7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

那覇市議会 2018-12-26 平成 30年(2018年)12月定例会−12月26日-付録

(1) ソーシャルインパクトボンド事業について(神戸市尼崎市)         (2) 可児市文化創造センターについて(可児市)         (3) 子育て健康プラザについて(可児市)         (4) 神戸市地域コミュニティ施策について(神戸市) 2 派遣場所   兵庫県神戸市兵庫県尼崎市(予定)、岐阜県可児市 3 派遣期間   平成31年1月30日(水) 〜 2月1日(金)

那覇市議会 2017-10-04 平成 29年(2017年) 9月定例会-10月04日-付録

│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │7│中 村 圭 介  │1 財政行政に│ SIB(ソーシャルインパクトボンド

那覇市議会 2017-09-26 平成 29年(2017年) 9月26日総務常任委員会(総務分科会)-09月26日-01号

○副委員長(中村圭介)  そこから一歩踏み込んで、このソーシャルインパクトボンドみたいな、どこから資金調達をしてくるのかというのも含めた協働というのも出てきていますので、10年という計画の中で、書き込むか、書き込まないかで行政の方針が大きく変わってくるかと思いますので、ぜひ前向きな検討をお願いしたいと思います。以上です。 ○委員長(我如古一郎)  大浜委員。

那覇市議会 2017-09-12 平成 29年(2017年) 9月定例会−09月12日-05号

本日は、まず、平成27年12月定例会で取り上げました1.財政行政について、SIB(ソーシャルインパクトボンド)について、あれから2年近く経過いたしましたので、進捗の共有も含めて、改めて質問してまいります。  まずは、その前にSIBの概要について改めて確認いたします。  ソーシャルインパクトボンドとは、社会的投資(ソーシャルインベストメント)の仕組みの1つであります。  

那覇市議会 2015-12-14 平成 27年(2015年)12月定例会-12月14日-07号

その解決に向けた手法として注目を集めるソーシャルインパクトボンドについて、第一歩を踏み出したく取り上げることにいたしました。  新しい仕組みではありますが、国内でも既にパイロット事業が横須賀市などで始まっております。経済産業省平成27年度健康寿命延伸産業創出推進事業の中で、成果報酬型ソーシャルインパクトボンド構築推進事業が採択されるなど、国もその動向に注目しております。  

  • 1