719件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石垣市議会 2018-12-25 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月25日−07号

ただ、この間、このゴルフ場に当たっては、調べていくと都市計画法であったり、石垣自然環境保全条例であったり、その他の関係法令にもやはりゴルフ場と定義されるまでには必要なハードルといいますか、経過が必要であるということはわかりました。そのうち本市の自然環境保全条例に基づくこの開発行為の届け出等が出ているかどうかということをまず石垣市に伺いました。

石垣市議会 2018-12-19 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月19日−04号

それで、これは決して当局を責めるというよりも、そもそもこの国民保護計画、国が「やるように」と言っている、この計画自体が、大変ハードルが高いものであるということはまず指摘したいと考えます。  続いてなんですけれども、第4章第2項目の第2項には、「避難実施要領の策定」というものがあります。引用します。

石垣市議会 2018-12-18 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月18日−03号

その際にも、いろいろなご意見がございまして、その中には、やはり国内法に基づく商店街の皆様方の営業の内容等につきましても、国内法法令に基づく運営しかできないという状況でございますので、長山議員のほうの海外等の情勢を踏まえた法令、あるいは美崎町の自治の皆様のコンセンサスが得られるのかどうか、いろんなハードルがあるかと思っておりますけれども、ナイトウオークラリーだとか、いろんな夜の行事につきましては、目的

うるま市議会 2018-12-18 平成30年12月第129回定例会-12月18日−09号

ポルトガルガキは小ぶりで味が濃厚な特徴があること、養殖場の環境悪化などで世界的に生産が途絶えていること、商業的に希少価値の高いカキであること、沖縄県に自生するカキであり、そしてうるま市で自生するカキであり養殖のハードルは下がること等養殖の条件がそろっており、本市の養殖漁業の品目として申し分ないと思います。当局のお考えをお聞かせください。 ○議長(幸地政和) 経済部長

西原町議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月14日−05号

ほかの補助メニューについても、いろいろ総務課にお願いをして、別に補助メニューがないかということで調査を行いましたが、なかなか西原町における、当然財政負担ということもありまして、財政面の部分、そして基準ハードルが高いという部分もありまして、これはなかなか、当面すぐ結果を出せるようなものではないということで、その観点から、当委員会はこの1については不採択という形をとらせていただいています。

名護市議会 2018-12-14 平成30年第193回名護市定例会-12月14日−06号

その際、ハードルであった地権者の同意について、今回区長さんを通じて、再度調整させていただいて、改めて源河区から要請をいただいた上で、北部土木事務所に提出して要請していきたいと考えております。 ○大城秀樹議長 小濱守男議員。 ◆小濱守男議員 よろしくご指導をお願いいたします。議長、事項の3をお願いします。 ○大城秀樹議長 中本正泰教育次長

名護市議会 2018-12-13 平成30年第193回名護市定例会-12月13日−05号

しかしながら、去る11月22日の北部国道事務所との調整において、案内標識の設置基準である年間入場者50万人以上という高いハードルに対して、イベント時の入り込み客数などの推計値の積み上げでは説得材料に乏しく、適正化委員会に諮ったとしても、今回の採択は難しいだろうとの厳しいご意見をいただきました。

豊見城市議会 2018-12-12 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月12日−03号

質問はこれで最後にしたいのですが、その内部に上げるためのハードルとなっているものがあるのですか。あるなら言ってほしいし、ないならスピードを上げていただきたいと思うのですが、課長いかがですか。 ◎公園緑地課長(金城司)  お答えいたします。  防犯カメラの設置については、自動販売機の収益を活用してという形になりますので、当然、市に入ってくる収入の一部をその業者にお支払いするという形になります。

西原町議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月10日−02号

もともと崎原地区は農振地域ということでありまして、これを今後、開発をする上で、土地利用計画の見直しと、非常にハードルが高い、手続がありまして、それを一つ一つクリアして、着実に企業の移転ができるように、担当部署を中心にして、また当企業と連携をしながら進めていきたい。このように考えております。 ○議長(大城好弘)   7番屋比久 満議員。 ◆7番(屋比久満議員)   ありがとうございます。  

八重瀬町議会 2018-10-19 平成30年  9月 定例会(第8回)-10月19日−06号

過去の一般質問でも数回取り上げられておりますデマンドバス等の導入について、先行して実施している近隣の南城市、糸満市から資料や情報収集を行ったところ、最低でも年間3,000万円前後の赤字が生じていると近隣市の担当者より伺っており、本町財政面からみると実施については、かなり高いハードルがあるという現状となっております。  

石垣市議会 2018-10-17 平成30年  9月 定例会(第5回)-10月17日−06号

必要とされる有効署名数を集めるというハードルを超えて、そこでさらに沖縄県直接請求を行っています。これは、所定の手続の一つです。ここに今、かみついているという構造がわかりません。  例えば、憲法改正を求める人たちが、そこですよね、そこですよ。              〔何事かいう者あり〕 ○議長(平良秀之君) 今、意見を述べておりますので、静粛にお願いします。続けてください。

名護市議会 2018-10-16 平成30年第192回名護市定例会-10月16日−09号

どうして進まないのかというところも、皆さんは洗い出してきて、どうすればそのハードルが乗り越えられるのかということで、真剣に取り組んでいかないと、いつまでもそういうやりとりだけで終わってしまう。これ以上は待てないのではないですか。あらゆる面から、名護市全ての部課を挙げて、これを関係機関で手分けしてやっていくという時期は越えているかもわかりません。

西原町議会 2018-10-15 平成30年  9月 定例会(第5回)-10月15日−05号

これまで知恵を出しながら取り組みをさせていただきましたが、一括交付金等を含めて、なかなかハードルが高いという状況であります。そういうこともありまして、依然としてこの火葬場の問題、4市町村にとっては引き続きの課題として、今後取り組みをしていかなくてはならないと思っています。問題はこの制度資金がどういうものがあって、そしてまた火葬場建設場所をどうするのか。

西原町議会 2018-10-11 平成30年  9月 定例会(第5回)-10月11日−04号

現在の法規制によると、土地区画整理事業などの面整備を行わなければ市街化編入は難しいという都市計画上のハードルがございます。本町としましても御承知のように、昨年6月以降、一括交付金による面整備事業導入に向けた可能性調査業務の実施を検討しておりますが、いまだ交付決定のめどが見通せない状況が続いており、具体的な解決策が見出せずに、対応に苦慮しているところであります。

与那原町議会 2018-09-27 平成30年9月第3回定例会-09月27日−04号

また事業採択要件もハードルがかなり高いなどから墓地公園での整備については現実的ではないと考えております。しかしながら、この区画整理事業を近隣に約7,400平方メートルの町有地があることから、区画整理事業と一体となった取り組みが必要であると考えておりますので、墓地の担当課を含め、連携を図りながら取り組んでいきたいと考えております。以上でございます。

豊見城市議会 2018-09-21 平成30年第3回豊見城市議会定例会会議録-09月21日−04号

今回提出の新たに生じた土地のE2区域を含め、家屋建築ができる整備をして、収用されてこの地域に残りたいという方の代替地として、大変ハードルの高い整備事業になると思いますが、県に働きかけて市民の要望をかなえていこうという考えがないか伺います。 ◎都市計画部長(赤嶺隆志)  お答えいたします。  

沖縄市議会 2018-07-05 第396回 沖縄市議会定例会-07月05日−07号

導入に向けては、越えなければならないハードルが多く、苦労もなさると思いますが、ぜひバス事業者や国、関係者などと協力して、持続可能な公共交通を模索し、導入へ向けて取り組んでいただきたいと思います。ぜひ頑張ってください。次に行きます。  質問事項2.教育行政について。質問の要旨(1)越来小学校校舎改築事業についてであります。