72件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-12-06 令和 01年(2019年)11月定例会−12月06日-04号

ここに那覇市観光資源データベースということで、市のホームページで今おっしゃったものが幾つか既に上がっております。この中で、古いものについては、1445年から1600年ぐらい、非常に古いものがあると書かれておりますが、これは間違いないでしょうか。 ○桑江豊 副議長   比嘉世顕市民文化部長。 ◎比嘉世顕 市民文化部長   その資料によりますと、間違いないものだというふうに認識しております。

那覇市議会 2019-06-18 令和 01年(2019年) 6月定例会-06月18日-05号

そして経済観光部長観光資源としての魅力というものについて、前回の12月の定例会でもお話をしましたけど、那覇市観光資源データベース博物館、資料館のカテゴリーには入っていないんですね。これは答えられないので、ぜひ取り組んでいただきたい。これもとにかく全面に出して、本市の魅力だし、野球資料館はほかにないわけなんですね。

那覇市議会 2019-03-13 平成 31年(2019年) 3月13日予算決算常任委員会-03月13日-01号

委員から、小学校校務支援システム推進事業に関連し、既に同システムを実施している中学校についてどのような効果があらわれているのか質疑があり、当局から、高校に提出する入試用の調査書が電子化されることや、通知表データ等が実際にデータベース化されることにより、成績資料等で使用でき、指導のときの資料として作成されるなど、教員の負担軽減が図られているとの説明がありました。  

那覇市議会 2019-02-28 平成 31年(2019年) 2月28日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−02月28日-01号

次に、事業番号17、観光資源データベース登録事業、こちらは229万6,000円の減額となっております。今年度、観光資源データベースを新たなサーバーへ移設を行い、その委託料が計上されておりましたが、次年度は、その保守管理料のみとなるため、その部分について減額となったものでございます。  続きまして、説明資料の3ページになります。  新規事業であります。  

那覇市議会 2018-09-25 平成 30年(2018年) 9月25日建設常任委員会(建設分科会)−09月25日-01号

当初6,375万2,000円ございましたが、主に那覇市データベース所有者情報調査業務委託などの実績により、199万円の減額補正がございました。  事業につきましては7項目ありますが、主な内容としましては、狭あい道路整備事業、これは支出済額124万2,932円。そして民間建築物耐震化促進事業、これは支出済額2,300万円。

那覇市議会 2018-03-01 平成 30年(2018年) 3月 1日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-03月01日-01号

観光資源データベース登録事業は、平成24年度に観光資源データベースシステムを構築し、平成25年度から29年度まで、本データシステムへの移行を行うための増額となっております。データ保障に係る長期契約が終了することに伴いまして新たなシステムに移行を行うための増額となっております。  次に、事業21番、那覇三大祭り支援事業は400万円の減となっています。

那覇市議会 2018-02-26 平成 30年(2018年) 2月定例会−02月26日-07号

それと2点目は、例えばこれ、WAGRIというのはなかなか聞きなれない言葉かもしれませんが、これは1つの新たな取り組み、これは慶応大学研究室を中心にやっている取り組みなんですが、農業に関するデータ、例えばこういった天気にはこういった作物が合うよとか、こういった土壌とこういった肥料が合うと実はいいんだよといった、そういったデータを統括して、統合して、データベース化をして、それを例えば農家の方にも、もしくはそういう

那覇市議会 2017-09-26 平成 29年(2017年) 9月26日総務常任委員会(総務分科会)-09月26日-01号

その辺の白書は、残念ながらまだ整備はされていないんですけれども、お話あるような公共施設のさまざまの情報を一元して管理をするような仕組みといいますか、データベースをつくるために、今取り組んでいるところでございます。 ○委員長(我如古一郎)  喜舎場委員。 ◆委員(喜舎場盛三)  じゃ現在はされてないわけですね。全くね。  例えば利用状況なんかも全てそうですか。含まれてますか。  

那覇市議会 2017-09-19 平成 29年(2017年) 9月19日建設常任委員会−09月19日-01号

そういうことも含めて昭和31年から平成18年までの建築物データベースを作成するということで、住宅建築物アスベスト改修事業、国の100%補助ということで事業をスタートさせております。  これは4年の継続事業でして、平成26年、27年、28年、29年、まずアスベスト データベースの整備事業、平成26年、これは建築確認台帳、建築計画概要書の紙データをPDF化、データベース化しました。  

那覇市議会 2017-09-15 平成 29年(2017年) 9月15日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−09月15日-01号

そちらの対象となる事業者ということで、全てということでお話ししたんですが、個人情報データベースを持っている事業者ということになりますので、個人情報を持たないような相対であるとか、そういったものについては対象となり得ないというところで、ご説明のほうに一部誤りがありました。申しわけございません。 ○委員長(平良識子)  お疲れさまでした。  休憩いたします。                 

宜野湾市議会 2017-03-27 03月27日-16号

また、当該事業の年次計画につきましては、本年度政策事業実施計画に採択されまして、平成29年度は補助事業概算要望、県外への専門研修受講、平成30年度は空き家等の実態把握、所有者の特定、データベースの整理、平成31年が庁内策定委員会議会設置、パブリックコメントを実施し、空家等対策計画の策定を行う予定でございます。 ○大城政利議長 宮城司議員

那覇市議会 2016-12-22 平成 28年(2016年)12月定例会-12月22日-付録

問う│ │ │       │       │                      │ │ │       │2 子ども行政│ 子どものライフステージに応じた支援メニュー│ │ │       │ について  │周知事業として、母子保健子育て児童、ひと│ │ │       │       │り親に係る各種施策を取りまとめ、支援が一覧で│ │ │       │       │きるようなデータベース

那覇市議会 2016-12-15 平成 28年(2016年)12月15日建設常任委員会(建設分科会)−12月15日-01号

外部委員の候補者選定については、那覇市在住のいろいろな専門分野の方、あとは審議会等の委員を経験された方を中心に、あとは県のホームページの中から人材データベースというのがございまして、そちらのほうから何名か候補を選んで、その中から選定しております。 ○委員長(喜舎場盛三)  久高委員。 ◆委員(久高友弘)  あんたちの勝手か、選ぶのは。私はそんなことを聞いているんじゃないよ。  

那覇市議会 2016-12-12 平成 28年(2016年)12月定例会-12月12日-05号

議員質問の佐藤惣之助の詩歌碑につきましては、本市ホームページの観光情報データベース那覇市観光情報」における虎瀬公園についての説明の中で触れてはおりますが、それ以上の観光資源としての活用は特になされていないのが現状でございます。 ○翁長俊英 議長   久高友弘議員。 ◆久高友弘 議員   なぜ虎瀬公園に設置しなければならなかったのか、理由を伺います。

那覇市議会 2016-02-18 平成 28年(2016年) 2月定例会-02月18日-02号

それから政策説明資料によると、平成28年度当初予算、空き家調査業務として800万円余りの予算が計上され、空き家調査結果はデータベース化し、変化があれば適宜修正を行い、今後の空き家対策へ活用していくとありました。  さらに、次年度は新たな部署で法に規定する計画策定に向けて準備を進めていくとありました。