245件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-03-15 平成 31年(2019年) 2月定例会-03月15日-付録

│ │ │       │ いて    │「○ 救急患者、入院患者合併症に対応できるレ│ │ │       │       │  ベルの機能整備を図る。」         │ │ │       │       │としている                 │ │ │       │       │ 現状と課題を問う。

石垣市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月20日−05号

ピースベルの取り組み、本当にお疲れさまでありました。いろんな花が色とりどりに飾られて非常に気持ちのいい空間をつくっていました。また、観光推進課のほうですか、来年度以降は、アイランドサミット、このようなことも予定をされているようであります。  こういう取り組みのときに、民間のこのような花を愛する皆さんのネットワークをしっかりとつくっておけばすぐ対応できるんじゃないかと、このように思われます。

那覇市議会 2018-12-17 平成 30年(2018年)12月17日総務常任委員会(総務分科会)−12月17日-01号

◆委員(大浜安史)  通常、誘導灯とか、そういったものは停電しても内蔵のバッテリーがあるから点灯しますけれども、LEDもできてかなりよくなっていると思うんですが、こういった感知器関係は火災時の警報ベルでありますんで、主電源がトップダウンしても大丈夫ということで理解していいのかな。どうなんだろう。 ○委員長(我如古一郎)  山城達予防課長

糸満市議会 2018-12-13 平成30年第7回糸満市議会定例会会議録-12月13日−04号

道路への倒木、トタン、看板等の散乱が16件、シャッターの損壊、ガラスが割れた、看板が飛びそうなど、家屋関係が49件、電線から火花が出ているが7件、非常ベルが鳴っているなどのその他が27件です。 ◆10番(金城一文君) ありがとうございます。では、ちょっと話が変わりますが、消防団員を含めた台風接近時の体制についてお聞かせください。 ◎消防長(賀数淳君) 再質問にお答えします。  

宜野座村議会 2018-12-13 平成30年第9回定例会-12月13日−02号

そして非常ベルが鳴るのかと思ったら、これも鳴らない。そして点滅するものがこれも割られて、ないという格好でありますので、早急に修理をして改善していただきたいと思います。その辺はどこが管理ですか。 ○議長石川幹也) 北城教育課長。 ◎教育課長(北城暁) では7番平田議員にお答えいたします。  

糸満市議会 2018-09-19 平成30年第5回糸満市議会定例会会議録-09月19日−06号

もし火災が起きたとしてもその部屋、その部分だけで、スプリンクラー等でその部分だけで消火するというような、拡大させない、そして火災が起きたときに、ホテル等で夜間であっても誘導灯とか、非常ベルとかという形で安全に確実に避難させる。そういう業務が予防の業務となっております。 ◆17番(金城敦君) わかりました。

宜野湾市議会 2018-03-23 平成30年  3月 定例会(第412回)-03月23日−13号

◆26番(知念吉男議員) 5年以内の運用停止まであと332日、この間に宜野湾市民が必ずとめるのだという意思市民大会などで訴えていくようにお願いしたいと思いますが……(終了のベルが鳴る) ○大城政利議長 以上で26番 知念吉男議員質問を終わります。  進めてまいります。      (知念吉男議員「答弁あるよ」と呼ぶ) ○大城政利議長 休憩いたします。

名護市議会 2018-03-14 平成30年第190回名護市定例会-03月14日−06号

◆長山隆議員 こういう事例もあるわけですから、調査して早いうちにやっていただきたいと思いますが、あと、この火災警報器は台所に付けて、そしてこの台所に付けた住宅と、それから協力者のところと両方で作動してベルが鳴るのかどうか、これだけ最後にお聞きしたいと思います。 ○宮城弘子議長 照屋秀裕消防長。 ◎照屋秀裕消防長 先ほども申し上げております。

宜野湾市議会 2018-03-13 平成30年  3月 定例会(第412回)-03月13日−06号

そういう意味からして、この7億1,000万円余りの財政効果というのは、福寿園や保育所財産の売り払い金として、ここに入ってくるというようなことはわかりますけれども、人件費において……(終了のベルが鳴る) ○大城政利議長 知念議員、お時間を超過しています。 ◆26番(知念吉男議員) 増になっているのはないと思います。次にまた続きます。 ○大城政利議長 桃原功議員

北谷町議会 2017-09-28 平成29年  9月 定例会(第466回)-09月28日−07号

美浜貸付地のベルシステム貸付機関こついての質疑に、平成25年8月から平成30年7月までとの答弁。特定駐留軍用地内土地取得事業基金繰入金6億3千826万4千425円の土地購入内訳についての質疑に、土地購入費として基金を取り崩した金額は、6億2千758万6千213円で購入実績としては、20筆、約13,350平方メートルの購入となっている。

うるま市議会 2017-09-27 平成29年9月第117回定例会-09月27日−10号

例えば、県内の自治体で名を挙げれば名護市を中心とした国内大手のアウトドスポーツ用品販売のモンベルとの連携や、宮古島での宮古島市スポーツコンベンション推進協議会の設立、また読谷村では、村長を代表にした読谷村スポーツコンベンションの受入れ協力会の結成、また沖縄市におきましては、モータースポーツ関係団体連絡会議の発足など、沖縄県の各自治体では、胎動しつつあるスポーツ関連ビジネスを経済効果等の一手として、

読谷村議会 2017-09-27 平成29年第465回読谷村議会定例会会議録-09月27日−05号

それで米軍からのこの回答書も手に入っていますが、これに対して、そのベルが、スピーカーが2カ所あるけれど1カ所が壊れて鳴っていたんだと。このスピーカーが何のためかと、緊急避難体制をとるためのものだということですよね。緊急避難のためにこのサイレンが鳴るというわけだよ。そうすると、これ緊急避難態勢を取られたのか米軍は。

北谷町議会 2017-09-13 平成29年  9月 定例会(第466回)-09月13日−02号

その基金は、美浜の事業者からいただく分担金、そしてベルシステムにおかしている賃料、地料をもって今、基金収入。そして支出のほうは美浜公共駐車場の管理ということで支出を行っております。その差し引きで毎年こちらの項目に積立というような形で決算に上がっているというものです。以上です。 ○田場健儀議長   与儀司子ども家庭課長

嘉手納町議会 2017-09-07 平成29年  9月 定例会(第10回)-09月07日−01号

少人数学級編成による取り組みの成果として、小学校では挨拶や場に応じた丁寧な言葉遣いができるようになったとか、学習時間、遊び時間の区別がつきベル始業、立腰が定着してきたなど基本的な生活習慣の定着が図られるようになりました。また教室のスペースにゆとりがあり、机間指導がスムーズで個々のつまづきが発見できる。

宜野湾市議会 2016-09-20 平成28年  9月 定例会(第399回)-09月20日−07号

その機械警備システムが作動中に、窓や出入り口から不審者等が侵入した場合、赤外線センサーがそれを感知し、防犯ベルが鳴るとともにフラッシュライトが点灯します。瞬時に警備会社にも自動通報され、警備員が現場へ急行するというものです。機械警備システムは、人の目では行き届かない複数のスペースを同時に監視できるという利点がございます。以上です。 ○議長(大城政利君) 米須清正議員

宜野湾市議会 2016-03-14 平成28年  3月 定例会(第396回)-03月14日−07号

次……(終了のベルが鳴る) ○議長(大城政利君) 次の質疑者は。岸本一徳議員。 ◆24番(岸本一徳君) 予算書の138ページ、3款2項1目、説明欄の14、ひとり親家庭認可外保育施設利用料補助事業、これは平成28年度からスタートする初めての事業なのでしょうか。それから、目的効果、どのようにお考えなのかお伺いします。 ○議長(大城政利君) 福祉推進部長

宜野湾市議会 2016-03-10 平成28年  3月 定例会(第396回)-03月10日−05号

2点目は、機械化によるリスクの回避、要は、これまで人がやっていたことを機械化することによって、万が一のときに本当に対応できるのかという想定の……(終了のベルが鳴る) ○議長(大城政利君) 次の質疑を許します。我如古盛英議員。 ◆25番(我如古盛英君) はい。もう一つ説明をいただきたいものがありますので、よろしくお願いします。ページが48ページです。