42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

名護市議会 2021-12-05 12月13日-06号

市民農園についてですが、名護市の許田にございます名護市の市民農園につきましては、農業者以外の市民オクラトマトニンジンメロンといった野菜や果物の栽培を通して、自然に触れ合う場所を提供することで、農業に対する理解を深めてもらうための目的で、平成20年6月より設置をしてございます。平成20年から平成23年まで平均94%程度の利用がございました。

南城市議会 2017-09-28 09月28日-06号

耐候性野菜栽培施設整備事業について、なすび農業生産組合南城がどちらの地域にあるのか、対象は何品目かの質疑があり、担当課より、県が定めた戦力内野菜インゲンゴーヤーレタススイートコーンバレイショ、里芋、オクラカボチャトウガンスイカメロン、ニンジンピーマン島らっきょうトマト。それ以外は災害に強い栽培施設整備事業対象品目

石垣市議会 2017-09-12 09月12日-03号

この新品種、サンドルチェの特徴は糖度が19度以上とこれまでの品種の中でも各段に高く、メロンマンゴーよりも甘いということ。また、収穫期間が5月から10月までと長いということ、劣化や緑熟化病害発生が他の品種と比べ少なく、台風にも強く、葉にとげがなく、作業がしやすいということと、いいことずくめの品種となっております。 

宜野湾市議会 2016-09-21 09月21日-08号

夕張市と言えばメロンメロンの試食に行ったわけではありません。夕張市の財政破綻、そしてこの再建について訪問させていただきました。夕張市の財政状況財政破綻についてお伺いをいたしたいと思いますが、わかる範囲でお答えください。 ○議長(大城政利君) 企画部長。 ◎企画部長国吉孝博君) おはようございます。上地安之議員の御質問にお答えいたします。

与那原町議会 2015-09-30 09月30日-07号

次の質問パン派ごはん派と聞くと、7割ぐらいが「パン派」、じゃあ、けさ何を食べてきたと質問すると、「メロンパン2個」「バターロール1個」「焼きおにぎり」1個、中には「じゃがりこ」、単品の食事が多かったので、それだけ?と聞いたら「起きたばかりは食べたくないのに」とか「お母さんが起きないのに」とか、きのうは何時に寝たのという質問には「10時半」「11時過ぎ」と夜型生活だったこともわかりました。

宜野座村議会 2014-12-18 12月18日-02号

先ほどもお話ししましたけれども、伏原先生はイチゴだけではなく、メロンかとかトマトも非常に第一人者でございますので、そういうものも含めて、実際、後継者育成センターの研修生の中にはメロントマトもやりたいという方もいて、そういうものも含めて今後、伏原先生のスケジュールと合わせながら、年に一回ぐらいはお呼びして講話をしていただきたいと。現場も見ながらですけれども。

西原町議会 2013-12-11 12月11日-04号

佐賀県でちょっと印象に残りましたのは、マクワウリという野菜が、もう全く、見た目はメロンではありませんが、味も、香りも、お皿の上に乗せたマクワウリを見ていると全くメロンと一緒で、地元の方に買い物をしながらちょっと聞いてみると、自分は小さいときはこれがメロンだと思っていたと言っておりました。

名護市議会 2012-12-06 12月12日-04号

以前はキュウリ、メロンなどをつくっていたが、15年ほど前からは市場性が高く、味へのこだわりが求められるトマトを専門的に栽培するようになったと。長年にわたってEMを使い続けてきたことで、ハウスには隅々までEMパワーが行き渡っていて、そんな栄養満点の土から生まれるトマト糖度栄養価も抜群で、トマト嫌いトマト好きにさせると大評判。

宮古島市議会 2012-10-03 10月03日-06号

そのほかにインゲンピーマンオクラメロン、マンゴー、パパイヤ等々含めると相当な金額が予想されます。  そこでお伺いしたいんですけども、県の説明資料によりますと事業実施期間平成24年8月1日から平成25年3月31日までとなっております。ご承知のとおり、ゴーヤトウガンピーマン等出荷最盛期は4月から6月がピークとなります。

名護市議会 2011-09-08 09月15日-05号

産業部長玉城政光君) 我が名護市には北部農林高校という学校がありまして、その北部農林高校においては、チャーグーの開発であるとか、それから道の駅でシークヮーサー入りメロンパン開発販売とか、いろんな試みをやっておりますので、学校の生徒の皆さんとも商品の開発についていろいろ連携をしながら、これから取り組んでいきたいということで、今、北部農林高校にもお話を持ちかけているところであります。

石垣市議会 2010-04-20 04月20日-07号

このメロンがこれだけつくられた、あっちの地区はもっといいメロンをつくるんです。これをもっと買っていただける。もっとこちらも努力せんといかんのです。流通の3原則というのはトップセールスじゃないんです。 流通の3原則、おわかりですか。定期・定量・定質なんです。毎月、1月幾ら、2月幾ら、3月幾ら、12カ月あけて定期に納めてもらわないと、向こうも商売ですから買ってくれない。

宮古島市議会 2009-09-24 09月24日-03号

次に、園芸作物の振興について、平成20年度の野菜及び果樹の実績は幾らか、出荷量及び販売額についてということでありますが、まず野菜品目で申し上げますと、カボチャ出荷量が239.7トン、出荷額が9,078万3,000円、ニガウリが485.8トンで1億9,747万3,000円、とうがんが1,014.3トンで1億8,793万7,000円、インゲンが19.5トンで2,274万2,000円、メロンが68.2