月からICカードによる労務管理が始まったが、土日祝日の出退勤についてはどのような取り扱いとなっているか。(4)本市における学校業務改善計画の策定について進捗を伺います。(5)教職員の持ち帰り業務について教育委員会は把握しているか。 もっと読む
2018-09-10 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月10日−03号 それを踏まえて、ことし2月の第41回てだこまつり実行委員会におきまして、熱中症のリスク軽減及び企画の拡充を図るということで、ことしのてだこまつりについては、10月に開催することが承認されてございます。 ○島尻忠明議長 仲里邦彦議員。 ◆仲里邦彦議員 11月に行ったころは、みんなジャンパーを着ていました。そういうことで、てだこまつりは7月のほうが私は妥当かと思います。以上で一般質問を終わります。 もっと読む
2018-09-07 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月07日−02号 それを踏まえて今年2月の第41回てだこまつり実行委員会におきまして、熱中症のリスク軽減及び企画の拡充を図るためということで、今年のてだこまつりについては10月に開催することが承認されてございます。 もっと読む
2018-09-01 浦添市議会 平成30年9月定例会 一般質問通告書-一般質問通告書 本市におけ││         │ る教職員の多忙化をなくすことについて                  ││         │ (1) 直近3カ月間における、過労死ライン月80時間を超える残業を行っている教 ││         │  職員の割合について                           ││         │ (2) 直近3カ月間における、厚生労働省大臣告示、健康障害リスク もっと読む
2018-06-25 うるま市議会 平成30年6月第124回定例会-06月25日−07号 生活困窮者支援の実行力が問われているわけでございますが、昨今貧困の課題として、所得の低い世帯の乳児は発育不全のリスクが1.3倍になると北里大学が発表したとの新聞掲載を拝見しました。このようなことを鑑みてもさまざまな状況での生活困窮者への支援体制を今以上に充実・強化を図ることが子供たちが安心・安全に養育される環境を整える手助けとなると思っております。 もっと読む
2018-06-21 豊見城市議会 平成30年第2回豊見城市議会定例会会議録-06月21日−04号 選挙に勝つためのリスクを排除していかなければならなかった。その時間は2年もあるんですよ。それができず市長としての7年半、瀬長副市長が、職員が、島袋大県議が、市議団が、後援会が、誰かがあなたのことを陰で支えてきたように、今回も自分で突っ走れば後から誰かが何とかごまかしてくれると思っていたんですか。ご自身の任期について、誰が判断を下すと考えているのかお答えください。 もっと読む
2018-06-20 豊見城市議会 平成30年第2回豊見城市議会定例会会議録-06月20日−03号 また学校における突然死の多くは、クラブ活動や駅伝練習、水泳中など、運動負荷中に発生しており、運動場やプール、体育館のそばなど発生のリスクの高い場所からアクセスを考慮する必要があると書いてあります。また、このAEDの施設内での設置に当たって、考慮すべきことということで、心肺停止から5分以内に除細動が可能な配置、まず現場から片道1分以内の密度で配置ということがガイドラインには載っております。 もっと読む
2018-06-19 うるま市議会 平成30年6月第124回定例会-06月19日−03号 ◆1番(仲本辰雄議員) 最初に申し上げましたような事例等がこういう公務員の不祥事が全国で相次いでいる中で、統制環境とリスクマネジメントを目的とした内部統制制度、いわゆるガバナンスのあり方を第31次地方制度調査会において検討をされまして、平成28年3月に内閣総理大臣に答申を手交しております。 もっと読む
2018-06-18 那覇市議会 平成 30年(2018年) 6月18日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−06月18日-01号 2,000万円の補助を行ったとすると、4,000万円の事業が、これまで民間が手を出せなかった、リスクがあってなかなか手を出せなかった部分の事業が那覇市内で起こるというところであります。 もっと読む
2018-06-18 読谷村議会 平成30年第473回読谷村議会定例会会議録-06月18日−03号 交流すればするほど、そういうリスクも高まっていくのかなということでありまして、終息宣言どころか、これは今後ますます呼びかけを強めて、しばらく麻しんのことなんかみんな忘れていたわけです。ですから終わったのではなくて、今後努力をする必要がまだまだありますよという意味合いで捉えたいなと思っているわけです。その辺も含めて、ぜひ95%に達するまで呼びかけをずっと続けていってほしいなというふうに思います。   もっと読む
2018-06-15 那覇市議会 平成 30年(2018年) 6月15日総務常任委員会(総務分科会)−06月15日-01号 ア、貸切バス乗降場・待機場整備事業でございますが、当該事業は観光客の増加に伴う、中心市街地における一部の貸し切りバスによる迷惑駐車が、周辺道路の交通渋滞を招き、交通事故の発生リスクを高めていることから、のうれんプラザに隣接する県有地を無償借り上げした上で敷地を舗装し、入出庫管理が行える設備を設置することで、貸し切りバスが利用できる乗降場を整備する事業でございます。   もっと読む