64件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

沖縄市議会 2020-09-27 09月27日-05号

スポーツ推進委員はスポーツ基本に基づき、沖縄教育委員会が委嘱する非常勤職員で、本市スポーツを推進する重要な役割を担っております。スポーツ推進委員の職務は、スポーツに関する調査研究、住民のスポーツ推進のため、スポーツ実技指導、その他スポーツに関する指導助言スポーツの推進のための事業の実施に係る連絡調整となっております。

うるま市議会 2020-09-25 09月25日-04号

これはスポーツ基本に改正に基づいた、これまでのスポーツ振興策に加え、スポーツを通じた経済活性化の仕組みを担うことを目的としております。それにつきましては、従来どおり10款教育費の6項2目体育施設費となっており、学校体育施設開放事業費を除いた、具志川総合体育館建替整備事業費及び体育施設維持管理費について、経済部が補助執行を行うということになっております。

沖縄市議会 2020-07-03 07月03日-05号

同計画では、国が制定したスポーツ基本及びスポーツ基本計画をもとに、行政のみならず市民スポーツ団体、関係企業等も参画し、各種事業を推進しております。また、国はスポーツによる地域経済の活性化を掲げ、スポーツツーリズムやイベント、スポーツ合宿の誘致やスポーツ施設の収益性の向上などを成長産業として位置づけております。

豊見城市議会 2020-03-25 03月25日-04号

豊見城市体育協会は、平成22年2月1日に特定非営利活動法人、NPO法人として設立され、これまでスポーツ基本で定める行政の役割を補完する団体として、スポーツ少年団を含む市内スポーツ大会の開催、沖縄県体育大会への豊見城市を代表する選手団を派遣するなどの各事業を実施するとともに、瀬長島野球場などの施設を指定管理し、豊見城市のスポーツの推進に寄与してまいりました。

那覇市議会 2019-09-18 令和 01年(2019年) 9月18日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)−09月18日-01号

その後の指針となります新たな計画が必要でありまして、国のほうでもこの間、スポーツ振興法にかわりまして、新たにスポーツ基本が制定され、これに基づくスポーツ基本計画もスタートしていることから、平成29年度中に新たな計画の策定を予定しておりましたが、平成29年3月に国の第2期スポーツ基本計画が策定され、これを受けて沖縄県スポーツ推進計画も見直される見込みであること。

うるま市議会 2019-03-13 03月13日-10号

今回のこの基本構想の策定を4つに絞ったという理由でございますけれども、スポーツ基本スポーツ施設に関する国及び沖縄県、うるま市の各種計画を整理した上、市民施設利用者のニーズ調査、民間事業者の意向調査を実施し、現状の利用状況を踏まえて、施設の整備ポイントを整理し、私経済部長、関係部署の課長級で構成する幹事会を内部で設定しております。 

那覇市議会 2018-09-19 平成 30年(2018年) 9月19日教育福祉常任委員会−09月19日-01号

これはスポーツ基本那覇市スポーツ審議会条例に基づき設置されております教育委員会附属機関で、現在7名の委員で構成されておりまして、那覇市スポーツの推進に関する重要事項について調査、審議することになっております。例年、年3回の審議会開催を予算化しております。  

沖縄市議会 2018-06-27 06月27日-04号

ちょっと変わりますけれども、教育委員会に確認しますが、スポーツ基本に基づく沖縄スポーツ推進計画がございますけれども、コザ運動公園の整備充実の取り組みが位置づけられていますが、多目的アリーナ整備の記述は、本員が見た範囲では見当たりません。沖縄市のスポーツ推進計画には多目的アリーナはどういう位置づけになっているのかお伺いいたします。

那覇市議会 2017-12-11 平成 29年(2017年)12月定例会−12月11日-04号

スポーツ基本が2011年に制定されてから6年目を迎えています。同法は、基本理念に「スポーツを通じて幸福で豊かな生活を営むことは、全ての人々の権利であり」と掲げました。スポーツ権利として保障されるには、人々が日常の生活の中で気軽にスポーツのできる条件が整備されなければなりません。  

南城市議会 2017-12-07 12月07日-03号

併せてですね、6年前にスポーツ基本が制定されております。スポーツはこれを通じて幸福で豊かな生活を営むことが人々の権利であるということをうたい、国及び公共施設スポーツ施設の整備を講じるよう努めなければならないとうたっております。これと併せて、やっぱり本市においての健康づくり、しっかりやっていくということがあります。 これについてはいろんな政策等があります。一定の予算も必要だと思います。

北谷町議会 2017-09-12 09月12日-01号

スポーツ推進計画でございますけれども、このスポーツ推進計画は、スポーツ基本第10条に国のスポーツ基本計画を参酌して、その地方の通常に即した計画を定めるよう努めるものとするというふうにございます。その中で、地域の実情という部分で今回この委託料はコンサルタントにお願いして町民へのアンケートと分析、データー等の整理から印刷・製本まで含めてあるんですけれども、そういった経費を計上しております。

糸満市議会 2017-06-20 06月20日-05号

スポーツ基本は、スポーツを通じて幸福で豊かな生活を営むことは、全ての人々の権利であると理念に掲げています。スポーツ権利として保障されるには、地方自治体スポーツ推進計画を策定し、住民のスポーツをする権利の実現に計画的に取り組むことにあります。そこで伺います。小項目1、2011年に制定されたスポーツ基本の理念に沿って糸満市におけるスポーツ推進計画はありますか。 

西原町議会 2017-06-14 06月14日-04号

ア.スポーツ基本及びスポーツ基本計画に基づき、その計画をどのように反映させいくのか町長の方針を伺います。イ.環境整備として、将来的な体育協会の公益財団法人化や町民体育館など、スポーツ施設の老朽化の進んだ施設の整備などが考えられますが、どのように考えているのかを伺います。一般質問席で答弁を受けまして、再質問に入りたいと思います。よろしくお願いします。 ○議長新川喜男)  町長。

那覇市議会 2017-03-17 平成 29年(2017年) 2月定例会-03月17日-付録

│        │  市の伝統工芸振興への取り組みを問う    │ │ │       │        │                       │ │ │       │3 スポーツ行政│(1) 自治体には、「スポーツを通じて幸福で豊か│ │ │       │ について   │  な生活を営むことは、全ての人々の権利であ │ │ │       │        │  る」とうたったスポーツ

那覇市議会 2017-02-24 平成 29年(2017年) 2月定例会-02月24日-07号

(1)スポーツ基本は、「スポーツを通じて幸福で豊かな生活を営むことは、全ての人々の権利である」とうたっています。そして自治体には、その地域に応じたスポーツ施策の充実を求めています。  本市は、昨年の沖縄県体育大会で、男女総合・女子総合の2年連続優勝の快挙を成し遂げています。スポーツ関係者から評価の高い、担当部局の伊良皆宜俟生涯学習部長の有終の美を飾る見事な成果です。  

豊見城市議会 2016-06-15 06月15日-03号

生涯学習振興課長(赤嶺健)  計画書策定のメンバーにつきましては、スポーツ基本第31条に、「市町村地方スポーツ推進計画、その他のスポーツ推進に関する重要事項を調査審議させるため、スポーツ審議会等を置くことができる」とありますので、スポーツに関する学識経験者や関係機関職員スポーツ推進委員に任命して調査審議したいと考えております。

那覇市議会 2015-12-09 平成 27年(2015年)12月定例会-12月09日-04号

(1)スポーツに関する最高上位法であるスポーツ基本があります。その第9条の規定に基づいて、国は平成24年3月にスポーツ基本計画を策定しました。翌年、平成25年3月には、沖縄県スポーツ推進計画が策定をされております。  本市の那覇市スポーツ振興基本計画策定は進んでいるのかどうか、伺います。 ○金城徹 議長   伊良皆宜俟教育委員会生涯学習部長