4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

那覇市議会 2009-12-08 平成 21年(2009年)12月定例会-12月08日-03号

収穫物につきましては、カレーイス、肉じゃが、じゃがバターなど、調理体験やJA販売部と協力して、農産物の販売体験を予定しております。  次に、期待される効果については、次の3点が考えられます。まず1つには、児童生徒の居場所づくり、2つ目には、人と人との関わりによるコミュニケーション能力育成、さらに様々な体験活動による社会的適応力育成が考えられます。 ○金城徹 議長   宮國恵徳議員

那覇市議会 2007-12-12 平成 19年(2007年)12月定例会−12月12日-04号

本日個人質問の初日の、午後のトップバターでございます。そして、自民・無所属連合の個人質問のトップバッターでもございます。高良正幸です。よろしくお願いします。  はじめに、所感を述べさせていただきます。私の86歳の親父が、最近介護保険加入いたしまして、老人医療に強い関心を持っているところでございます。  

那覇市議会 2000-09-14 平成 12年(2000年) 9月定例会-09月14日-04号

嘉数議員ご承知のとおり、学校給食や牛乳については、県産生乳の供給が不足していることから、県産生乳と脱脂粉乳とバターオイルを混合した、混合乳を提供してきたところでございます。  しかし、成長期にある児童生徒には新鮮な県産生乳が望ましいことから、沖縄県学校給食用牛乳供給計画検討委員会において検討を行ってきた結果、段階的に混合率を高めることが望ましいと決定され、実施されてきました。  

那覇市議会 2000-03-07 平成 12年(2000年) 2月定例会−03月07日-06号

学校給食用牛乳については、県産生乳の供給が需要量に不足していることから、県産生乳と脱脂粉乳とバターオイルを混合した混合乳を提供してきたところです。しかし、成長期にある児童生徒には新鮮な県産生乳が望ましいことから、県産生乳100%の供給体制にするよう、沖縄県酪農組合及び沖縄県学校給食会等の関係機関で協議してきたところです。

  • 1